KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

パテック フィリップ ノーチラス コレクション

パテック フィリップ社ノーチラスコレクションは1976年に発表され、昨年で40周年を迎えました。

 

 

 

 

 

 

 


そのコレクションは長い歴史の中で、時代に応じて変化してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々な材質やダイヤモンドで宝飾加工したものなど、実に多彩なバリエーションで製造されてきました。

時計本体のサイズも、時代のトレンドに合わせて変化してきました。

私のノーチラスは、約35年程前に発表された Ref.3800/1A

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時のスポーツウォッチのサイズトレンドは、今でいえば少し小さめ(36~38㎜)ですが、私個人の細めの手首にはちょうどよい大きさなのです。


ノーチラスの良さは、120mもの防水でありながら、かなり薄型であること。
そして全体に行き渡る重量バランスとブレスレットの構造から生まれる装着感
日頃はバックルによって丸まっているバックルピンを抜いてブレスレットを広げてみると、たとえ20年近く使用していてもまっすぐゆがみなく直線を描きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光沢などの質感も殆ど劣化を感じません。

これまで多少のキズが入ったとしても、ステンレスの質が良いのでポリッシュで殆どのキズはなくなり、輝きが蘇ります。

 

横から見ても、時計本体とブレスの結合部分のラグに少しアングルがついているので、時計全体がやわらかくぺたっと吸いつくように腕に巻きつくのです

 

 

 

 

 

 

 

人気のノーチラスコレクションは、

カミネ・トアロード店2F パテック フィリップ・フロアにてご覧いただけます。
写真は、同じく人気のスポーツラグジュアリーのアクアノートとの2ショット。

 

 

 

 

 

 

 

アクアノートは、1997年に最初のモデルが発表されましたので、今年は記念すべき20周年を迎えました。

 

余談ですが、「ノーチラス」の意味は、ギリシャ語で「水夫」「船」、ラテン語で「オウムガイ」等を意味します。

この言葉は1800年にナポレオンの要請でロバート・フルトンが設計した世界初の実用潜水艦の名称であり、またフランスのSF作家、ジュール・ヴェルヌによって発表された小説「海底二万哩」に登場します。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、今年のバーゼルワールドでこの状態で展示されていたノーチラス クロノグラフ

 

 

 

 

 

 

 

 

径や厚みも大きくなり、スポーティ感に溢れ、ぐっと男性的なイメージになります。
時計本体がこのように大きくなっても、適正なラグアングルとブレス形状は、快適な装着感を生みます。

 

バーゼルワールドで新作時計のフィッティングをしながら、それぞれの特徴やスペックを記録しているカミネ女子スタッフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

現場で集めた莫大な量の資料をとりまとめていきます。
数千種類に及ぶ時計には、デザイン、サイズ、構造などあらゆるものが存在します。
そんな中、私たちは皆様にとっての最適な時計選びをお手伝いできますよう、日々取り組んでいます。
時計はまずは試着から。
是非、お気軽にどんどんお試し頂くためカミネ各店にお立ち寄りください。

 

 


 

 

ついに改修工事が完成した神戸メリケンパーク。

 

 

 

 

 

 

 

ついに改修工事が完成した神戸メリケンパーク

メリケンパークは、メリケン波止場とポートタワーが建つ間を埋め立てて、昭和60年ごろに造られた場所です。

 

青い海赤いポートタワー、それに海洋博物館のホワイトフレームが加わって織成すコントラスト美しく、神戸の名所のひとつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たに姿を現した「BE KOBE」のモニュメントは ウォーターフロントに。

フォトスポットとして賑わっていました。

立体的なアルファベットを前に、ポーズや構図を考えたりすることを楽しめますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元を愛する神戸市民の「シビックプライド」をあらわしているのだとか。

 

神戸港は昔、「天下の良港」と呼ばれていました。

水深が深く、内海のため、波や風が穏やかなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西日本最大級の店舗面積であり、関西初の公園内店舗となるスターバックスコーヒーも待望のオープン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つとして同じ内装の店舗を持たないというスターバックス

開放感のあるガラス張りの空間と照明の演出はさすがです。

 

内装のバーカウンターには、六甲山の間伐材が使われているそうで、地域貢献や環境への配慮を感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「KOBE HARBOR COFFEE CRUISE」

をコンセプトに造られたという建物。

確かに、2階の湾曲部分はまるで船首のようです。海の香りの爽やかな風に包まれ、長く愛されるフラッグシップショップとなりそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1963年に建設された神戸の代表的なモニュメントのひとつ

「ポートタワー」

世界最初のパイプ構造の観光タワーで世界的にも類を見ないユニークな形状です。

 

高さは108m。

展望室はゆっくり360度床が回転し、レストランや喫茶が人気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっかり舗装された道、街灯も整備されて広々としたメリケンパーク。

 

これからの季節は、夜の散歩にも良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、神戸開港150周年。

新しくなったメリケンパークでは、毎週末のようにイベントが開催されています。

夏に向けて、カミネでもさまざまな取り組みを計画しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新緑の季節から、初夏へ。

神戸の街はいつの季節も美しく感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カミネ各店にも是非、お越しください。

※5/13(土)・14(日)は社外催事のため、全店休業いたします