KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

12/10までカミネ クロノメトリーをブライリングがジャック!

その内容とは。。。

一夜にして姿を変えたクロノメトリー店

ブライトリングの新しい世界観に基づいた内装となっており、いつもとはトーンの違うソファスペースが新鮮です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずらりと並ぶブライトリングの商品。圧巻の品揃え。
まさに店内のすべてがブライトリング一色!!

 

 

 

 

 

 

 

まずは、看板モデルの2商品をご紹介。
ナビタイマー8 B01 クロノグラフ43

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケース径:43㎜
自動巻きB01
防水:100m
シースルーケースバック 価格:¥928,800(税込)

世界最高級のクロノグラフムーブメントとして高く評価されているB01搭載の上位モデルです。

 

プレミエ クロノグラフ42

 

 

 

 

 

 

 

 

ケース径:42㎜
自動巻
防水:100m
価格:¥691,200(税込)

1940年代の古き良きデザインを取り入れたデザイン。
シーンを選ばず身に着けることのできるクラシカルなラインが追加されました。

 

店内奥に設置されるブラッド・ピットのビジュアル。

 

 

 

 

 



新しいブライトリングのグローバルスタンダード。「シネマ・スクワッド キャンペーン」こちらのビジュアルがプレミエのプロモーションに使用されています。

 

スーパーオーシャン ヘリテージⅡ クロノグラフ44 アウターノウン

 

 

 

 

 

 

 

 

ケース径:44㎜
自動巻
防水:200m
価格:¥831,600(税込)
NATOストラップ
こちらは、ECONYL(R)ヤーンのストラップ
この素材は海洋で集められた漁網などのナイロンを収集して作られています。

 

伝説のプロサーファー、ケリー・スレーターが立ち上げたアパレルブランド「アウターノウン」とのパートナーシップを記念してデザインされました。

 

もちろん、定番人気商品も!
クロノマット44 ブラックローマンMOP(Japan Limited Edition)

 

 

 

 

 

 

 

 

ケース径:44㎜
自動巻B01

防水:200m
MOP、ローマン
※限定の為、シースルーケースバック。その為防水は200mです。
価格:¥1,188,000(税込)

人気のクロノマット44をベースとした2018年 日本限定モデル。
日本限定:500本

 

こちらも衰えぬ人気モデル。

ナビタイマー1 クロノグラフ41

 

 

 

 

 

 

 

 

ケース径;41m
自動巻
防水:3気圧
価格:¥702,000(税込)
同じナビタイマーと言えど、新型とは表情が違いますね。

飛行中に必要であった計算尺がインナーベゼルに刻まれており、本格的なパイロットウォッチ仕様となっております。まさにプロの為の計器ですね!

 

クリスマスムードの高まる街に合わせ、店頭も華やかに装飾。
店内はお楽しみのアトラクションも一杯!

 

 

 

 

 

 

 

ブライトリンググッズの当たるガチャガチャは、ブライトリングジャック10DAYS期間中に腕時計をご成約いただきましたお客様にお楽しみ頂けます。

 

新鮮な世界観の中で、是非ゆっくりと商品をご堪能下さい。
ドリンクもご用意しております。

 

 

 

 

 

 

 

12/8(土)・9(日)の週末は、カミネのウォッチメカニカルである國府田がお待ちしております。

日常の小さな疑問など、ブライトリングに限らず何なりとご質問ください!

 

 

 

 

 

 

 

このブライトリングジャック10DAYSのフィナーレを飾るスペシャルイベントは、12/9 (日) 17:00〜MENSCLUB元編集長 戸賀敬城氏とWATCHNAVI編集長 関口優氏の対談トークショー!

MCはFM COCOLOのMEMEさん。

 

ファッションと時計の賢者が語る新生ブライトリングの魅力とはいかに!?

フォトセッションにDJミュージック、カフェサービスもお楽しみいただけます。
事前のお申込みはこちらからどうぞ↓

BREITLING JACK 10 DAYS

是非、お越しください!

