KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

平成30年 「生田祭」に参加しました

 

 

 

 

 

 

 

 

先週末、神戸の街を賑やかせた「生田祭」

一年の中でも最も重要な祭典
生田神社周辺 つまり氏子地域と呼ばれる地区の
繁栄と安全を願い、毎年桜の季節に執り行われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生田神社は、古くは桜の名所であり
八重桜が名物であることから、紋章は桜

祭典に携わる人々は
桜を象った翳しを身に着けます。

 

 

 

 

 

 

伝統ある「生田祭」は先ほど挙げた氏子地域を11に区分し
毎年輪番で当番地区が奉仕をするのですが

平成30年の今年は
カミネの所在する「三宮地区」が当番地区。

周辺企業が参画し、儀式の色々な要素を担当します。
カミネは「神賑」という委員会に。

 

 

 

 

 

地域の女性(学生・社会人)を集めて担当地区を練り歩く
「女子神輿」のお手伝いもしました(この分野は娘が担当)

 

 

 

 

 

 

生田神社の社殿は
昭和の神戸大水害や大空襲、
記憶に新しい阪神・淡路大震災など、幾多の災害被害にあいながら
その都度復興されてきたことから
「蘇る神」としても崇敬されているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は朝早くから社殿に集合して儀式の仕度。
用意された和服に直垂を巫女さんに着せてもらい
なにやら“おごそか”な気分に…

 

 

 

 

 

 

 

大半は三宮地区の商店会の方々。
皆さんが集合し、お清めを受けた後
本殿へ参進し、玉串拝礼を行ないます。

初めての経験づくしで
身の引き締まるとても新鮮な気持ちになったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

儀式は約1時間ほど。
メインとなる舞が披露され、
大々的な氏子奉幣祭が行われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸のまちの安全と、益々の繁栄を願って…

参画させていただいたこの度の祭典。

伝統行事に携わることで、この土地は
生田様に長年に亘り守られていることを実感し、改めて感謝しました。

< 前の記事へ

次の記事へ >