Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

BASEL2015 5905P-001

2015年バーゼル発表最新作の5905P。

年次カレンダークロノグラフという点は従来の5960と同じ機構を搭載していますが、変更点がいくつかございます。

ケース外見上の変更は、クロノグラフのプッシュボタンが丸型から角形に。
ケースサイドはラグの部分に少し窪みを付けて、サイドからの印象をシャープにしています。

文字盤上の変更はパテック フィリップのロゴの上にあったパワーリザーブ表示がなくなり、また5990(ノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ)からの流れで、インダイヤルの12時間針がなくなり、スッキリとしたデザインになりました。

プラチナ製の証、6時側ラグ間にダイヤモンドが配されています。

税込予価¥8920800は5960のプラチナモデルよりも価格が抑えられていることを考えますと、イチ押し商品と言えると思います。

年次カレンダークロノグラフ
Ref.5905P-001

・自動巻きムーブメント
・キャリバー CH 28-520 QA 24H
・年次カレンダー
・クロノグラフ
・60分計
・曜日、日付、月を窓表示
・昼夜表示
・ブルー・ソレイユ文字盤、ゴールド植字インデックス
・サファイヤクリスタル・バック
・プラチナ仕様
・ケース径:42mm
・3気圧防水
・¥8920800(税込予価)

2015 BASEL パテック フィリップ

バーゼルワールドよりカミネスタッフが帰ってまいりました。
今年の新作も素晴らしいものばかりです。

スタッフが持ち帰った2015年版カタログと2015年新作冊子です。
中身は・・・

この様な形で各新作の写真とモデルスペックが詳細に載っています。
この中からカミネスタッフお勧めの最新作をご紹介いたします。

Ref.5711/1R-001 予価¥5821200(税込)
ローズゴールドでは初めてのコンプリケーション機能を持たない紳士用ノーチラス・モデルです。
現地で見たスタッフも絶賛しておりました。ご予約必須のモデルとなると思います!

Ref.5524G-001 予価¥5432400(予価)

直径42mmの大型のホワイトゴールドケースにデュアル・タイムゾーン機構を搭載した新しいカラトラバ・パイロット・トラベルタイムです。
パテック フィリップにはとても珍しいアヴィエーター・ウォッチです。

Ref.6000G-012 (上) 予価¥3196800(税込)
Ref.5124G-011 (下) 予価¥3110400(税込)

既存のモデル、カラトラバとゴンドーロにそれぞれダイヤルのカラーバリエーションが増えました。
ブルー・ソレイユの文字盤がとても鮮やかです。

これにマッチするダークブルーのアリゲーター・バンドが装着されています。

Ref.7118/1A-001 予価¥2840400(税込)新しくなった婦人用ノーチラスは35.2mmとわずかにサイズが大きくなりました。ムーブメントは紳士用と同じく自動巻きのキャリバー324 S Cを搭載。男性でも十分に着けていただけるサイズになっています。

どれも入荷が今から楽しみなモデルばかりです。

Ref.5296G-001

カラトラバ・シリーズといえばパテック フィリップを代表するタイムピースとなります。その中でも少しユニークな文字盤のモデルをご紹介いたします。

Ref.5296G-001です。

ケースの形は38ミリのラウンドで非常にシンプルですが、文字盤が特徴的なモデルになります。こちらのモデルのオリジナルは1934年に誕生した「Ref.96 SC」で、センターセコンドのタイムピースでした。当時、スモールセコンドが一般的で、センターセコンドは高度なムーブメント技術の証でもありました。

独特な文字盤デザインは、内側から外側に向かって時間・分・秒目盛が配置されていますが、とりわけセンターセコンド針に対応するシュマン・ド・フェール(レール)型目盛りは印象的です。