最大100回まで、分割金利手数料なしでお求めいただけます。(*モデルにより回数は異なります)

カミネ クロノメトリー店 078-391-1571  10:30〜19:30

公式サイトはコチラ

 

時を超えて愛され続けるカルティエの芸術的傑作”クラッシュ”

惜しまれながらも廃番となる美しい傑作 “クラッシュ ウォッチ” が入荷しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



芸術的傑作とは、ふと思いもかけず生まれ出るもの。
多くの制作背景にユニークなストーリーをもつカルティエらしく、このウォッチもまた60年代のロンドンブティックを訪れた顧客の依頼がきっかけでした。

画像引用:FONDATION DE LA HAUTE HORLOGERIE(高級時計財団)

 

「馬車に踏まれ、変形した時計を修理して欲しい」

当時の経営者ジャック・カルティエは、差し出されたそれを見るや一目で惚れ込み、見事に新たな製品のデザインへと昇華させました。

 

それがこの “クラッシュ“誕生の背景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら、製品として世に出すことは容易いことではありませんでした。

なぜなら、ケースの湾曲したフォルムに合わせてムーブメント全体の輪列を見直さなければならず 当時の制作現場では、大変困難を極めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

(実物はシースルーバックではありません)

カルティエは開発力・技術力を費やし、専用ムーブメントを開発、製造し、ようやくこの時計を完成させたのです。

「曲線」は女性の優美さを表現するにもふさわしくジュエリーすら不要の堂々たる存在感
時計界をどよめかせ「伝説の時計」と呼ばせた風格と気品を携える珠玉のタイムピース、それがこのクラッシュウォッチ。

今回がおそらく最終の入荷になると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

Cartier “CRASH”

手巻きムーブメント、18Kホワイトゴールド、ダイヤモンド

価格:¥9,234,000(税込) 世界限定267本

11/23~12/25 Cartier Fairもまもなく開催。お気軽にお問合せ下さい。
カミネ トアロード本店 078-321-0039

その他の Cartier 商品はこちら➠ Cartier

 

展示会でキャッチしたお客様のウォッチをご紹介

 

 

 

 

 

 

清々しい晴天が連日続く、穏やかな季節です。

写真はホテルオークラ神戸からの景色。
朝の神戸港一帯は、正に天高く秋の気配。

メリケンパークでは土日にはほぼ毎週のように
賑やかに様々なイベントが開催されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遥か彼方には大阪方面から関空
一望できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月初め、カミネはこのホテルオークラ神戸にて
展示会を開催しました。

うち一日は大安吉日。
婚礼も続々と行われるおめでたい日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場はオーセンティックで
コンサバな展示会スタイル。

長年貫き続けているスタイルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがたいことに
朝から大勢のお客様で賑わい。

若いお客様も多い中
何十年ものお付き合いのお得意様や
三世代でお買物に来て下さるお客様も。

 

場内には各ブランドから選りすぐりの商品や
今年発表された新作が並んでいます。

実物を手に取ってご覧いただき、ご試着になって
一度に色々なブランドを比較もできる、絶好の機会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場内には様々な工夫を凝らした
展示ブースやミニサロンが展開されます。

これはショパール
カンヌ映画祭レッドカーペットをテーマに
生花で造作されたミニサロン。

3月のバーゼルワールドで展開された
ショパール社ブースのイメージを再現しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュエリーも多数出品。
ニューヨークやパリで個展を開催し、最近話題のジュエラー
「MIO HARUTAKA」「Bijou de M」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはDAMIANI


 

 

 

 

 

 

BVLGARIのニューアイテムも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日、会場にいらしたお客様の時計
いくつか撮影させていただきました。

時計やジュエリーを見事にコーディネートされた
スタイルをご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先年、誕生40周年を記念して発売された
オーデマ・ピゲ ロイヤル オーク
イエローゴールドシリーズ。

ピンクゴールドとは一味違う
古典的ながら新鮮な印象。
ブルーの渋いトーンの文字盤で
個性的な高級感も演出できます。

37ミリと少し小振りなサイズ
カジュアルな装いにパーフェクトマッチング!

