KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

2013年5月 BASEL WORLD REPORT ~PART4~

ブルガリ
ブルガリ・ブルガリ クロノグラフ
ケース径:41㎜ PG × ストラップ
“エル プリメロ”搭載
価格:¥2730000(税込)

ケースにゆるやかなカービングが施され、ベゼルが薄くなり視認性がUP。
シースルーバックからはエルプリメロが堪能できます。

LVMHグループ内のゼニスから供給される“エル プリメロ”は、お墨付きクロノグラフムーブメント
ブルガリには前タグ・ホイヤー社長のババン氏が就任し、発展的な今後が期待されています。

ブルガリ 
OCTO ブレスレットモデル
ケース径:41㎜ SS
価格:¥1071000(税込)


すでに店頭に入荷しています。
コマのピッチがきめ細かくなってなめらかになり、
装着感が抜群です。
ストラップモデルとの互換性もございます。
これからのシーズンには、最適な新鮮なブレスタイプです。

こちらはローラン・フェリエの最新作。

デュアルタイム RGにミッドナイトブルー文字盤とホワイトインデックスとハンド。
左の窓に24時間をディスク表示して、ホームタイムを表示します。

実にシンプルなGMT。
ローラン・フェリエ特有の格調のある雰囲気に溢れます。

バーゼルで、Made in JAPANの代表格・セイコーは、益々存在感が大きく、美しいブースを今年も堂々と出展。

今の時計界をリードする一人。
ウブロのJ・Cビバー氏と。

この数年で驚く程大きくなった、ジェイコブブランド

ブースのスケールは、ハリーウインストン級のブランドをしのぐもので圧巻です。

新しくなったバーゼル会場は、1Fのメインフロアの各ブースが大きくなった分、2Fにもメジャーブランドが上り、広大なスペースの中、のきを並べます。

カミネでは、バーゼル情報を各店にてご用意しております。
是非、お気軽にお立ち寄り下さい。


2013年5月 BASEL WORLD REPORT ~PART3~

新しくスケールアップして、場所もメインストリート沿いに移転した、ブライトリングの巨大ブース

今年も水槽が目印となっていたいつもながらの美しいブライトリングのブース前には、大勢の見物人が観賞魚を見上げます。
毎年、凝った入場パスが用意されていますが、今年は実際に使える“ルーペ(キズミ)”が入場証でした。

ベントレーGMT ミッドナイトカーボン
ケース径:49㎜
世界限定:1000本
価格:¥1313550(税込)
9月発売予定


ダイナミックなサイズの割に、手首には快適にフィットします。
オールブラック仕様に白のインデックスと針がより精悍さをプラスします。

ベントレー B05 ユニタイム
ケース:SS
価格:¥1585500(税込)

レーザーカットで世界地図をシースルーで施したダイヤルは圧巻。

今年のブライトリング ベントレーシリーズは、特に充実していて、見応えのあるものでした。

政策的な価格設定も、随分と魅力です。
続々入荷予定ですので、
カミネ・クロノメトリー店内 Spirit of BREITLING のベントレーコーナーを是非まめにチェック下さい。
カミネ・クロノメトリー店
是非、お気軽にご試着下さい。

クロノマット44 ブルーインパルス
ケース径:44㎜
日本限定:400本
価格:¥1018500(税込)
6月発売予定


話題沸騰モデル。
ベゼルの数字はラバーモールド加工。
裏ブタにF4の機体がエングレービングされています。

ガガ ミラノ
掛け時計(非売品)
ケース径:約40cm


Bis店にダイヤル違いが並んでいます。
インパクトと可愛さでは、どのブランドにも負けません。

ガガ ミラノ
テーブルクロック(非売品)

ルームインテリアとして。

ガガコーラで元気づけ

ガガ ミラノ 商談ブースにて


ガガらしい、色とりどりのNewモデルたち
ガガコレクションは見てるだけで楽しい気分になります。
ガガウォッチは表面的にはわかりませんが、
ムーブメント、外装仕上げなどが格段にグレードUPしています。


2013年5月 BASEL WORLDで熱く称賛されたパテック フィリップのニューフェイスたち ~PART2~

PART1 に続きまして、本日もパテック フィリップのニューフェイスたちをご紹介いたします。

Ref.5960P-016  年次クロノ
ケース径:40.5㎜ Pt
価格:¥8368500(税込)


