KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

名門ゴルフ場「廣野ゴルフ倶楽部」

名門ゴルフ場とは何か・・・。

歴史、メンバー、コース設計、数々のトーナメント開催と共に、長い歴史を彩る逸話が伝説となって「名門」と評されるのだろうな と朝のクラブハウスでぼんやり考える。

ここは ゴルフ愛好家には有名な、兵庫県三木市にある「廣野ゴルフ倶楽部」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国的に「名門」の最右翼のひとつと評されるゴルフ場です。

“Play golf at Hirono,and die.“(廣野を見て死ね)はゴルファーの間では有名な言葉なのです。

そう簡単にはメンバーになる事も叶いませんし、お誘い頂ける機会も滅多にありません。

 

クラブハウスの中は重厚な落ち着きがあり、名門ゴルフ場特有のスノッブな空気が流れます。

伝統的なゴルフ場のクラブハウスは紳士的な重みがあって、たまにはそんな気分になるのも心地よいものですね。

 

 

 

 

 

 

主なここの食事のメニューはいたってシンプルで、名物はカレーとチャーハン

優しい手作りの味でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラブハウスの隣には、Aゴルフミュージアムがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月はゴルファーにとってのベストシーズン。

そんな5月の一日、その廣野ゴルフ倶楽部を久々にラウンドする機会に恵まれました。

 

 

 

 

 

 

 

商業を目的とした広告とかHPなどは殆ど見つける事が出来ませんので、このゴルフ場がどんな所か、少しですが素人目線ですがご紹介いたします。

 

コースは、神戸市と隣接する三木市の住宅地のど真ん中にあり、ほぼフラットな丘陵林間コースは雄大でゆったりしていますが、要所に池やハザードがあり、攻略を難しくしています。

 

 

 

 

 

 

うっそうとした森の真ん中をゆったり続く堂々としたフェアウェイの先には、砲台になった小さめのグリーンと、その周囲に深いアリソンバンカーがしっかりと配されています。

創設が昭和7年(1932年)ということもあって、木々は太く高くフェアウェイに包まれている感じがします。

 

 

 

 

 

 

 

土壌はいわゆるブルドーザーなどの大規模な工作車両を使わずに、人力を中心に造成されたものであるのがわかります。

地形を最大限活用して造成されたコースは、美しいだけではなく、独特の印象で しっかり距離もあり戦略性に富んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アリソンバンカーにつかまり苦しむ、旧居留地店の島本店長

 

 

 

 

 

 

廣野のアリソンバンカーはボールを高く上げてグリーンで止める、高度なバンカーショットが要求されるのです。

 

廣野ゴルフ倶楽部のOUT最終9番。長いロングホール。

クラブハウス前の打上げのグリーン。

 

 

 

 

 

 


 

 

このコースを設計したのは、セントアンドリュース(イーデンコース)なども手掛けた英国人のチャールズ ヒュー アリソン氏

日本では他に、東京ゴルフ倶楽部 朝霧コース、川奈ホテル富士コースなどが有名。

ここ廣野ゴルフ倶楽部はアメリカのゴルフマガジンによる世界のTOPゴルフコースランキングにいつもランクされ、日本のゴルフ場としても常にトップにランクされています。

日本オープンやプロゴルフ選手権など、歴史を彩る数々のプロトーナメントでの伝説にも枚挙にいとまがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

廣野ゴルフ倶楽部 コースデータ

・ホール数18、パー 72

・コースレート 74、総ヤード数 7015Yds

・住所: 三木市志染町広野7-3

・神鉄 「広野ゴルフ場前」

・設計者 C・H・アリソン

・開場日 1932年6月19日

 

帰りに、クラブハウスでここにしか売っていない廣野ゴルフ倶楽部ロゴマーク入りのポロシャツを買いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

また来れる事を願って。。。

 

 

神がかりとさえ言える、最高峰のタイムピース『 グル―ベル フォルセイ 』日本国内、カミネの独占取扱い、決定。

 

 

 

 

 

 

 

「神がかり」とさえ言える超高級時計。

極限まで性能を追求する高度なテクノロジーで最高峰のタイムピースを生み出すマニュファクチュール“GREUBEL FORSEY”。

この度、日本国内でカミネの独占取扱いとなりました。

 

 

 

 

 

 

世界遺産都市 ラショードフォンにあるファクトリーは地元の建築家Pierre Studer氏によって設計されたユニークな建物。まるで大地から息吹を持って生れ出たような印象です。

