KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

ベルスタッフ神戸×ENGINE 桐島ローランドさん トークイベント会場にて。

先日、人気のCar雑誌エンジン編集長 村上政さんと桐島ローランドさんのトークイベントが、

神戸・旧居留地ベルスタッフ神戸店で開催されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント会場でバッタリお会いした親しいお客様の腕には、リシャール・ミルRM023が。

 

 

 

 

 

 

 

 

カスタムオーダーのネイビーのアリゲーターが、落ち着きのあるスポーティエレガンスな装いに、見事にコーディネート。

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルでさり気ないRM023は、リシャール・ミル特有の高級感と共に気品が感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

1924年 ロンドンで創業、ワックスコットン生地を開発し、ライダージャケットの原点をつくったベルスタッフ。モータリゼーションに共通するテーマを持つリシャール・ミルと雰囲気が見合に融和。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

➠➠➠ BELSTAFF

➠➠➠ リシャール・ミルサロン カミネ元町店

➠➠➠ リシャール・ミル

 

 

 

 

リシャール・ミル RM11-03 フライバック クロノグラフ マクラーレン

 

 

 

 

 

 

 

 

リシャール・ミルマクラーレン・オートモーティブは、2018年3月7日から開催された第88回ジュネーブ・モーターショで初の限定ウォッチを発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

素材、ディテール、デザインへのこだわりが生み出した待望の時計で、マクラーレン・マシンのデザインや超軽量化を可能にするテクノロジーを取り入れ、美観と機能の両面を併せ持った時計です。

両社は、ラグジュアリーと最先端テクノロジーを追求しているブランドとして知られ、卓越した稀少性のある製品を発表しています。

 

RM11-03は、RMAC3キャリバーを立体構造に仕上げ、その複雑な仕掛けを視覚的に前面に押し出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

新作RM11-03マクラーレンのケースは、カーボンTPTとクオーツTPT製です。

クオーツTPTは600を超えるシリカ繊維層を重ねて作られています。

 

1枚の層は、厚さ45ミクロン未満で、リシャール・ミルが独自に開発したマクラーレンカラーであるオレンジのレジンに浸します。

そして、カーボンTPT層の間に挟み、専用の機械で45度ずつ ずらしながら重ねていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、120度に加熱し、航空分野で用いられるものと同類の加圧機を使って6気圧の圧力をかけます。

その後、社内のCNCマシンで加工されます。

加工されたクオーツTPTは、独自の模様となり1つとして同じものはありません。

 

RM11-03フライバック クロノグラフ マクラーレン

 

 

 

 

 

 

 

 

RMAC3 自動巻、サイズ:49.94×44.50×16.15㎜

防水:50m、ベゼル:オレンジクオーツTPT×カーボンTPT

ミドルケース:カーボンTPT

3時位置:スモールセコンド

6時位置:12時間積算計、60分積算計

9時位置:60分積算計のカウントダウン

12時位置:日付

4時30分位置:年次カレンダー

パワーリザーブ:約55時間

➠➠➠ カミネ元町店

➠➠➠ リシャール・ミル Collection