Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

丸型の腕時計の象徴とも言える『カラトラバ 』

究極に美しいフォルムをもつパテック フィリップの『カラトラバ』の中でもRef.5227の黒文字盤をご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

Ref.5227モデルにはK18YGとK18RGがありますが、文字盤カラーの展開が2色あるのはこのK18WGのみになります。

 

 

 

 

 

 

この黒文字盤は光沢があって大変美しく、K18WG製の見た目だけではなく視認性も計算された鋭角のドフィーヌ針くさび形のインデックスが非常に映えています。

ラグに優雅なカーブを施したケースサイドには、なにやら仕掛けのようなものが・・・。 

 

 

 

 

 

 

実は開閉式の裏蓋のちょうつがいの部分です。

これは本当に良くできていて、閉じるとほとんど分かりません。

ムーブメントに複雑機構があるように、ケースにも複雑なものがあっても良いという考えのもと、パテック フィリップが 数年かけて開発したケースです。

 

 

 

 

 

 

 

そして開くときはこの様に開き、精緻に仕上げられたムーブメントを堪能することができます。

是非店頭でご覧になって下さい。
Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)

ゴンドーロ・セラータ Ref.4972/1

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロアに パテック フィリップのレディースラインの中でも珍しいモデルが店頭に並びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴンドーロ・セラータ
Ref.4972/1
K18WG(27.4×39.2㎜)
クォーツ(Cal.E 15)
3気圧防水
130個のダイヤ付ケース(約1.8ct)
ギヨシェ装飾マザーオブパール文字盤 

 


 

 

 

 

 

 

 

ゴンドーロ・セラータRef.4972/1のブレスレットタイプです。

フレアード型のケース形状は、女性のボディーラインのごとく優美な曲線を描いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

セラータ」という名称は、愛称のようなものだと思われます。
イタリア語で“夜”を意味します。

もう生産終了になりましたが、同時期に販売されていた横長のゴンドーロには「ジェンマ」という名前が付いていました。

また女性用のアクアノートには、「ルーチェ」という名前が付いていますね。

ちなみに、「ジェンマ」は“宝石”「ルーチェ」は“光”を意味します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話しをセラータに戻しますと、写真だと少し分かりずらいかもしれませんが、ギョシェ装飾の入ったマザーオブパールの文字盤と、130個(約1.8ct)のダイヤモンド付きケースが非常に美しいモデルです。

更に、パテック フィリップ全モデルの中でも数少ないブレスレットタイプで、装着感も最高です。
是非店頭で手に取ってご覧ください。

 

※この他のパテック フィリップ・コレクションはこちらからお楽しみください⇒Click!!

 

カミネトアロード店2F
パテック フィリップ・フロア

Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)

本年もよろしくお願い致します

 

 

 

 

 

 

 

新年明けまして おめでとうございます。

今日からお仕事始めの方も多いでしょうか?
あいにくの曇り空ですが、良いスタートとなる一日になりますように。

本年もパテック フィリップ フロアブログを
どうぞよろしくお願い致します。

 

カミネ トアロード本店2F
パテック フィリップ・フロア
10:30~19:30 / 078-321-0039