このファクトリーは、115名の特殊なハイテク技術を持つ集団で構成されており、年間100本という極めて少量のタイムピースが製作されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手作業で精密機構を作り上げる彼らの技術は、現代におけるスイス時計産業の英知の結晶とも言え、グル―ベル フォルセイの時計は、一線を超えた超高級品の世界。

 

 

 

 

 

 

 

 

設立以来わずか14年の間に輝かしいコンクールの受賞暦の数々は、グルーベル フォルセイの素晴らしさを証明しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2007年: モントルパッションで特別審査員賞、インベンションピース1がレボルーション誌でベストコンプリケーション賞を受賞。

2008年: クアドゥープルトゥルビヨンがTechnical Award受賞。

2009年: ダブルトゥールビヨン30がGPHGコンプリケーション部門優勝。

グルーベルとフォルセイはGAIA賞を受賞。

2010年: ダブルトゥールビヨン30°エディション・イストリックがGPHG大賞金の針賞を受賞

2011年: ダブルトゥールビヨン30°テクニックが国際クロノメトリーコンクールで915点(1000点満点)の最高点で優勝。

2012年: インベンション・ピース2がGPHGグランド・コンプリケーション部門で優勝。

2015年;トゥールビヨン24セコンズヴィジョンがGPHG大賞金の針賞を受賞

2017年;QPイクエーションがGPHGカレンダーウォッチ賞を受賞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グルーベル フォルセイ共同創業者のロベール・グルーベル氏とステファン・フォルセイ氏。

Sフォルセイ氏は1967年、英国生まれ。87年、宝石商のアスプレイに入社。修復部門のマネージャーを務めた後、ルノー・エ・パピ(現オーデマ ピゲ ルノー・エ・パピ)に入社、そこで出逢ったフランス人天才時計士Rグルーベル氏と独立し、2001年にコンプリタイム社を創業。04年にグルーベル フォルセイ社を設立し、第1作のダブル トゥールビヨン 30°を発表。

 

 

 

 

 

Sグルーベル氏、Rフォルセイ氏の両名により統率されたグルーベル フォルセイはルノーエパピ時代の盟友Fデシャネル氏をCEOに迎え、更に磐石な態勢となりました。

グルーベル フォルセイはさらに名声を博すでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

グルーベル フォルセイはグリーンフラッシュ (green flash)、太陽が完全に沈む直前または昇った直後の緑色の光が一瞬輝いたようにまたたく、非常に稀な“緑閃光”ともいわれる現象を、自身の時計のテーマと紐付けています。

これは、グルーベル フォルセイが追求する手仕上げによる究極の鏡面仕上げ“ブラックポリッシュ”の芸術性とその希少性を表現したものでもあります。

私たちが驚嘆し、感銘を受けた時計製造技術、彼らのあくなき探究心を皆様へご紹介できることに喜びを感じます。

 

 

 

 

 

グルーベル フォルセイの商品はカミネ旧居留地店内の専有コーナーで展開され、いつでもお手にとってご覧いただけます。

 

 

それでは、現在カミネ 旧居留地店にございますグル―ベル フォルセイのコレクションの一部をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GMT Black

ケース径:43.5㎜チタニウムケース(ブラックADLC)
ケース厚:16.18㎜、防水:3気圧
手巻き、パワーリザーブ72時間

ダイヤル側に時分針、スモールセコンド、パワーリザーブ、GMT表示(プッシャー操作)
チタン製の地球儀にてユニバーサルタイムとナイト&デイを表示
トゥールビヨンは25度のアングルで設置され、24秒で1周
ケースバックには24タイムゾーンのワールドタイム表示(サマータイム表記も有り)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Double Balancier

ケース径:43㎜ WG
ケース厚:13.38㎜
防水:3気圧
手巻き、パワーリザーブ72時間

時分針、スモールセコンドにパワーリザーブ表示
30度に傾けられた2つのバランスホイールをつなぐ部分には、香箱からのトルクを2つに分け、均一化し、全体が4分で1周するコンスタントディファレンシャルが設置されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Signature1

ケース径:41.4㎜、RG
ケース厚:11.7㎜
防水:3気圧
手巻き、パワーリザーブ54時間

時分針、スモールセコンドのみの表示
古典的な大きなテンワで18000振動の3針時計
徹底的な手作業に拘って製作されるモデル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Double Tourbillon 30°