 

 

 

 

 

 

 

羨望のRM035-02 ラファエル・ナダル
RM011-03 マクラーレン

今入手困難なリシャール・ミルですが、
ご予約の上お待ちいただいて
ようやく抽選で手に入れられたお客様のお品。

 

 

 

 

 

RM11-03

マクラーレンと言えば…

 

 

リシャール・ミルが力を入れている
チャリティー活動の一貫として
1本のみユニークピースで製作された同型モデルは
定価の倍近い約4200万円で先日落札され、一躍ニュースとなりました。

落札金は全額、東北や熊本の震災復興支援として
RMジャパン基金より寄付されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RM035-02 ラファエル・ナダル

ケースは独特のダマスカス模様と呼ばれる
波柄のNTPT®カーボンで成型され
軽く、驚異的な耐衝撃性を持つムーブメントを搭載しています。

シンプルなスタイルにこの一本を身に着けるだけで
鮮烈なインパクトが生まれます。

一気に最上級のスポーティ・ラグジュアリー感を演出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご婦人用も人気急上昇中。

文字盤にダイヤをあしらいながらも
ぎらついた印象を抑えつつ
一目でリシャール・ミルと分かるフォルム
抜群のオーラを放ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッショナブルにウォッチ&ジュエリーを
コーディネートされ、全身で個性を表現されていたお得意様。

ベル&ロスのスケルトンとフレッドのフォース10…
アイテムのひとつずつがユニークですが、
組み合わせることを楽しみ、各々を調和させた
高度なファッションはひときわ目を引きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様ご来場 誠にありがとうございました。

とっておきのジュエリーや時計を
ここぞとばかり身に付けて

是非、次のエクセレントフェアにお越し下さい!

A.ランゲ&ゾーネ 1815トゥールビヨン

2008年にA.ランゲ&ゾーネ社はトゥールビヨンが回転するゲージを停止させる機構を開発、特許を取得し2014年に1815トゥールビヨンとして発売されました

この度は、そのスペシャルバージョン(下記のモデル)が発表されたのです。

 

 

 

 

 

このモデルではそれだけではなく、さらなる高みに挑戦し 同じくランゲが特許を持つ秒針のゼロリセット機構を組み込み、極限まで精度を追求したトゥールビヨンにバーションアップさせました。

 

 

 

 

 

 

リューズを引くと同時に、V字のバネがテンプを押さえて秒針をストップさせ、同時にハンマーがハートカムをたたき、スモールセコンド針が帰零する仕組みです。

ケースバックには限定製作シリアル番号 001/100~100/100が刻まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

このモデル1本を仕上げるのに要する手作業の工程は約30におよびます。文字盤は極めて美しいホワイトエナメル(グランフー)にアラビア数字、線路をイメージしたレイルウエイモチーフの分目盛があしらわれています。更に色彩が鮮やかなブルースチールの各針は、かつて名声を誇ったランゲの懐中時計を彷彿とさせます。
通常モデル1815に比べ、ケース厚は0.2mm厚くなっています。

 

 

 

 

 

トゥールビヨン テンプ受けにはハンドエングレービングが施され、秒針車の受け石になったダイヤモンドが煌めきます。

ご興味ございます方は、お問合せ下さい。

カミネ 旧居留地店
T E L :078-325-0088
Email:kyukyoryuchi@kamine.co.jp

その他、A.ランゲ&ゾーネの商品はコチラ↓
A.ランゲ&ゾーネ

 

A.ランゲ&ゾーネ1815トゥールビヨン(エナメルダイヤル)

 

 

 

 

 

 

 

 

世界限定100本プラチナケース
ケース直径:39.5mm
ケース厚: 11.3mm 手巻き
パワーリザーブ :72時間
参考価格:¥23、252、400(税込)
ゼロリセット機構付き

時計製作の聖地・ヴァレ・ド・ジュウ。神々の手により製作されるローマン・ゴティエのタイムピース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファクトリー訪問レポート。迫真の製作過程をご覧ください。

 
ファクトリー内では、最新鋭のCNC旋盤がずらりと並び超複雑なパーツの切削をしています。

 

 

 

 

 

 

 

シャネルの資本参加による設備投資で高度に拡張した製作現場を見に行ってきました。
(今後ローマン・ゴティエ社は、益々ブランドとして安定感を増すことになります)
CNCマシーンは、ほとんどが日本製の最新工作機械。

さまざまな高級ブランドからパーツ製造を請け負っているので、高品質な長い鋼材から大量のパーツを切り出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

世界の有名コレクターからも高い評価を受けるローマン・ゴティエの群を抜いた仕上げ作業。
決め手となる「ハンドフィニッシュ」を最後に施すのが、このジャンシャンという高山植物。ジュウ湖畔に自生するリンドウ科の一種です。

 

 

 

 

 

 

 

 

