Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

パテック フィリップの歴史に彩りを添えるゴールデン・エリプスが入荷

名作のゴールデン・エリプス(黄金の楕円形)が入荷しました。

3978

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデン・エリプスのWGモデル

3738/100G-012 が入荷しました。

YGモデルは青文字盤ですが

こちらは、アントラサイト・ソレイユの文字盤です。

 

3738

 

 

 

 

 

 

 

 

自動巻きにもかかわらず、この薄さ。

超薄型自動巻きムーブメント「Cal.240」が搭載されています。

ゴールデン・エリプスの特徴は、ケース形状にあります。

丸でも角でもない楕円は、華やかながら気取りのない上品さがあります。

やさしく、気品のあるこの形を表現するなら、京ことばの「はんなり」でしょうか。


3738

 

 

 

 

 

 

 

 

最も美しいと称される黄金分割法を用いてデザインされている形状。

黄金分割法とは、黄金比に準ずるもので様々な分野のデザインなどに多用される

「黄金比」は、美しく調和のとれた割合のことです。

均整のとれたフォルムは美しく、美的感覚をシンプルに表現します。

実際に人の脳は、無意識にこの比率を美しいと反応し 判断するそうです。


patekphilippe_book

 

 

 

 

 

 

 

エリプスの発表は1968年。

50年近くたっても不変のデザインは、まさに時代を超越したデザインといえます。

この1960年代後半という時代は

時計の歴史でいえばクオーツショックがおこる少し前、日本は高度経済成長期真っ只中です。

 

shutterstock_449564257

 

 

 

 

 

 

 

航空機はジェット機になり、プライベートジェットで世界を飛び回る

いわゆる「ジェットセッター」と呼ばれるリッチな人々が現れた時代でもありました。


3738

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデン・エリプスは、そういった人々の心を瞬く間に捉え、支持されるようになりました。

落ち着いたデザインの美観と、薄くつけ心地の良い機能性も起因しているのでしょう。


patekphilippe

 

 

 

 

 

 

 

 

patekphilippe

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほど不変のデザインといいましたが

このエリプス、初代と現行の間には数多くのさまざまなバリエーションが存在します。

パテックフィリップのAuthorized Biographyにも

大きさ・文字盤の色が微妙に違うものが掲載されています。


patekphilippe

 

 

 

 

 

 

 

 

このあたりの微妙な差はさることながら

クオーツモデルやレディースモデルはもちろん

ブレスレット仕様のもの、ローマ数字の文字盤、

時にはベゼルの厚みが増したもの時には段差のついたものまでありました。

変わったものでいえば、ケースを90度回転させた横長タイプも印象的でした。


3738

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、冒頭の入荷したモデルの写真でご覧いただきますが

ゴールデン・エリプスのもうひとつの特徴は、ラグをもたないケースデザイン。

ベルトは特殊な取り付け方法のため、ケースとの一体感があります。


3738

 

 

 

 

 

 

 

 

専用の尾錠もケースと同じ楕円形。

ベルトの先端も丸くなっています。

一体感が出るもうひとつの理由です。

また尾錠の片側が定革の役割を果たすため、遊革しかないのもエリプスのベルトの特徴です。


patekphilippe_cuffs

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにコレクションに合わせてカフリンクスも発売されています。

これもまた紳士のたしなみといったところでしょうか。


3978

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は私どもの社長の腕元。

長年にわたってエリプスを愛用されています。

これから薄着になる季節、革ベルトでも快適で軽やかな着用感のエリプス。

是非、店頭へご試着にいらして下さい。

 

カミネ トアロード店 2F
営業時間:10:30~19:30(5月13日14日休業)
電話番号:078-321-0039
info@kamine.co.jp
アクセスマップはこちら

カミネ 公式Facebook
カミネ 公式Instagaramはこちら
カミネ ブログはこちら

※各店にてお買い上げのお客様に提携駐車場サービスチケットをお渡しいたします。

 

1900年代の風合いを継承したパテック フィリップ 味わいのあるアイテム。

5153

 

 

 

 

 

 

 

ぽってりとしたエレガントな丸型ケース。

それに、マハラジャのターバンのような形をしたリューズ。

カラトラバ・コレクションのひとつである

5153は、どことなくノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。

 

針差替え

 

 

 

 

 

 

 

 

時間をはっきりと指し示すドフィーヌ針と

アローインデックスに際立つパテック フィリップらしさ。

パテック フィリップのドフィーヌ針の特徴はその立体感。

針の角度は、光を受けて視認性を高め、

文字盤の奥ゆきや表情にパテックらしさを演出します。

実物を手にとっていただく際は、是非斜め横からも

ご覧になってみて下さい。

 

