Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

コンテンポラリー・ビンテージ・スタイルが新鮮な 『 永久カレンダー 5320G 』

パテック フィリップの新しいコンセプト “コンテンポラリー・ビンテージ・スタイル”から生まれたコレクション。 

2017年に加わった こちらのモデルは先日ご紹介した『レトログラード日付表示針付永久カレンダー 5159G』と同じセンターローターの自動巻ムーブメントがベースになっており、カレンダーがレトログラード表示ではなく、6時位置のポインターデイトになっています。 

 

 

 

 

 

 

プラスチック風防を彷彿とさせるサファイアクリスタルガラス経年変化で焼けたような温かみあるクリーム色のラック文字盤夜光塗料の視認性抜群のペンシル型の針アラビア数字のインデックスでクラシックな要素が満載。

 


1940年~50年代に創作されたパテック フィリップのタイムピースから着想を得ています。 

 

 

 

 

 

 

ベゼルは2段、ラグは3段の段差が施され、ケース形状も細かな部分にまでこだわりを感じます。

鍛造方法でこれまでのクォリティは凄い!!の一言以外ありません。 

永久カレンダー
Ref.5320G
K18WGケース(40.0mm)
自動巻(Cal.324 S Q)
曜日・月・閏年・昼夜を窓表示
日付を指針表示
3気圧防水
サファイアクリスタル・バック
通常のケースバックが付属 

パテック フィリップが創造する“コンテンポラリー・ビンテージ”をぜひご覧ください。
カミネ トアロード本店2F パテック フィリップ・フロアでは、パテック フィリップ コレクションを多数取り揃えています。
お探しのモデルや、ご愛用のお時計のご相談など承ります。お気軽にお申し付けください。
Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)

24時間寄り添うシンプル・エレガンス『パテック フィリップ Twenty~4 オートマチック』

パテック フィリップのレディス コレクションの中でも、時を超越した女性のエレガンスを体現した『Twenty~4®』。

1999年に発表されて以来、多くの女性に支持され、昨年の2018年に約20年の歳月を経て新たなコレクションが発表されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Twenty~4 オートマチック』は、現代に活躍するアクティブな女性の日常生活を彩るタイムピースで、この上ない気品を感じます。

温かみあるローズゴールドと、放射線状に広がる光沢感あるブラウン・ソレイユ文字盤は、腕元を華やかに演出してくれます。

 

1コマ1コマ丁寧にポリッシュ仕上げされたブレスレットは、手首にしっとりと馴染む最高の着け心地
カミネ トアロード本店にお越しの際は、ぜひその心地よい感覚をお試しいただきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ムーブメントは、センターセコンドと6時位置に日付を配した自動巻Cal.324 S Cを搭載。
美しい時の鼓動サファイアクリスタル・バックからご覧ください。

 

 

Twenty~4 Automatic
K18RGケース(36.0mm)
自動巻(Cal.324 S C)
サファイアクリスタル・バック
3気圧防水
160個のダイヤモンドセッティング

 

ローズゴールド×ブラウン・ソレイユ文字盤の他に、ローズゴールド×シルバーグレー文字盤ステンレス×グレー・ソレイユ文字盤ステンレス×ブルー・ソレイユ文字盤がございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなた自身の24時間に寄り添う『Twenty~4 オートマチック』を探してみませんか?

 

カミネでは、この度 731日売・月刊神戸っ子81日売・eclatパテック フィリップの広告を出稿いたします。パテック フィリップが創造する『Twenty~4 オートマチック』の世界観をお楽しみください。


 

 

 

 

 

 

◆パテック フィリップ コレクションはこちらからお楽しみください。
⇒PATEK PHILIPPE(http://kamine.co.jp/watch/patek-philippe/

 

 

 

 

 

 

 

 

古典的な顔立ちが美しい『レトログラード日付表示針付永久カレンダー』

パテック フィリップのグランド・コンプリケーション『レトログラード日付表示針付永久カレンダー 5159G』。

とても上品な丸みのあるケースに直線的なラグターバン型リューズが特徴的なオフィサータイプの永久カレンダーです。

 

 

 

 

 

 

9時位置の窓は曜日3時位置は月が表示されます。
12時位置の窓はⅠ~Ⅳまでのローマ数字で、閏年から数えて何年目かが表示されます。
例えば、今年2019年は直近の閏年2016年から数えて3年目になるため“Ⅲ”が表示されています。閏年にあたる来年は“Ⅳ”が表示されます。

日付けは8時から4時位置に配された数字を、針が差し示すポインターデイトです。
この針は月末を表示した後の午前0時近辺で、瞬時に1日に戻るレトログラード式を採用しています。

 

オフィサーケースのため、裏蓋は懐中時計のような開閉式になっており、裏蓋を開けると部にまで精緻に仕上げが施されたムーブメントが鑑賞できます。

 

 

 

 

 

 

自動巻きの永久カレンダーのベースムーブメントは、主にマイクロローターの240系とセンターローターの324系に大別できますが、このモデルには324 S QRが搭載されています。

 

 

 

 

 

 

 

永久カレンダーはグランド・コンプリケーションにカテゴライズされますので、仕上げなども含め別格の風格が漂いますね。