乾燥させた茎に研磨剤をつけ、金属を特殊な技で長時間かけ鏡面に磨き上げるのに使用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完璧に仕上げられた各パーツを組み上げる時計師は、元BP社の有名なグランドコンプリケーション「1735」の製作責任者パトリックマルタン氏。(スイス時計業界では有名)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6大機構と呼ばれる「ウルトラスリム」「ムーンフェイズ」「永久カレンダー」「スプリットセコンド・クロノグラフ」「トゥールビヨン」「ミニッツリピーター」を1本の時計に集約させた歴史的に高名なこのモデルは、BP社の創業年をその名に冠す「1735」グランドコンプリケーション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、ロジカルワンの製作工程の一部をご紹介いたします。
際立ったケース製造技術もゴティエ社の特徴です。ロジカルワンのケースは、歪みの無い最高のポリッシュ仕上げを施します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドフィーヌ針 (これはコレクターからの特注品です)

 

 

 

 

 

 

 

 

WG製で針のシェイプ、長短針の長さのバランス、厚み、山の背の角度、全て古典的ながら完璧な作業です。

 

綿密な設計図が存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローマン・ゴティエエナメル文字盤。これはブラックエナメル。(グランフー)

 

 

 

 

 

 

 

 

研ぎ跡の無いツルツルの黒エナメルにインデックスのフォント、サイズ、色 すべてが完璧です。
最高レベルのクオリティーに仕上がったエナメル文字盤はヌーシャテルに住む女性作家の仕事です。

 

ロジカルワンの特徴であるチェーンフィジーのチェーン

 

 

 

 

 

 

チェーンのリンク部分はルビー製で駆動伝達の摩擦ロスを軽減し視覚的にも非常に美しいものです。


ムーブメント

 

 

 

 

 

 

 

 

地板の色(ロジウム)、歯車の色(YG)、限定ナンバーのプレートの色、字の彫り、インク入れ、全てひとつひとつ、入念に作り込まれます。

 

組みあがったムーブメントは各パーツが活き活きと煌いており、素晴らしい仕上がりでした。

 

 

 

 

 

 

性能も含め、マルタン氏の自信の逸品に仕上がります。

 

修理用の予備ケース

 

 

 

 

 

 

 

 

長期に亘る先々のメンテナンスを視野に入れて、高級メゾンの殆どは、先々の修理用に様々な予備パーツを作ります。

 

工作機械で切り出したパーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、まだ真鍮製の仮パーツを作ります。それにそって適正なネジを製造し、磨き上げていきます。

 

 

 

 

 

 

寸法は実際のサイズ。

 

 

極小のピニオン系パーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さまざまな形状の歯車。

 

 

 

 

 

 

これらが精密に組み上げられ、輪列を形成していきます。

 

 

 

 

 

 

 

【まとめ】

ローマン・ゴティエ氏は独自の設計理論と抜きん出た審美眼を持ち、それらが見事に融和したムーブメントを作り上げるインディペンデントメゾンを統括しています。
BP社の有名なグランドコンプリケーション「1735」の製作責任者や凄腕のマイスターが工房にはずらりと揃います。
かの有名なスイス時計界・マイスターの第一人者フィリップ・デュフォー氏も太鼓判を押す人物です。

 

 

 

 

 

 

 

代表作のロジカルワン2013年にGPHGメンズコンプリケーショングランプリを受賞するなど大変な評価を得ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローマン・ゴティエのアトリエは、窓一杯からジュラ地方の陽光がふりそそぐ最高の環境です。

そこで、部品のひとつひとつが製作され、各パーツを組み上げ、ひとつの高級時計として世に送りだされるのです。

 

 

 

 

 

 

 

是非、その素晴らしい現品をご試着下さい。

カミネ 旧居留地店

その他の商品はコチラ↓↓↓

Romain Gauthier

パテック フィリップ 5235G-001

レギュレーター表示 年次カレンダー
パテック フィリップ 5235G-001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年に発表されましたが、生産数、入荷数とも非常に少なく、極めて稀少なモデルです。
ケース径:40.5㎜、K18WG、自動巻防水:3気圧

 

搭載されるムーブメントは、「31-260 REG QA」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見cal.240のように見えますが、全くの別物です。
シリコンを主な素材としたひげゼンマイと脱進機を採用し、振動数は毎時23040振動
パテック フィリップには珍しいハック機構(秒針停止)付き。
この珍しい振動数がムーブメントを語る奥深さとなり、いわばパテック フィリップが2005年から行っているアドバンストリサーチの2018年までの進化形と言えます。