インデックス差替え

 

 

 

 

 

 

 

 

アローインデックスは、その名の通り

矢印、山形のような形。

これもドフィーヌ針と同じく、角度により光を受け

暗いところでの視認性を高めます。

ストレートなバーインデックスと似ているようで異なります。

ほんの少しのフォルムの差で、格段に表情が違って

見えますから、小さな文字盤に秘められる時計の芸術性に

改めて面白さを感じますね。

 

ターバン型リューズ

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ターバン型のリューズ。

このリューズの周りに、裏ブタ開閉のためのヒンジ部分があります。

 

オフィサーモデル

 

 

 

 

 

 

 

 

サファイヤクリスタル・バックを

保護するカバーを開けて、美しいムーブメントを鑑賞。

パテック フィリップ社の昔からある

ポケットウォッチさながらの構造です。

こういったタイプのものを“オフィサー”モデルと表現します。

 

将校_トリミング

 

 

 

 

 

 

 

 

“オフィサー”とは「将校」の意。

1900年代初頭

戦争の近代化に伴い、いちいち時計をポケットから出していられない将校は懐中時計にラグを取り付け、

腕に巻き付けたというエピソードがあり、それが名前の由来となっています。

 

santos

 

 

 

 

 

 

 

 

腕時計の歴史上、あるブランドが飛行家から

初の腕時計製作の受注を受けたのも同じ頃。

(写真:サントス・デュモン)

ちょうど一世紀程前

人類にとって、時計を腕に着けるという発想が根付いた

のはこの時代のことでした。

 

懐中時計

 

 

 

 

 

オフィサーモデルに色濃いポケットウォッチのテイストは

リューズの位置と直線的なラグからも見てとれます。

パテック フィリップのポケットウォッチは伝統的に蓋付きのものは3時位置に、

蓋の無いものは12時位置にリューズが付きますが

これはラグを後付けするのに、3時位置にリューズがあるものの方が適していたという

フレキシブルな面と単純に文字盤を保護するためという実用的な面が起因していると思われます。

 

324 S C

 

 

 

 

 

 

 

 

カバーを開けるとパテック フィリップの誇る

自動巻キャリバー324 S Cの美しい仕上げを堪能できます。

自分だけの「愉しみ」「優越感」という感覚を刺激し

所有することへの悦びは、高級時計を所有するひとつの

大きな魅力です。

「見る事ができるのに普段は隠している」

そんな風に考えることもでき、日本人が美徳の一つとする奥ゆかしさにフィットするようにも感じます。

 

pp

 

 

 

 

 

 

開閉式の蓋というものは閉める時の感触が非常に大事で、

「パチッ」と閉まらないと何とも後味の悪いものになります。

懐中時計のフタも含め、この様式は一部分で蓋が留まっているのではなく、円周のたわみで閉まる原理です。

従って、感触が経年劣化しにくいといえます。

 

専門者

 

 

 

 

 

 

 

 

必ず「パチッ」という明快な感触とともに、フタが閉まることが

パテック フィリップ基準。

スイス本社では、最終検品で責任者が

この音と感触を確認して、初めて製品として出荷されるのです。


PP_ベルト

 

 

 

 

 

 

 

 

パテック フィリップ社特有の丸穴式フォールディングクラスプも標準装備。

このクラスプの開閉も金属のたわみを原理とします。

この丸穴式フォールディングクラスプは開閉の快適な感触に加え、脱着時のベルトのいたみも軽減。

取り外しで誤って落下させてしまうリスクを防ぐこともできます。

 

pp_バックル


 

 

 

 

 

 

パテック フィリップのフォールディングクラスプは

時計全体に一体感を生み、高級感を演出します。

アクセサリーパーツとして、このフォールディングクラスプは

勿論別途ご用意しております。

バックル

 

 

 

 

 

 

 

 

お手持ちのパテック フィリップのバックルを

このタイプへご変更を検討される方も、是非

お気軽にご相談下さいませ。

写真はトアロード店2F パテック フィリップ・フロアより

 

pp

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、パテック フィリップ 5153をご紹介しました。

是非、店頭へお気軽にお立ち寄り下さい。

ご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

 

カミネ トアロード店 2F
営業時間:10:30~19:30(5月13日14日休業)
電話番号:078-321-0039
info@kamine.co.jp
アクセスマップはこちら

カミネ 公式Facebook
カミネ 公式Instagaramはこちら
カミネ ブログはこちら

※各店にてお買い上げのお客様に提携駐車場サービスチケットをお渡しいたします。