KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

ショパールL.U.C. フルストライク

ミニッツリピーター クリスタルゴング。

その音色は上質なワイングラスをシルバーのナイフで軽く打ち鳴らすかのようなエレガントで力強い響きです。

現代、人間の手で生み出される精密機器の中で、最も複雑で製作が難しいものの一つが、ミニッツリピーター付き腕時計だと思います。

こちらの動画をClick! ↓↓↓

ショパールL.U.C フルストライク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニッツリピーターは製作が極めて困難なため、生産数がごく限られている上 コピー、いわゆる贋作を作ることが出来ません。

その機構は 電燈のない中世の時代に「時」を知る為に製作されましたが、芸術品としての価値は、現代そして将来にわたって益々高まっていくと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このL.U.C.フルストライクは、開発に何年もの時間を要し、革新的なメカニズムとなりました。

 

そのひとつとして、より美しく大きな音量を追求するため、ハンマーが打ち鳴らすゴングに硬質でにごりのない最高品質のサファイヤクリスタルが採用されました。

 

 

 

 

 

クリスタルの特性により、高音質のミニッツリピーターが完成したのです。

 

リピーターの奏でる音質は、徹底した調律作業が行われるなど、専門のエンジニアにより何年もかけて開発され、時間、分、音色を完全な周波数で正確に打ち鳴らし、リズミカルかつ正確に時を知らせます。

 

 

 

 

 

従来のミニッツリピーターは、ケースサイドに溝を切りスライドレバーをつけていましたが、この時計の特徴は、スライドレバーのかわりにリューズに装備されたプッシュボタンを押すことで、リピーター(リピティションミニッツとも言います)をスタートします。

 

 

 

 

 

 

 

 

それにより、リピーターのこれ迄の課題であった防汗性を飛躍的に向上させたのです。

 

この時計は、ジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリ2017 を受賞しました。

それは、金の針賞(”Aiguille d’Or” Grand Prix)と言って、

毎年、最も権威のある賞として厳正なる審査により贈呈されます。

正に、ショパール マニファクチュール 設立20周年を飾る、記念すべき時計になりました。

 

 

 

 

 

※写真中央のトロフィーを掲げる男性が、ショパール本社のC.F.ショイフレ代表です。

 

この逸品の音色を実機を手に取って、カミネで是非ご体感下さい。

ショパール L.U.C フルストライク

Ref.161947-5001

 

 

 

 

 

 

 

 

K18RGケース(42.5mm)(フェアマインドゴールド)


手巻き(Cal.L.U.C 08.01-L)

パワーリザーブ約60時間/2万8800振動/時

ジュネーブシール取得/30M防水

No.15/20本限定/¥32,443,200(税込)

カミネ トアロード店にございます。

こちらも是非、ご覧ください。↓↓↓

L.U.C.フルストライク


 

 

 

 

< 前の記事へ

次の記事へ >