Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

本日より開催!「PATEK PHILIPPE EXHIBITION 2017」

 

本日より9日(月祝)までの3日間、トアロード本店2F パテック フィリップ・フロアでは、「PATEK PHILIPPE EXHIBITION2017」を開催しています。

 

 

本日はこの機会に、緊急入荷した商品をご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5930G-001

現行コレクションとしては、初めて発表されたワールドタイムとクロノグラフが融合したモデル。

 

発表は2016年ですが、店頭に並ぶのは貴重な機会です。

 

手仕上げによるギヨシェ装飾を施した文字盤が非常に美しい商品です。

画像ではなかなか伝わりませんので、是非現物を手にとってご覧いただきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5230G-001

本日は朝から同じモデルのRGが真っ先にお客様のもとへ…

こちらはワールドタイムのニューモデル。クロノグラフではなく、リデザインとなったケースと、なにより針の形にご注目いただきたい。

 

パテック フィリップの現行製品では、これまでになかった 南十字星を思わせるエクスクルーシヴなオープンワークが施されています。

 

たった、ほんの一部をマイナーチェンジするだけで随分とイメージも変わりますね。

 

ホワイトゴールドケースに白・黒、グレーといった配色もよく、人気の高いモデルの一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5270R-001

グランド・コンプリケーション

クロノグラフに永久カレンダーを備えた、押しも押されもせぬ至高の製品と言えます。

 

175年以上の歴史の中でも、もっとも賞賛され、追い求められているパテック フィリップのクロノグラフ

その技術の高さを実感していただけます。

 

「PATEK PHILIPPE EXHIBITION 2017」10月9日(月祝)まで、3日間限定の開催となっております。

是非、お気軽にお立ち寄りください。

ご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

カミネ トアロード本店2F パテック フィリップ・フロア 078-321-0039

 

グランド・コンプリケーションと、コンプリケーション

シンプルカレンダーより上の機能の付いたモデルは

「グランド・コンプリケーション」「コンプリケーション」に 分けられます。

 

 

 

 

 

 

本日は、店頭のモデルを分類してご紹介してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5159J

レトログラード日付表示付き 永久カレンダー

このモデルはグランド・コンプリケーションに分類されます。

他とは一線を画しますので、醸し出す雰囲気はやはり別格のものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5170R / 5170G

完全自社開発の手巻きクロノグラフ

WGはすでに生産が終了していますので、稀少品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5205G

3月1日にのみ調整すれば、あとの月は自動で判別してカレンダーを送ってくれる機能をもつ、こちらが年次カレンダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5396R(上)/  5396G(下)

年次カレンダーは、非常に実用コンプリケーションであり多くのモデル・バリエーションを擁します。

 

視認性・デザイン性ともに優れたモデルが多数ございますので、是非手にとってそれぞれの良さをご覧いただきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4947R-001(左)/ 4947G-001(右)

こちらは婦人用の年次カレンダー

エレガントなフォルムに素材、美しい文字盤の色とラグジュアリーの融合する至高のコンプリケーションウォッチです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左:5230R-001(紳士)右:7130G-014(婦人)

 

明日からの展示会のメインビジュアルも飾るワールドタイムは世界24タイムゾーンの時刻を同時に読み取ることができます。

この機能性の高さと同時に、デザインの美しさで常に人気のモデルです。

 

ブルーグレーのギョーシェ装飾が施された婦人用モデルは2017年の最新作。

ピーコックブルーのアリゲーター・ベルトのカラーリングも非常に美しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7121J

一見すると、カラトラバと思ってしまいがちですが、ムーンフェイズ機能もコンプリケーションのカテゴリに属します。

 

シンプルなルックスにかかわらず、”122年に一日の誤差”というきわめて高い精度を誇ります。

品の良い華やかさの内に秘める素晴らしい性能は、現代の日本女性にこそつけていただきたいモデルです。

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ、明日から9日までの3日間、店頭にて展示会を開催します。

 

ご来店を心よりお待ち申し上げております。

カミネ トアロード本店2F パテック フィリップ・フロア 078-321-0039 / 10:30~19:30

 

 

バーゼルワールドで最も気になった新作

今年もバーゼルワールドで発表された多くの新作の中で、個人的に最も気になったのは、やはりパテック フィリップです。

中でも、この永久カレンダー5320Gです。

 

