Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

シリシウムについて

今では多くの腕時計のパーツに採用されているシリシウム(シリコン)。その新しい素材を活用する時計製造。この分野でも、パテック フィリップ社の開発過程は実に慎重なもので、マニアから注目を集めるものでした。
パテック フィリップ社は、2005年にパテック フィリップ・アドバンストリサーチ部門を創設し、シリコン・ベースのハイテク素材 silinvar®製によるいくつかの先進的な構成部品を開発しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この「アドバンストリサーチ」と名が付く限定モデルは過去5モデル存在し、1本目から3本目までは年次カレンダーをベースとして生産されました。

 

2005年 Silinvar®製のガンギ車を発表。またこれを搭載した5250モデルを限定生産で販売しました。
5250G

 

 

 

 

 

 

 

 

2006年 Spiromax®と名付けられたひげゼンマイを発表。これを搭載した5350モデルを限定生産。
5350R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2008年 Silinvar®製のアンクルとガンギ車をPulsomax®として発表。5450Pモデルを限定生産。
5450P

 

 

 

 

 

4本目が永久カレンダーベース
2011年 ゴールドとSilinvar®を素材とするGyromaxSi®テンプ、及び更に改善されたPulsomax®脱進機を発表。
更にこの2つにSpiromax®ひげゼンマイを加え、3つを統合。
これをOscillomax®と名付け、5550Pモデルを限定生産。
5550P

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5本目はアクアノート・トラベルタイムベースでした。
2017年 更に性能を向上させたSpiromax®ひげゼンマイとデュアルタイムゾーンウォッチの第2タイムゾーン調整のための柔軟なフレキシブル機構を搭載した5650モデルを限定生産。
5650G

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらのアドバンストリサーチモデルに限り、通常2年の保証期間が5年に設定されています。
つまり、アドバンスト(先端の、進歩的な)リサーチ(調査、研究)という名前の通り、このような革新的な素材や技術をいきなり通常モデルに使用するのではなく、目的を理解した上で購入した顧客に実際に使用してもらい、耐久性や信頼性を含め不具合が出ないかを十分にテストした結果、最終的に通常モデルにフィードバックされていきます。
シリシウムはシリコンとも言い、広義には元素の一つであるケイ素の事を指します。
近年、腕時計の内部パーツによく使われるようになりました。
パーツに使用するメリットは、磁気帯びせず、軽く固い為、摩耗しない特性があるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

現在の所、シリシウムが製品に使用されているのはひげゼンマイのみですが、レギュレーター・タイプの時刻表示年次カレンダー5235モデルに搭載されているCal.31-260 REG QA のみガンギ車とアンクルにもシリシウムが使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

磁気帯びの心配がなく、摩耗しないため注油を必要とせず、計時精度も飛躍的に伸び、またパーツの製作と組立に個人差が出ない為、製品としてのクオリティを高い次元で完結できますが、ここまで来るとスイスの伝統的な時計作りと距離がでてくるような気もします。
しかし、これがパテック フィリップの掲げる新時代に向けた「伝統と革新」の、「革新」の部分であろうと思います。

 

来月9/6(金)~9/8(日)には恒例の「パテック フィリップ展」開催を予定しております。
是非、この機会にお気軽にお立ち寄り下さいませ。
「パテック フィリップ展」のお問合せは電話またはEメールでも承ります。
カミネ トアロード本店2Fパテック フィリップ・フロア
Tel.  078-321-0039 (10:30~19:30)
Email. info@kamine.co.jp
The Patek Philippe Exhibition の新作ページ

SAKURA Weekend 2Days

本日より2日間 3月30日(土)31日(日)のみ、カミネ トアロード本店2F パテック フィリップ・フロアにて

春の訪れをお楽しみいただける特別な週末をご用意いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

全国各地で桜の開花宣言が発表されて、今週末からお花見をご予定されている方は多いのではないでしょうか。今年は当店でもお楽しみいただけるようほんのりのピンク色に咲いた桜を飾りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして本日3月30日(土)は、シャンパーニュ『POMMERY』のブリュット・ロゼでおもてなしさせていただきます。果実味を感じさせる春限定のシャンパンをぜひお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなシャンパンにぴったりの桜色スイーツもご用意。

 

 

 

 

 

 

 

 

パテック フィリップ・フロアでは、先日スイス バーゼルワールドで発表されましたパテック フィリップの最新情報をお届け させていただく他、当店ご購入のパテック フィリップ製品をご愛用のお客様へ、無料点検・キャンペーンを実施しています。

 

ぜひお気軽にお立ち寄りください。
皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

 

カミネ トアロード本店
パテック フィリップ・フロア
Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)

 

ベルトの取付方法

パテック フィリップの革ベルトは、他ブランドの腕時計と同様にバネ棒で取り付けられています。 

 

 

 

 

 

時計を裏返して確認すると片側のベルトに切れ込みがあり、ポッチのようなものが出ています。

これがバネ棒の先を引っ込めるレバーになっており、特別な工具がなくても指で簡単に付け外しが可能です。 

 