シリシリウム使用パーツ
ひげぜんまい:Spiromax®(スピロマックス)
ガンギ・アンクル:Pulsomax®(パルソマックス)

時針、分針、秒針がそれぞれ独立したレギュレーター表示とビンテージ感のある切り立ったケースデザインもユニークな雰囲気を表現します。


 

 

 

 

 

 

 

 

3月1日だけ年に1回調整すれば、以降1年間はカレンダーが自動で切り替わる年次カレンダー。

表情は古典的な趣きながら中身は最も進化したムーブメントを搭載したこのレギュレーター5235G。

現品のユニークな雰囲気を是非、カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロアでご覧ください。

パテック フィリップの商品一覧はコチラから。

コンテンポラリーなスポーツウォッチ。その名は「Gorilla」

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク オフショアを生み出した2人のデザイナーによって立ち上げられたコンテンポラリーなスポーツウォッチ。

その名は 「Gorilla」 スイス発です。

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカンマッスルカーから着想を得た、象徴的な力強いデザインに、ハイテク素材を組み合わせ、更に驚くべきコストパフォーマンスを実現しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケースはフォージドカーボン+アノダイズドアルミ+チタン。ベゼル部はセラミック
ガラスは勿論サファイアクリスタル。

いま最も旬な素材を盛りこんでつくられる時計本体は、タフな風貌に見合った強固なものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時計のアピールポイントの第一は44㎜の大型ケースながら、ケースからベルトにつながるカービング。それは人間工学に基づいて考えられており装着感は極めて快適

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺りにも、ロイヤルオーク オフショアの設計プロセスが生きています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コアラインナップは3種
同じ素材Mixで、ホワイト、ブラック、グリーンの展開。価格は  ¥138,240(税込)

 

 

 

 

 

 

 

 

ファントムブラックアシッドグリーンには、ブラックラバーベルトが付属されます。

 

 

 

 

 

 

 

大きなリューズガードに100m防水。
水や汗を気にしなくてすむラバーベルトはこれからの季節に大活躍です。

 

 

 

 

 

 

 

 

軽くてアイコニカルなGorillaは、数々の高級時計ユーザーの方々に、ちょっと気軽に楽しめるニューフェイスです!

 

 

 

 

 

 

 

 

「Gorilla」は先月の発売以来 大人気で品薄状態ですが、カミネ・旧居留地店で取り扱っております。

こちらもClick! ➠➠➠ Gorilla


 

ヴァシュロンコンスタンタン ヒストリーク トリプルカレンダー1942

ヴァシュロンコンスタンタン
ヒストリークトリプルカレンダー1942

メゾンで培われてきた独創的なモデルのオマージュとして
ラインナップされるヒストリークコレクション。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年SIHHで発表されたトリプルカレンダーモデル。
また同コレクションの中では唯一のステンレススチールモデルが入荷しました。

 

【商品詳細】
ケース径:40mm SS
手巻き パワーリザーブ65時間
3気圧防水
ジュネーブシール取得自社ムーブメント
価格:2,332,800円(税込)

 

 

 

 

 

 

 

ヒストリークコレクションは生産数が少ないため、
今回初めて店頭に並びました。

 

1942年に発表された実用コンプリケーションモデル
リファレンス4240”から着想を得たトリプルカレンダーデザイン。

特徴的な鉤爪型のラグとケースサイドの3列の溝(ゴドロンデザイン)により
40年代の特徴的な意匠が随所に盛り込まれています。

2トーンで仕上げられたダイヤルカラーも古典的な意匠の1つ。

 

小窓配置の曜日・月表示
外周部のポインターデイトや、時分針のハンド
分針が非常に細く作られ、多種に及ぶ表示ですが
非常に視認性の高いデザインになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャリバー4400QCは
ヒストリークアメリカンにも搭載される4400をベースに
コンプリートカレンダーを搭載した自社開発キャリバー。

 

パワフルなトルクを生む香箱により、65時間のパワーリザーブを誇ります。

 

商品はカミネ 旧居留地店
ヴァシュロン コンスタンタンコーナーへお立ち寄りください。
カミネ 旧居留地店へのアクセスはコチラから

カミネ 旧居留地店 078-325-0088

 

