KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

神戸の歴史・カミネの成り立ち

今放映されている松山ケンイチの大河ドラマ「平 清盛」の時代に、清盛が神戸に「大輪田の泊」を造成しました。
つまり、古代から神戸は有名な良港で、港の発展の歴史が神戸の発展の歴史となっていきました。


1863年。諸外国との貿易が始まったころ、
神戸港は正式に当時の幕府によって対外国の窓口として開港され、
その後日本政府により
「外国人居留地」として、現在の旧居留地地域に
諸外国の外交代表や貿易商などの外国人を
住まわせる地域として造成されました。

写真はその当時の神戸港
1868年3月の「イラストレイテッド・ロンドン・ニューズ」が
開港当日の様子を伝えました。造成中の居留地や、運上所などが見えます。

多くの外国人、英国人、アメリカ人、ドイツ人、中国人などが次々と神戸を拠点に日本との貿易を活発化させていきました。
その後、神戸は歴史の変遷の中戦争による空襲、大水害、大震災など、いくつもの災難を乗り越えながら、
諸外国と日本の文化の融合の窓口となっていきました。

写真は明治後期の、領事館や商館の旗がはためく海岸通です。

明治元年。
当時発生した「神戸事件」
三宮神社前で備前藩とフランス人水平との間に起きた紛争により、
隊の責任者であった滝善三郎が切腹することとなりました。
外国人は初めて見る日本の「ハラキリ」に驚愕したと言います。

神戸から日本全体に普及していった外国の製品、食文化、レジャー文化は
ゴルフ、ボーリング、ジャズ、洋食など数多く、
神戸は「日本の近代洋服発祥の地」でもあります。
当時、それらの珍しい西洋の文化が神戸の風土や街、気風を作り上げていきました。
ハイカラ、国際都市という言葉も神戸に対してよく使われたのもこのような理由からで、
現在神戸市は、ファッション都市宣言をしています。

開かれる六甲山
明治28年。イギリス人グルームの手によって開かれました
明治36年、日本初のゴルフ場である、
「神戸ゴルフ倶楽部」が誕生しました。

そして、明治39年 1906年。
カミネ初代:上根銀助が、神戸 元町の柴田音吉洋服店と柴崎時計店の間の路地裏で、
貴金属の細工を始めたのをスタートに、金細工のかんざし、懐中時計の鎖などの商いを始めました。


写真は銀助が店を始める前、福山で神主をしていた頃のものです。

そして、二代目 上根かおるの時代へ。日本は第二次大戦に突入。
当時は長田神社の参道筋でカミネを営んでいました。
こちらの写真は長田神社の前で撮ったものです

三代目で現会長:上根保は当時、学徒動員としてレーダー技術を持っていた事を認められ、
繰上げ卒業をし、沖縄で方向探知機の製作をし、アンテナを立てて観測をしていました。
その後、激戦の戦地で九死に一生を得た末に生還
間もなく三宮(現在のトアロード店の少し北)に小さな店を開く事となっていったのです。。


写真は現会長、三代目:上根保が第二次世界大戦で沖縄へ出征し、
復員後の家族写真

中央が。左から二人目がカミネ二代目かおる
保が着ている背広は、米軍兵士が着ていたものとの事です。


この後(約50年以上前)は親元から独立し、
三宮(現トアロード店の少し北)で時計宝石店を開業し、
やがて日本でもまだ殆んど普及していなかった高級時計、
ロレックスやオメガ、パテック フィリップなどの取扱いを始めていきました。

写真は1955年頃 現トアロード店

この当時の事を実体験を元に、現会長:保が書き下ろした「生還」(幻冬舎ルネッサンス)。
ご希望の方に差し上げます。英訳版もありますので、宜しければお申し越し下さい。

これは悲惨な戦争を二度と起こさない為、自らの実体験を後世に伝えるのが主旨で、古い日記などを完全復元し、それを糸口に書き上げられたものです。
米国や欧州の多数の図書館にも寄贈されています。 宜しければ是非、皆さんお読み下さい。

