KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

時計製作の聖地・ヴァレ・ド・ジュウ。神々の手により製作されるローマン・ゴティエのタイムピース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファクトリー訪問レポート。迫真の製作過程をご覧ください。

 
ファクトリー内では、最新鋭のCNC旋盤がずらりと並び超複雑なパーツの切削をしています。

 

 

 

 

 

 

 

シャネルの資本参加による設備投資で高度に拡張した製作現場を見に行ってきました。
(今後ローマン・ゴティエ社は、益々ブランドとして安定感を増すことになります)
CNCマシーンは、ほとんどが日本製の最新工作機械。

さまざまな高級ブランドからパーツ製造を請け負っているので、高品質な長い鋼材から大量のパーツを切り出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

世界の有名コレクターからも高い評価を受けるローマン・ゴティエの群を抜いた仕上げ作業。
決め手となる「ハンドフィニッシュ」を最後に施すのが、このジャンシャンという高山植物。ジュウ湖畔に自生するリンドウ科の一種です。

 

 

 

 

 

 

 

 

乾燥させた茎に研磨剤をつけ、金属を特殊な技で長時間かけ鏡面に磨き上げるのに使用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完璧に仕上げられた各パーツを組み上げる時計師は、元BP社の有名なグランドコンプリケーション「1735」の製作責任者パトリックマルタン氏。(スイス時計業界では有名)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6大機構と呼ばれる「ウルトラスリム」「ムーンフェイズ」「永久カレンダー」「スプリットセコンド・クロノグラフ」「トゥールビヨン」「ミニッツリピーター」を1本の時計に集約させた歴史的に高名なこのモデルは、BP社の創業年をその名に冠す「1735」グランドコンプリケーション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、ロジカルワンの製作工程の一部をご紹介いたします。
際立ったケース製造技術もゴティエ社の特徴です。ロジカルワンのケースは、歪みの無い最高のポリッシュ仕上げを施します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドフィーヌ針 (これはコレクターからの特注品です)

 

 

 

 

 

 

 

 

WG製で針のシェイプ、長短針の長さのバランス、厚み、山の背の角度、全て古典的ながら完璧な作業です。

 

綿密な設計図が存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローマン・ゴティエエナメル文字盤。これはブラックエナメル。(グランフー)

 

 

 

 

 

 

 

 

研ぎ跡の無いツルツルの黒エナメルにインデックスのフォント、サイズ、色 すべてが完璧です。
最高レベルのクオリティーに仕上がったエナメル文字盤はヌーシャテルに住む女性作家の仕事です。

 

ロジカルワンの特徴であるチェーンフィジーのチェーン

 

 

 

 

 

 

チェーンのリンク部分はルビー製で駆動伝達の摩擦ロスを軽減し視覚的にも非常に美しいものです。


ムーブメント

 

 

 

 

 

 

 

 

地板の色(ロジウム)、歯車の色(YG)、限定ナンバーのプレートの色、字の彫り、インク入れ、全てひとつひとつ、入念に作り込まれます。

 

組みあがったムーブメントは各パーツが活き活きと煌いており、素晴らしい仕上がりでした。

 

 

 

 

 

 

性能も含め、マルタン氏の自信の逸品に仕上がります。

 

修理用の予備ケース

 

 

 

 

 

 

 

 

長期に亘る先々のメンテナンスを視野に入れて、高級メゾンの殆どは、先々の修理用に様々な予備パーツを作ります。

 

工作機械で切り出したパーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、まだ真鍮製の仮パーツを作ります。それにそって適正なネジを製造し、磨き上げていきます。

 

 

 

 

 

 

寸法は実際のサイズ。

 

 

極小のピニオン系パーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さまざまな形状の歯車。

 

 

 

 

 

 

これらが精密に組み上げられ、輪列を形成していきます。

 

 

 

 

 

 

 

【まとめ】

ローマン・ゴティエ氏は独自の設計理論と抜きん出た審美眼を持ち、それらが見事に融和したムーブメントを作り上げるインディペンデントメゾンを統括しています。
BP社の有名なグランドコンプリケーション「1735」の製作責任者や凄腕のマイスターが工房にはずらりと揃います。
かの有名なスイス時計界・マイスターの第一人者フィリップ・デュフォー氏も太鼓判を押す人物です。

 

 

 

 

 

 

 

代表作のロジカルワン2013年にGPHGメンズコンプリケーショングランプリを受賞するなど大変な評価を得ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローマン・ゴティエのアトリエは、窓一杯からジュラ地方の陽光がふりそそぐ最高の環境です。

そこで、部品のひとつひとつが製作され、各パーツを組み上げ、ひとつの高級時計として世に送りだされるのです。

 

 

 

 

 

 

 

是非、その素晴らしい現品をご試着下さい。

カミネ 旧居留地店

その他の商品はコチラ↓↓↓

Romain Gauthier

パテック フィリップ 5235G-001

レギュレーター表示 年次カレンダー
パテック フィリップ 5235G-001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年に発表されましたが、生産数、入荷数とも非常に少なく、極めて稀少なモデルです。
ケース径:40.5㎜、K18WG、自動巻防水:3気圧

 

搭載されるムーブメントは、「31-260 REG QA」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見cal.240のように見えますが、全くの別物です。
シリコンを主な素材としたひげゼンマイと脱進機を採用し、振動数は毎時23040振動
パテック フィリップには珍しいハック機構(秒針停止)付き。
この珍しい振動数がムーブメントを語る奥深さとなり、いわばパテック フィリップが2005年から行っているアドバンストリサーチの2018年までの進化形と言えます。

シリシリウム使用パーツ
ひげぜんまい:Spiromax®(スピロマックス)
ガンギ・アンクル:Pulsomax®(パルソマックス)

時針、分針、秒針がそれぞれ独立したレギュレーター表示とビンテージ感のある切り立ったケースデザインもユニークな雰囲気を表現します。


 

 

 

 

 

 

 

 

3月1日だけ年に1回調整すれば、以降1年間はカレンダーが自動で切り替わる年次カレンダー。

表情は古典的な趣きながら中身は最も進化したムーブメントを搭載したこのレギュレーター5235G。

現品のユニークな雰囲気を是非、カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロアでご覧ください。

パテック フィリップの商品一覧はコチラから。