プラチナにブラックダイヤルは、最上級のグランドコンプリケーションに使われる組み合わせ。
年次カレンダーの窓枠は、高級感を引き立たせデイ デイト マンス表示も黒地に白抜き文字になり、精悍さを増しています。

Ref.5170G-001  クロノグラフ
ケース径:39.4㎜  WG 手巻き
アラビア数字 アップライトインデックス
価格:¥7654500(税込)


先年発売されたYGモデルのバーインデックスから、ブレゲ数字のインデックスとなり、
文字盤外周のパルスメータが、よりクラシックな印象を高めます。

Ref.5396/1G-010  年次カレンダー
ケース径:38.5㎜  WG 自動巻
価格:¥6741000(税込)


5390の人気モデルにオーセンティックなホワイトダイヤルのブレス付モデルが追加されました。
鍛造によるエッジのきいた時計本体と見事に調和したブレスレットデザインは、
秀逸な重量バランスで心地よい装着感を生み出します。

Ref.5980/1R-001  ノーチラス クロノグラフ
ケース径:40.5㎜  RG 自動巻
価格:¥8022000(税込)


現行ノーチラスシリーズ初のフル18Kゴールドブレスレットモデルは圧巻の一言です。
文字盤のカラーとの相性も抜群で、鍛造による凝縮感のあるずっしりくる重量感は凄みのある存在感、満足感あふれる装着感を放ちます。

Ref.5980/1AR-001  ノーチラス クロノグラフ
ケース径:40.5㎜  SS×RG  自動巻
価格:¥5890500(税込)


同じく現行シリーズでは
初のSSとゴールドのコンビモデル。
鮮やかなブルーにPGのユニークなコントラストは、独特の個性を演出します。
何故かノーチラスが初めて作られた頃の懐かしい感じがします。

Ref.5205R-001  年次カレンダー
ケース径:40.0㎜ RG 自動巻
価格:¥4525500(税込)


WGのみだった5205にRGモデルが追加されました。
このモデルもパテックの素晴らしいケース製造技術が見事に活かされています。

厚みとケース径の見事なバランスのこのモデルは、逆にそったベゼルにより実際ほど大きさを感じさせません。
RGモデルはこの立体的なケース造形を更に引き立たせます。

ここまでかけ足でご紹介させて頂きましたが、
この春発表されたこれらのパテック フィリップの2013最新コレクションは、ここ数年来で最も高い称賛をうけています。(私もそう思います)
近年、目ざましくなった女性用の充実したコレクションも素晴らしいものが豊富にございました。

カミネ パテック フィリップ記事広告
6/3クロノス、6/24レオンに掲載されます

カミネ・トアロード店2F パテック フィリップ フロアでは、これらの最新情報をあらゆる角度から皆様にご案内申し上げます。
この秋口ぐらいから少しずつ入荷は始まります。
ご予約も承りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

上根 亨


2013年5月 BASEL WORLDで熱く称賛されたパテック フィリップのニューフェイスたち ~PART1~

2013年 4月25日~5月2日
スイス第3の都市・バーゼルで開催された、「BASEL WORLD」は、会場をリニューアルし、
例年をはるかに上回るスケールで開催されました。

会期中は、過去最大の入場者数、122000人を記録し、全世界をマーケットとするスイス時計産業の好調ぶりに、改めて目を見張りました。

入場ゲストを厳選するジュネーブSIHHと違い、
バーゼルには多種多様な人達がおしよせ、人種のるつぼ状態。
会場内は、情熱と夢に満ちて、エネルギッシュな空気が漂います。

大きく変化したのは、メイン会場に入ってすぐ、
エントランスから見渡せるLVMHグループの主要4大ブランド、ブルガリ、ウブロ、タグホイヤー、ゼニスの、巨大ブースの出現。

それぞれのブランドは、どこも好調。
これ迄の場所から一等場所へ移転して、その威容を誇っていました。
それ以外にも、主要出展ブランドはどこも新しくスケールアップして、
堂々たるブースが会場内にずらりと並びます。

2Fから見た、パテック フィリップのブース。

来年、175周年を迎えるパテック社は、それに合わせてブースの大リニューアルを計画中。
全体が新しくなっても、パテック フィリップのブースだけは、特別な輝きを放ちます。


Ref 5200G-001
ゴンドーロ 8day’s
ケース径:46.9×32.4㎜ WG 手巻き
価格:¥5218500(税込)

