KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

今年 第1回目のブログです。皆様、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

1回目のブログは、リシャール・ミル RM069 “EROTIC”

愛のメッセージを持つ時計です。

紐解くほどに驚くほど手の込んだSpecial Pieceです。

Click➠➠➠まずはこちらの動画をご覧ください。

 

この時計制作のテーマは、「熱愛の表現」とも言えるメッセージのランダムな表示です。

文字盤側からは平面の板が3列に並んでいるように見えますが、その面はローラー6面で構成され、違う言葉が書かれており、その回転によりランダムに組み合わされる文章が216通りになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも時分針がメッセージを読み取りやすいように8時位置のプッシュボタンを押すと針が一時的に

9時15分に移動し、また元の時間に戻るというシステムまで備えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このムーブメントの上半分を占めるコンプリケーション部分をリシャール・ミルは「オラクル」と名付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「神のお告げ。神託。託宣」といった意味のオラクルという言葉を使い、内容は官能的な愛の表現をしているのです。

かなり際どい濃厚なワードもあったりするのが商品名の由来です。

 

このローラーのインスピレーションは、チベットのマニ車から来ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

マニ車とは、チベット仏教徒の必需品で、写真のような大きなものから手に持てるサイズのものまで様々あり、その中にお経が入っていて、くるくる回すと、回した回数分そのお経を読んだのと同じ徳を深める事ができるという有難いものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「官能的な愛のメッセージ」を回せば回すほど、愛が深まるというなぞらえ方。

遊び心に溢れながら、表現するのは「官能愛」

その3本のローラーは哲学的ですらあるワードの組み合わせを216通りも表現するのです。

 

時計の内部の全体構造の約半分は、時間を駆動させるのに全く関わりない「オラクル」が締め、残りの下半分のスペースに駆動部分を納める(しかもトゥールビヨン)という かなり難解な構造を実現しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

裏面の写真を見るとコンパクトにまとめるため、

トゥールビヨン キャリッジの真裏に香箱が同軸上に配置される「デュオプラン構造」になっています。

 

トゥールビヨンのテンワの直径は10㎜もあるダイナミックなもので、全体の設計、製造はAP ルノー・エ・パピ社とリシャール・ミルとの共同開発で完成しました。

リューズはローラーの六面体をイメージさせる六角形で、リシャール・ミルらしい随所に細かい設計がなされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

リシャール・ミル

「RM69 トゥールビヨン エロティック」

 

 

 

 

 

 

 

 

チタン製(グレード5)、手巻き パワーリザーブ約69時間

防水:50m、世界限定:30本

価格:8180万+TAX

リシャール・ミルが作る、新しいアプローチのエロティック・オートマタ付トゥールビヨンです。

10時位置のプッシュボタンを押すと、3つのグレード5チタン製のローラーが回転し、ランダムに「愛のメッセージ」を紡ぎだします。

表現されるのは官能をテーマとする「妖艶な」言葉ばかり。

言葉は想像力を働かせる分、時に視覚よりも官能的なのです。

➠➠➠リシャール・ミルサロン 神戸・カミネ元町 へ是非、お立ち寄りください。