Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

夏場の革ベルトのお手入れについて

連日 暑い日が続いています。

夏本番となり、汗をかくこの時季は時計にとっても辛いシーズンです。

しかしながら、革ベルトなどマメな手入れによってかなりクリアできます。

 

革ベルトのモデルが圧倒的に多いパテック フィリップ。
汗をかく夏場の使用はどうしても気を使ってしまいますね。

革ベルトが汗を吸ってしまいますので、やはり暑い季節は可能であればベルトの穴を一つ緩めてお使いになりますと時計が密着する息苦しさからも解放され、より快適に使用していただけます。

そして汗をかいてしまった時には、できるだけ速やかに柔らかく乾いた布で拭くようにしてください。少しでも長持ちします。

 

 

汗を多くかいてしまった場合、毛細管現象により汗がステッチの糸に伝わり、表側に染み出てくることがあります。

汗染みは濃い色だとあまり目立ちませんが、明るめの色だと目立ちますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

ベルトの長持ちを考えた場合、やはりホールディング・バックルが威力を発揮します。

その理由は、装着時の革ベルトをバックルに通して絞る煩わしさを解消するだけではなく、ベルトの割れや折れもカバーするからです。

 

 

 

時計のベルトは、直接腕に巻かれ肌と密着するものですから、どうしても使用しているうちに劣化してきます。

新しいベルトと交換とまでいかなくても、カミネでは経験に基づいた専門的な処方でのお手入れも可能です。

 

 

 

 

 

 

ベルトの状態によって、最適の選ばれたミンクオイル、クリーム、ツヤ出しクリームをそれぞれ使い分けます。(状態によりお受けできない場合がございます。ご了承ください)ツヤ有やツヤ無等、表面の仕上げによってお手入れに使用する材料も変わります。

 

 

 

 

 

 

ベルト交換は時計そのものの表情を一変させます。カミネでは多種多様なベルトのお取扱がございます。(オーダー、カスタムメイドなど)純正ベルトをはじめ、海外メーカーのもの等、パテック他あらゆる時計にぴったりな色合いを厳選してお勧めいたします。

お気軽にお問合せ下さい。

ベルト取付けの際は、ご希望により軽いポリッシングも承ります。

以上、ベルトのことならいつでもお気軽にカミネにお越しください。

 

 

カミネ トアロード店2F
Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)
※7月29日(土)は全店18時30分閉店とさせていただきます。

 



 

パテック フィリップ・ミュージアムについて

 

 

 

 

 

 

スイス ジュネーブにあるパテック フィリップ本店からほど近くにパテック フィリップ・ミュージアムがあります。

 

 

 

 

 

 

 

4階まであるこのミュージアムには、創業からのパテック フィリップのタイムピースと、16~19世紀に渡る時計またはオートマタの作品資料が展示されています。

 

 

 

 

 

 

このミュージアムの凄いところは、展示されている1点1点の時計の全てが完全に機能するということです。日々、丹精込めて手入れがされているのです。見る価値は十分にあります。

入館料は10スイスフランですので、大体1,000円くらいでしょうか。

 

 

 

 

 

 

もしジュネーブに行く機会があれば、ぜひ一度見学されては如何でしょうか。

ただ一つ気を付けなければならないのは、

開館時間が

火曜日から金曜日は、午後2時~午後6時
土曜日は、午前10時~午後6時
日曜日、月曜日、
祝日は閉館

ミュージアムにも関わらず、この短いオープン時間。 では、他の時間は何をしているのかと言うと、コレクションの修復作業に充てているようなのです。


 

 

 

 

 

 

そしてこの約2,000点におよぶ膨大なコレクションのほぼ全てがフィリップ・スターン名誉会長の所有物であるということにも驚かされます。

 

 

 

 

 

 

フィリップ・スターン氏は80歳近くなってもまだまだ快活でこのミュージアムにもよく顔を出されているとか。

時計をこよなく愛するパテック フィリップのDNAを感じさせるお話です。

 

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロア
Tel.078-321-0039
Open.10:30-19:30
※7月29日(土)は全店18時30分閉店とさせていただきます。