Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

パテック フィリップ・フロアの奥の壁には、3枚の写真が飾られています。

 

 

 

 

 

 


ご存知の方も多いかと思いますが、これらはすべて過去のパテック フィリップ・マガジンの表紙に使われていたものです。

こうして、額装にしても見劣りしないほど芸術的で、クォリティの高い写真ばかりです。

パテック フィリップ・マガジンは年に2回発行され、パテック フィリップのオーナーにスイスから直接 届けられますので、書店などで手に入れることはできません。

是非、オーナーになってマガジンをご覧ください。

◆Click ⇒ パテックフィリップ・カタログ

カミネ トアロード店2F
Open.10-30-19:30(5月28日29日休業)
Tel.078-321-0039

パテックフィリップ カラトラバ5119G-001

カラトラバでもお勧めモデルが入荷しています。

クルドパリベゼルが美しい5119のWGモデルです。


人気があり入荷数も少ないので、なかなか店頭に出にくいモデルの一つですが今回久しぶりに並びました。
純白の文字盤も本当にきれいです。

 

 

シンプルなものほどごまかしがきかないものですが、これは間違いなく納得してもらえると思います。
是非店頭でご覧下さい。

価格:¥2,613,600(税込)

◆Click ⇒ パテックフィリップ・カタログ

 

パテックフィリップ ゴンドーロ 5200-001

2013年に新作として発表されたものの、なかなかデリバリーされなかったモデルが、ようやく入荷し店頭に並んでいます。

 

このモデルの最大の特徴はロングパワーリザーブ

一杯まで巻き上げると192時間、つまり8日間動き続けます。

週に一回、例えば毎週月曜の朝に巻き上げるだけで十分です。

更にすごいのは、日付と曜日の表示が付いていて、それが夜の12時に瞬時に切り替わる事です。

一瞬で力を使う事はゆっくり使う事より難しいのですが、カレンダーの曖昧さ回避のためにはとても大事です。

ゼンマイの蓄えている力というものは、ほどけ始めが最も強く、ほどけ切る直前が最も弱くなります。

それを8日間精度を維持しながら、カレンダーを毎日瞬時に切り替えるというのは実はかなりすごい事なのです。
また、通常のゴンドーロ5124と比べるとデザインのバランスが少し縦長で格好いいです。

文字盤のブルーも何とも言えずきれいです。
是非店頭でご覧下さい。

価格:¥6,706,800(税込)

◆Click ⇒ パテックフィリップ・カタログ