 

 

 

 

 

 

 

この時計の制作コンセプトは「コンテンポラリー ヴィンテージ」
1940~1950年代に作られたモデルからインスピレーションを得たそうで
アイボリーカラー文字盤と夜光塗料付きのペンシル型ハンドとアップライト・アラビアインデックスなど、マニアを引き付ける要素が盛りだくさんです。

正面からの写真だと分かりにくいのですが、サファイアクリスタルは昔のプラスティック風防のようにボックス型に膨らんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

センター秒針の先端が下に向かって曲がっているみたいで、それもヴィンテージ感を増幅します。

実物を見るのが今から非常に楽しみなモデルです。

ムーンフェイズ付、中3針のノーマルウォッチのようなシンプルさが際立つ永久カレンダーでした。


◆Click ⇒ パテックフィリップ・カタログ

カミネ トアロード店
Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30

BASEL WORLD 2017 新作紹介 vol.2

 

昨日ご紹介したバーゼル新作ニュース第2弾!

 

 

 

 

 

 

 

美しい青い文字盤。

昨年バリエーションが増えた年次カレンダー5396 RGモデル

今年、更に文字盤の追加がありました。

しかもバゲットダイヤと通常のバーインデックスの2種。(写真はダイヤインデックスの方です)

RGケースに綺麗な青が抜群のコントラストです。

 

年次カレンダー 5396R-014(通常インデックス)RG(38.5mm)自動巻

 

5396R-014(バーインデックス)

5396R-015(ダイヤインデックス)

 

 

 

 

 

 

 

 

続いても、ブルーの美しさが際立つモデル。

レディースのワールドタイム 7130Gにも新色の文字盤が追加。

ワールドタイム 7130G-014 WG(36mm)自動巻き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に、レディースノーチラス(SS・自動巻き)は

文字盤の色が一気に2色追加

現行の青文字盤に加え、3色の展開となりました。

選択の幅が広がるのは、女性にはうれしいですね。

ノーチラス 7118/1A SS(35.2mm)

7118/1A-010(白)   7118/1A-011(グレー)

 

 

このほかにも、まだまだご紹介しきれていない魅力的な新作が。

第3弾もお楽しみに。

 

 

 

BASEL WORLD 2017新作紹介 vol.1

 

 

 

 

 

 

 

スイス バーゼルの地へ出張中です!

 

 

 

 

 

 

 

湖畔と空、国旗の美しいコントラストに心洗われつつ

今年の新作を沢山見ております。

 

 

 

 

 

 

バーゼル会場は相変わらず多人種で溢れ、エネルギッシュ。

早速新作を紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

まずはクッション型の永久カレンダー 5940R

これで、YG・WG・RGと順番に出たことになります(YGは過去にディスコン)

 

グランドコンプリケーション 永久カレンダー 5940R-001

RG(37×44.6mm)

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、6006G

先日ディスコンになったRef.6000の後継機。 違いはケース径

37mmから39mmへサイズアップしていました。

ポインターデイトの先が弓型から三角形に。

黒と白のみの配色の中で、三角形の赤が効いています。

時分針はスケルトンになり、スポーティーかつ抜群の視認性に。

カラトラバ 6006G    WG(39mm)自動巻き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも先日ディスコンになった5180/1Gの素材違い

RGモデルの5180/1R

極限までスケルトナイズされ、手彫りで彫刻されたムーブメントはもはや芸術品。凄みすら感じます。

 

ちなみに。

パテックでは、スケルトンもコンプリケーション機能のひとつとみなすため、このモデルは「カラトラバ」ではなく「コンプリケーション」に分類されます。

 

コンプリケーション 5180/1R     RG(39mm)  手巻き

税込

 

ところで、上記3モデルには共通点があります。

お判りでしょうか?

そうです。正解は…

「すべて、マイクロローター搭載の超薄型ムーブメントCal240が使われていること」

実はこのCal2401977年に特許を取得していますので 今年2017年は、40周年にあたります。

 

40年間ずっと使われていること。

改めて、基本性能の高さを感じますね。

 

明日は年次カレンダーの新作を紹介いたします。

◆Click ⇒ パテックフィリップ・カタログ