初夏のスイス ジュラ地方 ある伝統的時計師のバースデーパーティ

 

6~7月は、ジュネーブのTOPシーズン。

到着翌日の朝、長い間 毎年訪れていますが、こんなに清々しく美しいジュネーブは初めての事でした。

 

 

 

 

 

 

 

その日ジュネーブを後にして今回の出張目的である、時計の聖地と呼ばれるジュウ渓谷に向かいました。

 

ジュラ地方の美しい山岳地帯を走るドライブウェイは、土曜日という事もあって上り下りと頻繁にサイクリングしている人々が多数見られました。

 

 

 

 

 


 

地域柄 それらの人々は時計師が多く、地元では間違っても対人事故を起こさない事(賠償額がとても大きい為)と言われています。

車ですれ違うドライバーは、皆さん 細心の注意で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のスイス 弾丸出張の理由(わけ)をお話ししますと、

ある日、「シークレット」を合言葉に一通のレターが届きました。

ある有名な伝統的時計師のご夫人によりバースデーパーティが、サプライズで計画されたからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時計師とはこの人。

この6月で70歳を迎えたフィリップ・デュフォー

 

 

 

 

 

フィリップ・デュフォー氏は、かつて何度かカミネにも来て頂きました。

 

 

 

彼の代表作は、シンプリシティ 

 

 

 

 

 

 

今では幻のような時計となりましたが、2000年前後から2007年位まで、年産約15~20本程製作され、僅かなタイムピースが世界に送りだされました。

2007年頃から製造されなくなっており、世界中から多くの要望を受けながらも手には入らない状況になっています。

入手するのはオークションでごく稀に出たものを落札するしかなく、程度の良いもので数千万円にもなると言われています。

シンプリシティ

ケース径:

34㎜ K18PG/K18WG/Pt

37㎜ K18PG/K18WG

手巻き パワーリザーブ40時間

脱進機 レバーエスケープメント

髭ゼンマイ、ブレゲ巻上げ髭、

振動数:18,000/hour

 

 

フィリップ・デュフォー氏は、スイスで多くの技術者から最も尊敬を受ける時計師として名前を上げられる人物で、その作品は古典的技法で全て手造り、手仕上げで製作され、ジュウ渓谷を発祥とする伝統的時計製造を継承していこうという活動に共鳴が集まります。

 

日本でかつてこの時計を扱ったのは、東京・シェルマンとカミネのみで、幸運にも手に入れられたカミネのお客様はごく僅か。

カミネに対しても、100周年の歴史にオマージュを頂き、プラチナ製シンプリシティをピースユニークとして製作頂きました。(非売品)

 

 

 

 

 

そして、ようやくジュウ渓谷とある目的地に到着。

会場へのエントランスには、レッドカーペットが。

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティはサプライズという事で、どんな事になっているのかと思っていましたが、パーティ会場は数年来クローズしていたこの地方では一番の「Grand Hotel du Pont」

それを地域の人達が皆で協力して整備したとの事。

 

 

 

 

 

 

 

ホテルの前庭にはデュフォーさんのバースデーに世界中からかけつけた100名以上のゲストが賑やかに集まり、名だたるウォッチメーカー、世界有数のコレクター、ジャーナリストやディーラーのオーナーなどと対面しました。

 

 

 

 

 

 

 

クロワゾネの第一人者のアニタ ポルシェさんや、エングレーバーのキース エンゲルバード。 (シンプリシティのシースルーバックから見えるロゴプレートは彼のエングレーブです)

他に時計師のカリブティ ライネン、ピータースピークマリン、ショパール社 社長のK.F.ショイフレ夫妻

グルーベル・フォルセイとフィリップ・デュフォーのダブルネームのガルドタンを製作したミッシェル・ブーランジェなど、多彩を極めるものでした。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レセプションにはスイスの風物詩でもあるカウホーンによるセレモニーと共にアペリティフライブが盛りこまれます。

 

 

 

 

 

 

歌っているのはデュフォーさんのお嬢さん

時計師の勉強の傍らの趣味ながら、見事な歌唱力。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場でばったり出会ったローマン・ゴティエ夫妻。

 

 

 

 

 

 

 

