Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

パテック フィリップの美しいコースター

あまり知られていませんが、パテック フィリップからノベルティとして出ている特製コースターが届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コースターとしてはとても高価なものですが、美しさに思わず額装して飾りたくなりました。

 

コースターに描かれた美しい懐中時計の数々。

 

 

 

 

 

 

 

スイス・ジュネーブにあるパテック フィリップ・ミュージアムから飛び出してきたかのような美しさ。

歴史的なパテック フィリップの懐中時計はひとつひとつが絵画のような芸術品です。

 

この時計は、1909年のもので、白エナメルの文字盤に装飾入りの針。

 

 

 

 

 

そして時計本体はYGギョーシェ彫りをしたうえに透明のブルーグレー・エナメルを施し、プラチナとホワイト・エナメルの極めて緻密な細工にダイヤモンドが散りばめられています。

 

これは1898年のもので、オープンフェイスの提げ時計。

 

 

 

 

 

当時の恐らく高貴な貴婦人のものだったのでしょう。

表裏一体化された彫金細工、そしてターコイズ・ブルー・エナメルに細密画が描かれています。

文字盤はホワイトエナメルに手書き文字。

それに当時 職人達が技術を競い合った、美しく装飾された針がセットされ、それは大変素晴らしいものです。


 

エナメルの絵柄が特に美しいこの懐中時計は、1940年のもので、YG製

Ref.723 手巻きムーブメント Cal.17。


 

 

 

 

 

 

 

クロワゾネダイヤルに12星座のひとつ、魚座のシンボルが描かれ、海の神 ポセイドンの槍や剣が長短針にデザインされています。

3.6.9.12時はオパールをうめこんだインデックスがあしらわれています。

小秒針付の3針です。

 

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロア

Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30

 

 

 

 

 

 

 

パテック フィリップの懐中時計

 

 

 

 

 

 

 

以前「カラトラバ・オフィサー」のことをブログで書きましたが、男性用の腕時計が普及し始めたのは1900年代初頭(女性用はそれよりも前と言われています)それ以前には携帯できる時計と言えばこういった懐中時計しかありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、高級時計メーカーでも懐中時計を製作しているところはほとんどありませんが、パテック フィリップは長年の伝統に忠実な懐中時計を少数ながら製作し続けています。生産数が極僅かのため販売店に在庫があることは先ずありませんが、カミネにはこちらのモデルが店頭にございます。

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら、シースルーバックではないので見ることはできませんが、ムーブメントは径38.65mmもある懐中時計専用のもので44.1mmのケースにいっぱいに詰まっています。腕時計用のムーブメントを転用せずに専用ムーブメントを作っているところが、パテック フィリップらしいこだわりだと思います。

懐中時計にシースルーバックが少ない理由として、懐中時計としてポケットに入れるため、ガラスの耐久性の問題に加え、腕時計でもシースルーバックでムーブメントを見せ出したのはここ10年から15年くらいのことで懐中時計全盛の頃にはそもそもその概念がなかったからではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが使用されているムーブメントCal.17’’’LEP PS 1RM
18,000振動/時のロービートでパワーリザーブは、約36時間です。

腕時計と比べて、やや大きめのリュウズを回すと、ゼンマイを巻き上げるときのコハゼが効いたパリパリという音がして、その感触は何とも言い難い温かみがある印象が体感できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして懐中時計と言えば、やはりチェーンが必要ですね。現行のパテック フィリップの懐中時計には、全てケースと同素材のチェーンが付属。

カラトラバ・マークもしっかりと入っています。チェーンを装着することでポケットから取り出しやすく、落とす心配も少なく、何よりそれがお洒落のアクセントになります。

 

 

 

 

 

 

リュウズが12時と3時の違いについて、懐中時計は蓋が付いているものは主に3時に蓋を開閉するプッシュの付いたリュウズが配されます。これは手の平に乗せた時にプッシュして蓋を開け、直ぐに時刻が読み取れることが理由だと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

(パテック フィリップ インターナショナルマガジンNo.12より)

このようにスリーピースのベストから懐中時計(ポケットウォッチ)を取り出して時間を見る所作は、ジェントルマンの雰囲気に満ち溢れたイメージになりますね。

是非、カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロアでお試しください。

 

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロア
Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)


 

ノーチラスの魅力

 

 

 

 

 

 

人気のノーチラス・コレクションですが、その一部の57125726についてのご紹介をします。

 

 

 

 

 

 

 

どちらも革ベルトタイプのノーチラス。

左が5712(K18WG製)で、右は5726A(ステンレス製)になります。
ダイヤルデザインは、5712がアシンメトリカル(左右非対称)であるのに対し、右の5726はシンメトリカル(左右対称)で、お好みは分かれると思いますが、どちらもとても良いレイアウトバランスです。


 

 

 

 

 

 

 

 

5712は、パワーリザーブとカレンダー、ムーンフェイズ、スモールセコンドが搭載されており、視認性良く表示されています。

私共ではこの時計を通称プチコン(プチコンプリケーション)と呼んでいます。
ノーチラス シリーズの文字盤は専用の日光の反射を抑えるための段差が付いたもので、色は“スレート グレー”で、メンズのノーチラスの中では唯一防水性能が6気圧になっています。(他のモデルは12気圧防水になります。)


 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの5726は年次カレンダーを搭載しています。
2月以外の30日までしかない小の月を自動で判別してカレンダー送りをします。
文字盤の色は、カタログでは“ブラック”となっていますが、グラデーションが掛かっており、真っ黒ではありません。(フュメダイヤル)防水性能は他のメンズ・ノーチラスと同じで12気圧になります。


 

 

 

 

 

 

暑い季節にも安心な防水仕様の“ノーチラス・コンポジット・ベルト”が両モデルに付属していますので、季節によってお使い分け可能です。

付け替えは、店頭にお持ちくださればいつでも対応させていただきます。お気軽にお申し付けください。


 

 

 

 

 

 

ノーチラスのファーストモデルの発表は今から41年前の1976年
デザイナーは天才ジェラルド・ジェンタ氏。最も脂がのりきっていたころの仕事です。
40年以上経っても色褪せることはなく様々な派生モデルが生まれているのは、やはり天才ジェンタ氏のデザインの素晴らしさが今にも生きているのです。


ぜひ、カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロアへお越しください。
ご来店を心よりお待ちしています。

 

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロア
Tel.078-321-0039
Open.10:30-19:30 (無休)