Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

古典的な顔立ちが美しい『レトログラード日付表示針付永久カレンダー』

パテック フィリップのグランド・コンプリケーション『レトログラード日付表示針付永久カレンダー 5159G』。

とても上品な丸みのあるケースに直線的なラグターバン型リューズが特徴的なオフィサータイプの永久カレンダーです。

 

 

 

 

 

 

9時位置の窓は曜日3時位置は月が表示されます。
12時位置の窓はⅠ~Ⅳまでのローマ数字で、閏年から数えて何年目かが表示されます。
例えば、今年2019年は直近の閏年2016年から数えて3年目になるため“Ⅲ”が表示されています。閏年にあたる来年は“Ⅳ”が表示されます。

日付けは8時から4時位置に配された数字を、針が差し示すポインターデイトです。
この針は月末を表示した後の午前0時近辺で、瞬時に1日に戻るレトログラード式を採用しています。

 

オフィサーケースのため、裏蓋は懐中時計のような開閉式になっており、裏蓋を開けると部にまで精緻に仕上げが施されたムーブメントが鑑賞できます。

 

 

 

 

 

 

自動巻きの永久カレンダーのベースムーブメントは、主にマイクロローターの240系とセンターローターの324系に大別できますが、このモデルには324 S QRが搭載されています。

 

 

 

 

 

 

 

永久カレンダーはグランド・コンプリケーションにカテゴライズされますので、仕上げなども含め別格の風格が漂いますね。

 

 

 

 

< 前の記事へ

次の記事へ >