1/5秒間隔で細かく描かれたこの目盛りは、秒単位で正確に時間を表示する精密さを象徴するものでした。

そのデザインは「Ref.5296」にも忠実に受け継がれ、ここにもカラトラバの美学を継承するタイムレスなエレガンスが息づいています。

カラトラバ
Ref.5296G-001

・自動巻きムーブメント
・キャリバー 324 S C
・センターセコンド
・2トーン・シルバー文字盤、ブルー・インデックス
・サファイヤクリスタル・バック
・ホワイトゴールド仕様
・ケース径:38mm
・3気圧防水
・¥3078000(税込)

生産終了予定モデルについて

店頭で見かけて気に入ったパテック フィリップを購入するため、来店した時にはショーケースに並んでいなかった。そんなことはございませんか?

パテック フィリップは生産数が少なく、希望のケース素材、ダイヤルカラーがすぐに入荷するとは限りません。国内在庫がなく、注文から1年待ちというケースもあります。

そのモデルが生産中止となっていたら、、、

このためパテック フィリップで欲しいモデルがありましたら当店スタッフにお気軽にご相談ください。生産終了予定のレアアイテムであっても念の為在庫を調べることができますし、「このモデルは近々生産終了予定」といった情報、価格改定の情報もお伝えできるかもしれません。

参考までに2015年度の生産終了予定モデル(2015年2月1日~2016年1月31日)をご案内いたします。

ゴンドーロは下記の2モデル
・5098P-001
・5124G-001

グランドコンプリケーション、コンプリケーションでは素材違い、ダイヤル違いが多いようです。
・5140P-001
・5140R-001
・5204P-001
・5207P-001
・5496P-001
・5396/1G-001
・5396/1R-001
・5131J-014
・5131G-010

ノーチラスではゴールドのコンビネーションモデルが生産終了予定です。
・5712GR-001

またカラトラバではレディースのブレスレットモデル等が生産終了予定となります。
・6000G-010
・7119/1G-010
・7119/1J-010

本年度は多くのモデルが生産終了となる見込みです。
すでに入荷が見込めないモデルもございます。

以前に書きましたが、(公式発表はされておりませんが)
パテック フィリップの年間生産本数はおよそ5万本とされています。
オメガやロレックスなどのメジャーブランドは100万個レベルと言われる中、
わずかその5%程なのです。

定番人気モデルとされているカラトラバでも、ごくわずかな数しか作られていません。

僭越ながら、お気に入りのパテック フィリップのタイムピースを入手する近道は、
やはり経験の長い正規品専門店との上手な付き合い方にあると思います。
お気軽にお声掛けください。

懐中時計 972/1J-010

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロアに大変珍しい時計が入荷しました。

今回ご紹介するのは腕時計ではなく、入荷数が極めて少ない懐中時計です。

現在では製造しているメーカーは少なく、また製造していても入荷することが殆どない懐中時計。

パテック フィリップでは、400年以上にわたりジュネーブの洗練された高級時計製作を特徴づけてきた希少な芸術の証である複雑、もしくはシンプルな懐中時計を毎年数点製作しています。

こちらの時計はユニークピースではありませんが、私共に入荷するのはおそらく年間でこの1点のみになると思われます。

時計としてはとてもシンプルな作りで2針プラスセンターセコンド、ゼンマイの残量を示すパワーリザーブ表示付です。

機械はもちろん懐中時計専用のムーブメントが入っており、44ミリケースにあったサイズが搭載されています。

店頭では写真のように展示しています。
ちょっとした仕掛けもございますので、是非店頭にてお確かめください。

珍しい懐中時計を探されている方がいらっしゃいましたら是非お声かけください。
自信を持ってお勧めできる一品です。

ポケットウォッチ
Ref.972/1J-010

・手巻きムーブメント
・キャリバー17”’ LEP PS IRM
・スモールセコンド(6時位置)
・パワーリザーブ表示
・オープンフェース・ケース
・イエローゴールド仕様
・ケース径:44mm
・¥4644000(税込)