本の申込み先E-mail info@kamine.co.jp
又はF A X 078-325-5277
☆件名に“「生還」希望”とご記載下さい。
☆ご住所、ご氏名を明記下さいましたら、
1名様につきまして1冊をお送りさせて頂きます。
カミネ 4代目社長 上根 亨

サントロペ ブライトリングブティック


サントロペは、
南仏コートダジュール地方にある
人口6000人足らずの小さな港町。

1920年頃から富裕層に人気のある保養地となり、
ヨットで停泊して何日もゆったり滞在するといった、
ほのぼのとした優雅な空気の流れる所です。

南仏の恵まれた気候で明るく解放感がありながら、
どこかにゴージャスな感じのするところでした。

現地の人の話しによると、コートダジュール地方は、365日の内300日は紺碧の青空、60日が曇り、5日位が雨とか・・・
温暖な土地は、食材やワインに豊な恵みを与えます。

ブライトリングブティックはサントロペの、いわば目抜き通りの並びにあります。

古い街並みの景観をそのまま残した外観ながら、店内は最新コンセプトを導入し、Watch shopとしては最も進化したスタイルと言えます。
このコンセプトは、ニューヨークの直営ブティックに継ぐもので、
その独特のイメージをこの度オープンしたカミネ・クロノメトリー内のスピリット オブ ブライトリングでも採用させて頂きました。


ショップそのものはあまり広くはありませんが、
上品でコンパクトにまとまり、
サントロペの雰囲気にもとてもよく馴染んでいます。


ひとつひとつのショーケースで、
テーマ、カテゴリーごとに商品をグルーピングしていますので、
快適にウィンドウショッピングも出来ます。

店内に入ると、まずは目に入るのがPOPアートのリトグラフ。

空と男女をテーマに描かれる、ケビン・ケリーのもので、新鮮でチャーミング。
洗練された印象を空間に与えています。
奥にお客様が座り、座る際にはテーブルが45度片側の支点を軸に、前に動き、座ると元の位置に戻ります。
つまり、一旦座ると、テーブルを前に45度動かさないと出られません・・・
でも、とても親密感の出る接客コーナーです。

そして、ブティック
自慢の仕掛けテーブル
美人のショップマネージャーが自身たっぷりに
このテーブルの仕組み
を説明して下さいました。
テーブルを回す支点となっている円筒型の部分は、
一段一段ストックケースになっていて、
ブライトリングがびっしりと入っています。
接客はこれを活用して行われ、どんどん希望に近いものが出てきます。

新しいブライトリングのプレゼンテーションを実際にこの目でどうしても見たかったので、
バーゼルフェアでの仕事の後、鉄道でフランスを縦に縦断。

約8時間の行程はさすがに疲れましたが、サントロペの青く晴れ渡る空、そして真っ青な海、
小さいながらも宝石のように輝くブライトリングブティックを見ることが出来て大満足でした。


国内では初のニューコンセプトである、
スピリット・オブ・ブライトリング神戸
この度オープンしたカミネ・クロノメトリー内
にあります。
是非、皆様ご来店の上、このムードをご体感下さい。
カミネ・クロノメトリー店


バッバ・ワトソン、マスターズ トーナメント感動の初制覇!

リシャール・ミルを着けて活躍する世界のアスリートは
テニス界のラファエル・ナダル選手や
F1のフェリペ・マッサ選手などが有名ですが、
このバッバ・ワトソン選手も昨年発表された
リシャール・ミル“RM038”を着用しながら、
マスターズ トーナメントに見事優勝!

【勝利の女神が宿る時計、リシャール・ミル】

ウィニングパットを決める直前のバッバ・ワトソン。
レフティーの彼はピンク色のドライバーを振り回し
平均飛距離はツアープロ中、トップレベルで300ヤードを軽く超えます。
「僕はたとえ優勝を逃しても絶対に刻むことをしない」という彼のセリフは有名で
どんなに緊迫したシーンでも、全てフルショットでチャレンジ。
そんなアメリカ人らしい思い切ったゴルフが持ち味です。
そんな彼に2年前 目をつけたのがリシャール・ミル氏。
リシャール・ミルがスポンサードすると、優勝を果たすという
神話になりそうなバッバ・ワトソンの今回の優勝。
思えば全く無名のフェリペ・マッサ選手やナダル選手も同様、
リシャール・ミルを着用し優勝まで登りつめています。

