Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

伝統を受け継ぐ、パテック フィリップ「カラトラバ」とは?

このモデル名「カラトラバ」とは、12世紀から15世紀にかけて活躍したスペインのカラトラバ騎士団に由来します。

十字架と剣と百合のデザインをモチーフとしたカラトラバ十字は騎士道精神を表現し、常に最高の時計を作ろうとするパテック フィリップの精神につながります。

初めてカラトラバが作られたのは1932年。
「機能がフォルムを決定する」というバウハウスの思想に影響を受けたそのデザインは今も変わらず受け継がれています。

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロアにはカラトラバコレクションを多彩に取り揃えております。

是非ご来店の上、お手に取ってご覧ください。

【年末年始の営業のごあんない】
12月31日(水)から1月2日(金)までお休みをいただきます。
年始は1月3日(土)より通常営業いたします。

パテック フィリップ・フロア ブログをはじめました。

本日よりカミネ トアロード店2Fパテック フィリップ・フロアブログをはじめます。
今年創業175周年を迎えた世界最高峰の時計ブランド。
その魅力を少しでもお伝えできれば!と思っております。
第1回目としてご紹介する時計はカラトラバ、Ref.5196R-001です。

クラシックなラウンド型腕時計の模範と称されるカラトラバがはじめてつくられたのは1932年。
「機能がフォルムを決定する」というバウハウスの思想に影響を受けたそのデザインは今も変わらず受け継がれています。

ローズゴールドの上品な質感とメタリックな文字盤。
ケースサイズは37mm。 竜頭にはブランドの象徴とモデル名でもあるカラトラバ十字が配されています。
ムーブメントは手巻きのCaliber 215 PSを搭載。
カレンダー機能はなく、シンプルな2針+スモールセコンドとなっています。

私の個人的なイメージですが、最近のパテック フィリップの傾向として手巻きより自動巻きの生産数が多くなっていると思われ、このモデルも入荷数が非常に少なくなってきています。

是非店頭にて一度お手にとってみてください。
Ref.5196R-001 ¥2408400(税込)
ここで告知を1点。
2015年2月1日より値上げが決定しております。
全体的に約5%弱の値上げ幅となっております。
上記のモデルは2月1日から¥2516400(税込)となります。

ご検討いただいている方はご注意ください。