その直後にはカミネにやってきて、イベントを開催して頂きました。

彼の実直な人柄は、フィリップ・デュフォーさんから信頼、評価されている愛弟子ともいえる由縁です。

 

 

 

 

この方は、私が若いころ何度も見に行ったスイス・チューリッヒの名店「BAYER」の8代目オーナー。

 

 

 

 

 

 

 

BAYER の店内にあるパテック フィリップの私設のミュージアムは有名です。


そして、御祝と共に敬愛するフィリップ・デュフォー氏とツーショット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりと暮れていくジュラ地方。

ジュウ湖が夕焼け空を神秘的に照らします。

 

 

 

 

 

 

 

夕陽を背影にデュフォー氏。 お決まりのパイプをくわえるショット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全て、奥様と娘さんが9ケ月かけて手作りで企画、準備したパーティは和やかに進行。

 

パーティ中にも地元業者による花火やライブ、似顔絵の絵師、過去を振り返る動画の放映などで、その後 延々と夜中まで続きました。

 

 

 

 

 

 

翌朝は、早朝にはジュラ地方を出発。

ジュネーブ空港から帰途に。

 

 

 

 

 

 

実に中味の濃い 2泊の弾丸ツアーが終了。

 

 

 

 

 

 

 

機内から見えたジュラ地方

ジュウ湖とその先にある印象的な切り断ったナイフのような小高い山。

その尖った山頂には、名物フォンデュのお店があるとか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティの模様はこちらをClick↓↓↓

Philippe Dufour 70th Birthday

 

 

 

 

 

 

 

 


 

ショパールL.U.C. フルストライク

ミニッツリピーター クリスタルゴング。

その音色は上質なワイングラスをシルバーのナイフで軽く打ち鳴らすかのようなエレガントで力強い響きです。

現代、人間の手で生み出される精密機器の中で、最も複雑で製作が難しいものの一つが、ミニッツリピーター付き腕時計だと思います。

こちらの動画をClick! ↓↓↓

ショパールL.U.C フルストライク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニッツリピーターは製作が極めて困難なため、生産数がごく限られている上 コピー、いわゆる贋作を作ることが出来ません。

その機構は 電燈のない中世の時代に「時」を知る為に製作されましたが、芸術品としての価値は、現代そして将来にわたって益々高まっていくと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このL.U.C.フルストライクは、開発に何年もの時間を要し、革新的なメカニズムとなりました。

 

そのひとつとして、より美しく大きな音量を追求するため、ハンマーが打ち鳴らすゴングに硬質でにごりのない最高品質のサファイヤクリスタルが採用されました。

 

 

 

 

 

クリスタルの特性により、高音質のミニッツリピーターが完成したのです。

 

リピーターの奏でる音質は、徹底した調律作業が行われるなど、専門のエンジニアにより何年もかけて開発され、時間、分、音色を完全な周波数で正確に打ち鳴らし、リズミカルかつ正確に時を知らせます。

 

 

 

 

 

従来のミニッツリピーターは、ケースサイドに溝を切りスライドレバーをつけていましたが、この時計の特徴は、スライドレバーのかわりにリューズに装備されたプッシュボタンを押すことで、リピーター(リピティションミニッツとも言います)をスタートします。

 

 

 

 

 

 

 

 

それにより、リピーターのこれ迄の課題であった防汗性を飛躍的に向上させたのです。

 

この時計は、ジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリ2017 を受賞しました。

それは、金の針賞(”Aiguille d’Or” Grand Prix)と言って、

毎年、最も権威のある賞として厳正なる審査により贈呈されます。

正に、ショパール マニファクチュール 設立20周年を飾る、記念すべき時計になりました。

 

 

 

 

 

※写真中央のトロフィーを掲げる男性が、ショパール本社のC.F.ショイフレ代表です。

 

この逸品の音色を実機を手に取って、カミネで是非ご体感下さい。

ショパール L.U.C フルストライク

Ref.161947-5001

 

 

 

 

 

 

 

 

K18RGケース(42.5mm)(フェアマインドゴールド)


手巻き(Cal.L.U.C 08.01-L)

パワーリザーブ約60時間/2万8800振動/時

ジュネーブシール取得/30M防水

No.15/20本限定/¥32,443,200(税込)

カミネ トアロード店にございます。

こちらも是非、ご覧ください。↓↓↓

L.U.C.フルストライク