【プロゴルファーの全ての人々の憧れ
 マスターズ トーナメント優勝者に贈られるグリーンジャケットを着るバッバ・ワトソン】

特殊素材で製作された時計は僅か60gの超軽量。
ムーブメントは耐衝撃性をクリアした最高品質トゥールビヨン(ルノーエパピ)を搭載。
バッバ・ワトソンのゴルフのインパクトは想像を超えるパワーですが
トーナメント中、難なく時計としての機能を果たしました。
これはテニスのナダル選手やF1のフェリペ・マッサ選手でも実証済です。
常識的にはトゥールビヨンは超精密機構ですから、衝撃にはデリケートですが
日常、タフに使用できるのがリシャール・ミルの超越的な魅力となっています。

“優勝”のシーンで、バッバ・ワトソン選手のすぐ傍で抱き合うクル―。
彼の腕にも“リシャール・ミル”が!

RM038
素材/マグネシウムWE54(ミアロックス仕上げ)
ケースサイズ/48.00×39.70×12.8㎜、
防水/50m防水
ムーブメント/手巻き
パワーリザーブ/約48時間
価格¥47355000
完売

※リシャール・ミルはカミネ 元町店にて取扱いしております。
 

4月3日クロノメトリー店グランドオープン

カミネ クロノメトリーはいよいよ4月3日のグランド
オープンとなり、その前日の4月2日は快晴の中、東京
から多数のプレス関係者をお迎えしプレオープンのレセ
プションを開催する事が出来ました。

しかしながら、設計から完成まで数ケ月間かけて
造り上げたカミネの新しいお店「クロノメトリー」の
グランドオープンの日、4月3日は本当に大変な一日と
なってしまいました。

まずは前日に「これから店の一歩が始まる、全社一丸となって新店を成功の軌道に乗せましょう。」
という社内回覧文を準備している所でした。
この度のさんプラザ店の移転による新店オープンでは、お客様、取引先様、不動産、工事関係者の方々の
お蔭様によるものなので、今後最大限の礼節を尽くし、全ての人から愛されるお店にしようと
改めて宣言したかったからです。

4月3日のグランドオープン、新しい店をスタートする初日はとても大切な一日ですが、
当然慣れないのでなかなかスムーズにいかないのも実状です。

お昼前後、初めてのお客様が時計を買って下さいました。
新しいお店で初めて商品が売れた、嬉しい瞬間でした。
そしてその後間もなくして、これ迄経験した事のないような集中豪雨により、店は床上5cm位浸水し、
電気系統があっという間にダメになり、店は真っ暗になりました。

豪雨の中、トアロード店から現場にかけつけた時、新店舗内は停電で真っ暗になり、店内の最深部まで
達した水が、池のように波打っている背筋の凍りつくような光景を私は生涯忘れられないと思います。

私はじめスタッフによる、水をかき出すなどの懸命の処置で、夜ようやく復旧はしましたが、
自慢のフローリングは水で膨張し、貼り替えをしないとだめになってしまいました。

この地域には珍しい、完全フラットなバリアフリーの床が完全に裏目に出てしまいました。

カミネの長年の歴史の中では、このような災難を過去何度も乗り越え、良い方向へと転換させてきました。
それは、その災い中でも懸命に挽回しようという、前向きな思いがあったからです。

今日も”夜 ニュースで知った”と、お客様や取引先様から多数の電話、メールが入りました。
何人ものお客様が、「最悪のスタートかも知れないが、これからはいい事ばかりになるよ、
元気を出して下さい」と言って下さいました。
それは本当に嬉しい励ましのお言葉でした。

気を取り直して再度補修工事をし、改めて光り輝く、全ての人から愛されるお店にしていきたいと思います。

4月3日とは一転して、晴れ渡る今日の青空のような思いで、皆で頑張って参りますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。                        

4月3日
カミネ
上根 亨