10day’sトゥールビヨンをオマージュした
手巻きムーブメント。
ロングパワーリザーブを維持しながら、トルクを一定に保ち(振り角がおちない)、
その上、8日間に渡ってデイ・デイトを瞬時に切り替えていく高出力のムーブメントは、
極めて高性能なムーブメントと言えます。

美しいレクタンギュラーケースは、なめらかなシェイプで装着感も最高です。


Ref.5227R-001
カラトラバ
ケース径:39.0㎜ RG 自動巻
価格:¥3276000(税込)

シームレスなインビジブルヒンジをもつハンターケース。
最もパテックらしい、美しい風貌のこの新作は、生産終了となった後も、人気の高い
カラトラバ5127の後継機と言えるモデル。
シンプルなカラトラバケースハンターバックは、
今までありそうで、なかったのです。


Ref.7200R-001
カラトラバ
ケース径:34.6㎜ RG 自動巻
価格:¥2572500(税込)

シンプルな薄型自動巻カラトラバは、男女問わず着用が可能。
ケース径 34.6㎜
名機240を搭載するのに最適な大きさで、シースルーバックから見た、
凝縮感のあるケースとムーブメントのバランスは、とても魅力的です。


BREITLING JET TEAM JAPAN TOUR 2013 IN KOBE

5月5日、6日  
晴れ渡る青空の中、ブライトリング ジェットチームが神戸にやって参りました。

5月5日 
神戸須磨沖でのアエロフライトショーの前日、
神戸空港 ヒラタ学園に駐機するジェット。

夕暮れのせまる中、はるばるスイスからアジアを経由し飛行してきたジェットが整然と駐機している美しい光景にうっとりしました。

そして、5月6日
この日も快晴に恵まれる中、ジェットチームによるアエロフライトショーが始まりました。

須磨沖は客船やヨットが数多く停泊し、海上は興奮のるつぼに。

ジェットは7機編隊が基本で、
それらが約20分にわたり、低空でもの凄い迫力でアクロバット飛行を繰り返します。
機体に大きく書かれた「BREITLING」に更に興奮。

ジェットチームは神戸でのイベントが終わり、
福島(みんなで大空を見上げようプロジェクト)へと移動していくスケジュールは、残念ながら悪天候だったようですが

スイス ブライトリング ジェットチームの被災地、
福島への熱いメッセージは、我々日本国民のハートにしっかりと通じるものだったと思います。

感謝。


バーゼルでの話題作!

ウブロ ニューエンツォ
MP-05
La Ferrari

↓是非、こちらのムービーをご覧ください↓
La Ferrari


~BREITLING JET TEAM JAPAN TOUR 2013IN KOBE 5/5.6~

スイス ブライトリングのジェットチームが、はるばる
スイスからアジア各地を経由して、神戸空港にやってきました。

5月6日には、神戸・須磨沖でアクロバット飛行が行われます。

ジェットは高度が高いので見えづらいかもしれませんが、そのダイナミックな迫力は見応えのあるものです。

数年前に、スイスで私がそのアクロフライトに搭乗した時のことを少しご紹介します。

搭乗前には非常に慎重に重々しく、
パイロットと同乗する際の注意事項などを説明され、
「何が起きても異議なし」というような意味の書類に署名をさせられます。

この時点でかなり腰がひけます。
やめとけばよかった…と。

時計ジャーナリストの名畑氏と搭乗前のツーショット。

そして、この後すぐに滑走路に向かい、フライト開始!

離陸直後は、スイスの山岳地帯や湖の美しい眺望を
ながめながら、かなりゆったりな気分ですが、
パイロットの合図と共に・・・

超高速のアクロフライトが始まります。

湖に向けて、まっさかさまに急下降。
宙返りして急上昇。

マイナスGによって、体内の内臓がひっくり変えるような未体験の感触。

これは、写真の向きが違っているのではなく、
景色がひっくり返っている、ジェットが宙返りをしている、まさにその時です。

飛行中、何が何だか分からず、気が遠くなる思いでしたが、「地球」を感じる一瞬でした。
パイロットに正に命を預けた状態でした。
(パイロットの人達は全て空軍での熟練したキャリアを持ちます)

その後、静かに基地に降り立ち、無事終了。

恐ろしかったが、素晴らしい体験でした。
その時のブライトリング ジェットチームが、この神戸の空に。
とてもとても、エキサイティングで嬉しい事です。
こんなとてつもないイベントを実現させた、ブライトリングジャパンの皆様、
メリケンフェスタ実行委員会の皆様、ヒラタ学園様
に、
心から敬意を表したいと思います。