ケース径:47.5㎜、チタニウム
ケース厚:16.84㎜
防水:3気圧
手巻き、パワーリザーブ120時間

時分針にスモールセコンドとパワーリザーブ表示
30度に傾けられたトゥールビヨンが1分で1周し、そのトゥールビヨンゲージがゲージごと4分で1周。
同軸でインナーとアウターのダブルトゥールビヨン。

 

2018BASELWORLD、今年発表された最新モデルもご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

クアドルプル トゥールビヨン ブルー

4つのトゥールビヨンが完璧な振り付けで軽やかに舞うバレリーナのように壮麗でエレガントに動きます。各トゥールビヨンはスフェリカル ディファレンシャル機構に連結されており、それぞれが独自に非常に安定したポジションで正確かつ信頼性の高い歩度を実現しています。
このスフェリカル ディファレンシャル機構が4つのトゥールビヨンの平均歩度を伝達するため、全ての調速機構のクロノメーター性能が向上しました。
ケースフォルムは、ムーブメントを構成する要素が多いため非対称な形状になっています。そして4つのトゥールビヨンがそれぞれ別々にダイナミックに動き、この美しさがケースの非対称性にも反映されています。

 

 

 

こちらのクアドルプル トゥールビヨンはブラックポリッシュ仕上げを施した新しい立体的文字盤を採用しています。グル―ベル フォルセイは仕上げ技術の限界に挑んだ結果、史上初のブラックポリッシュ仕上げを施した文字盤を完成させたのです。

この完璧なポリッシュ仕上げは従来の方法を徹底的に見直した事で、文字盤全体の表面に光が反射すると今までに見たことがない深い青色が生まれました。類まれな才能と驚くような忍耐力、そして飛び抜けた器用さはまさに圧巻です。

 

 

 

 

 

 

 

 

クアドルプル トゥールビヨン ブラック

こちらのタイムピースはケースにチタンを採用することで、軽量化を実現させ装着時の快適性をアップさせています。全面にブラックADLCコーティングを施すことで、傷が付きにくく、パワフルで力強いインパクトを与えています。

 

 

 

グル―ベル フォルセイは、このタイムピースのためにポリッシュ仕上げを施した円筒形のトゥールビヨンケージというユニークな装飾を加えました。ブランドが持つ『時を刻む彫刻家』だからこそ成し得る業をお楽しみいただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

トゥールビヨン 24 セコンズ エナメル

このモデルは、重力に対するローターのポジション重要な問題を解決するために高速回転と傾斜角度を徹底研究しました。そしてトゥールビヨンケージの25度の傾斜と高速回転が非常に安定したポジションを保つことでトゥールビヨンシステムを大きく向上させました。

 

 

 

このタイムピースは端正なラインの非常に古典的な姿でありながら、時代を超越した美しさも兼ね備えた作品で、均整のとれた大きな文字盤とケースが究極なまでに独特な世界観があるムーブメントを引き立てています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回初めて、グラン・フー・エナメル文字盤を発表しました。巧みなクラフツマンシップによる手作業で作られ、無垢な白さを引き立てる繊細な処理が施された文字盤は、タイムピース全体を荘厳に光り輝くオーラで包んでいます。またアーチを描くトゥールビヨンブリッジの立体的な表面のバレル研磨仕上げはブラックポリッシュが現れる限界まで磨かれています。ケースバックのドーム型サファイアクリスタルが時計内部にまで光を届け、その差し込む光でトゥールビヨンを確認することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ダブル トゥールビヨン テクニック ブルー

ロベール・グル―ベル氏とステファン・フォルセイ氏は他の機構に影響を与えることなく、独立した一つ一つの機構を大胆に確認することができるタイムピースを作り上げました。4個の同軸香箱を備える有名なダブル トゥールビヨン30°は120時間パワーリザーブを有し、またパワーリザーブ表示のため革新的なスフェリカル ディファレンシャル機構を搭載しています。

これにより時計製造のクラフツマンシップと装飾技術が見事に調和した完璧なムーブメント構造が実証されました。

 

 

 

ダブル トゥールビヨン テクニック ブルーは、複雑で立体的なムーブメントの構造に組み込まれたサファイアクリスタルのチャプターリングはすべての機構に絡み動き続け、一つの歯車から次の歯車へと夢中に見とれてしまいます。そして地板やブリッジの形をムーブメントの複雑な構造にも関わらず、ムーブメント全体を均質で際立った青色に仕上げることに成功し、さらにトゥールビヨンブリッジにはグル―ベル フォルセイの完璧なブラックポリッシュ仕上げが施されています。

 

カミネ 旧居留地店
Tel.078-325-0088
Open.10:30~19:30(無休)