 

 

 

 

 

バネ棒もこのように抜けるので、別のベルトへの付替えも簡単です。

 

 

 

 

 

 

ちなみにこのバネ棒は、K18WGケースにはK18WG製というようにケースと同素材が使用されます。

例外的にオフィサーケースのもの(写真の7200や5159など)は、バネ棒ではなく両ネジの棒での取り付けになりますので切れ込みはありません。 

 

 

 

 

 

 

 

パテック フィリップ・フロアでは、ベルトの交換のご相談なども承りますので、是非お気軽にご来店ください。

只今、カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロアでは、当店ご購入のパテック フィリップ製品をご愛用のお客様へ、3月31日(日)まで無料点検・キャンペーンを実施しています。 

さらに、3月30日(土)・31日(日)の2日間のみパテック フィリップ・フロアにて春の訪れをお楽しみいただける特別な週末を予しています。

 

 

 

 

 

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロ
Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)

本年もよろしくお願い致します

 

 

 

 

 

 

 

新年明けまして おめでとうございます。

今日からお仕事始めの方も多いでしょうか?
あいにくの曇り空ですが、良いスタートとなる一日になりますように。

本年もパテック フィリップ フロアブログを
どうぞよろしくお願い致します。

 

カミネ トアロード本店2F
パテック フィリップ・フロア
10:30~19:30 / 078-321-0039

パテック フィリップ インターナショナルマガジンについて

 

 

 

 

 

 

 

店頭にパテック フィリップ
インターナショナルマガジン最新号が届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

表紙をめくった全面と裏表紙には
10月に発表されたばかりの
Twenty~4 AUTOMATICのビジュアル。

力の入れ方が伝わってきますね。

 

 

 

 

 

 

 

現在は商品数の関係から
限られたお店でしかサンプルを見ることができない
このTwenty~4 AUTOMATIC。

カミネ トアロード本店では
ご覧いただき、ご試着もできます。

是非、一年の終わりのご褒美に
新作のレディースウォッチはいかがでしょう?

Twenty~4 AUTOMATIC
特集ページ >> Click


 

 

 

 

 

 

 

お話をパテック フィリップ マガジンへ戻します。

こちらのマガジンは
パテック フィリップの時計をご購入になり
オーナーになられた際に登録すると
購読することができます。

私ども正規店では、ご購入時に
ご登録のサポートをさせて頂いております。

ご登録いただきますと
年に2回、マガジンは定期的に送られてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、初めてオーナーになられる方には
最新号を一冊お渡ししています。

日本語を含め8か国語に訳されており、
内容はパテック フィリップについてはもちろん
それ以外の時計の事や世界各地から集めた
歴史、地理、芸術など実に多岐に渡り
非常に読みごたえがあります。

バックナンバーを読み振り返っても
色あせることのない魅力的な写真や文章は
やはりパテック フィリップの制作物だからこそでしょう。

パテック フィリップのオーナーになられた方のみが享受できる特典のため
あいにくお渡しすることは出来ないのですが
店頭ではいつでもご覧いただけます。

 

読書の秋。

是非カミネ トアロード本店2Fへ
お気軽に遊びにいらして下さい。

カミネ トアロード本店2F
パテック フィリップ・フロア
078-321-0039
10:30~19:30(無休)

ホールディングクラスプ(Dバックル)のご用命、承ります。

パテック フィリップのタイムピースの殆どは、
革ベルトのモデルです。

今回はその革ベルトを有効にお使いいただける
Dバックルについて、ご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらがパテック フィリップの
ホールディング クラスプ(通称Dバックル)と専用のベルト。

 

 

ベルトは尾錠用ですと
メンズのスタンダードサイズで6時側の長さが115mm
12時側が75mmになるのですが

Dバックル用は、6時側が65mm12時側が125mm
と、長さが若干異なっています。

これはバックルを使用して時計を着けていただいた際に
手首の適切な位置に乗りやすいようバランスをとるため
このような長さになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージで仮置きの写真になりますが
Dバックルは開いた時このような状態になります。

Dバックルの場合、ベルトが上下で分離せず周回します。

脱着時落下を防ぎ一方決められた位置で着脱しますので、
革ベルトの劣化も緩和します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

装着時のイメージ写真です。
カラトラバ ロゴマークのみがベルトの上に露出します。

私共ではイエローゴールド、ホワイトゴールド、ローズゴールド
3色とも、店頭に在庫がございます。

パテック フィリップの時計の
バックル変更のご相談は、是非店頭でお気軽にお申し付け下さい。

YG用
(14mm)¥279,720
(16mm)¥303,480

WG・RG用
(14mm)¥303,480
(16mm)¥340,200

 

カミネ トアロード本店2F
パテック フィリップ・フロア
078-321-0039 / 10:30~19:30

パテック フィリップの商品一覧はコチラから

パテック フィリップ ジャパンの嬉しいニュース

最近の傾向として、効率的かつ大量に生産された品物は
使い捨てられることが多く

修理をしながら物を長く大切に使うという習慣は
本当に少なくなったように感じます。

機械式時計は、今では数少ない
「定期的に手入れや修理をしながら長く使い続けていく品物」
と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カミネでは、高級時計は「販売して終わり」ではなく
お求めいただいた時点から、後のメンテナンスを含めた
お付き合いが続くものと考えています。

その中でもパテック フィリップは
「次の世代まで」と謳っていることもあり、
アフターサービスには殊のほか力を入れ万全を期しています。

その考え方は、100年越えをも視野に入れているのです

 

 

 

 

 

 

そんな中

先日とても嬉しいニュースを聞く機会がありました。

世界55か所のパテック フィリップ正規サービスセンターの中で
パテック フィリップ ジャパン・サービスセンター
技術・サービスにおいて、ナンバーワン(つまり世界一)と
パテック フィリップ本社の厳格な調査において認められたというものです。


 

 

 

 

 

 

私どもの日々のお取引先様なので、つい、こちらまで
少し誇らしい気持ちになってしまいました。

パテック フィリップのご相談において
更に自信をもってお話していきたいと思っています。

 

カミネ トアロード店2F
パテック フィリップ・フロア
Tel.078-321-0039
Open.10:30-19:30(無休)


“トリプルサークル” 文字盤 5296R-001のご紹介

パテック フィリップ  5296R-001

 

 

 

 

 

 

 

 

自動巻きのカラトラバ 5296R には、2種類の文字盤が存在します。

 

そのうちの1種類が

通称「トリプルサークル」と呼ばれるこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルースチール針の先端が 「時」「分」「秒」刻まれたインデックスを指し示しており、とにかく視認性が抜群です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、もう1種類の文字盤はこちら

シンプルなゴールドの植字インデックスのタイプです。こちらの品番は5296R-010

同じ4桁のリファレンスナンバーでも、-以降の枝番号が異なっていることで区別ができますね。

 

 

 

前者の”トリプルサークル” デザインは、意外にも以前からあるようで、ミュージアムのガイドブックにもこの1934年製の96モデルが載っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまでも想像ですが、これは精度に対する自信の表れだったのかもしれませんね。

 

とにかく「時間の読み取りやすい時計」をお探しの方に、おすすめです。

 

 

カミネ トアロード本店2F パテック フィリップ・フロア

078-321-0039

 

 

 

パテック フィリップの美しいコースター

あまり知られていませんが、パテック フィリップからノベルティとして出ている特製コースターが届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コースターとしてはとても高価なものですが、美しさに思わず額装して飾りたくなりました。

 

コースターに描かれた美しい懐中時計の数々。

 

 

 

 

 

 

 

スイス・ジュネーブにあるパテック フィリップ・ミュージアムから飛び出してきたかのような美しさ。

歴史的なパテック フィリップの懐中時計はひとつひとつが絵画のような芸術品です。

 

この時計は、1909年のもので、白エナメルの文字盤に装飾入りの針。

 

 

 

 

 

そして時計本体はYGギョーシェ彫りをしたうえに透明のブルーグレー・エナメルを施し、プラチナとホワイト・エナメルの極めて緻密な細工にダイヤモンドが散りばめられています。

 

これは1898年のもので、オープンフェイスの提げ時計。

 

 

 

 

 

当時の恐らく高貴な貴婦人のものだったのでしょう。

表裏一体化された彫金細工、そしてターコイズ・ブルー・エナメルに細密画が描かれています。

文字盤はホワイトエナメルに手書き文字。

それに当時 職人達が技術を競い合った、美しく装飾された針がセットされ、それは大変素晴らしいものです。


 

エナメルの絵柄が特に美しいこの懐中時計は、1940年のもので、YG製

Ref.723 手巻きムーブメント Cal.17。


 

 

 

 

 

 

 

クロワゾネダイヤルに12星座のひとつ、魚座のシンボルが描かれ、海の神 ポセイドンの槍や剣が長短針にデザインされています。

3.6.9.12時はオパールをうめこんだインデックスがあしらわれています。

小秒針付の3針です。

 

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロア

Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30

 

 

 

 

 

 

 

パテック フィリップ 2015カタログ

パテック フィリップの2015年カタログが入荷いたしました。

表紙は昨年発表の5960/1A-001です。

こちらは昨年のバーゼルでの発表以来、大変お問い合わせが多いモデルとなっています。

カタログには2015年、バーゼルフェアにて発表されたモデルも掲載されています。

掲載されている時計の写真はほぼ実寸通りで、文字盤の色違いも全て載っていますので
非常に分かりやすいカタログとなっています。

また、ムーヴメントの写真や、各モデルの詳しいスペックも掲載がありますので
これ一冊でパテック フィリップの世界を楽しんでいただけると思います。

冊数に限りがございますが、ご希望の方は店頭にてスタッフにお申し付けください。

カミネ トアロード店2F
Tel.078-321-0039
Open.10:30-19:30(無休)