Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

夏場の革ベルトのお手入れについて

連日 暑い日が続いています。

夏本番となり、汗をかくこの時季は時計にとっても辛いシーズンです。

しかしながら、革ベルトなどマメな手入れによってかなりクリアできます。

 

革ベルトのモデルが圧倒的に多いパテック フィリップ。
汗をかく夏場の使用はどうしても気を使ってしまいますね。

革ベルトが汗を吸ってしまいますので、やはり暑い季節は可能であればベルトの穴を一つ緩めてお使いになりますと時計が密着する息苦しさからも解放され、より快適に使用していただけます。

そして汗をかいてしまった時には、できるだけ速やかに柔らかく乾いた布で拭くようにしてください。少しでも長持ちします。

 

 

汗を多くかいてしまった場合、毛細管現象により汗がステッチの糸に伝わり、表側に染み出てくることがあります。

汗染みは濃い色だとあまり目立ちませんが、明るめの色だと目立ちますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

ベルトの長持ちを考えた場合、やはりホールディング・バックルが威力を発揮します。

その理由は、装着時の革ベルトをバックルに通して絞る煩わしさを解消するだけではなく、ベルトの割れや折れもカバーするからです。

 

 

 

時計のベルトは、直接腕に巻かれ肌と密着するものですから、どうしても使用しているうちに劣化してきます。

新しいベルトと交換とまでいかなくても、カミネでは経験に基づいた専門的な処方でのお手入れも可能です。

 

 

 

 

 

 

ベルトの状態によって、最適の選ばれたミンクオイル、クリーム、ツヤ出しクリームをそれぞれ使い分けます。(状態によりお受けできない場合がございます。ご了承ください)ツヤ有やツヤ無等、表面の仕上げによってお手入れに使用する材料も変わります。

 

 

 

 

 

 

ベルト交換は時計そのものの表情を一変させます。カミネでは多種多様なベルトのお取扱がございます。(オーダー、カスタムメイドなど)純正ベルトをはじめ、海外メーカーのもの等、パテック他あらゆる時計にぴったりな色合いを厳選してお勧めいたします。

お気軽にお問合せ下さい。

ベルト取付けの際は、ご希望により軽いポリッシングも承ります。

以上、ベルトのことならいつでもお気軽にカミネにお越しください。

 

 

カミネ トアロード店2F
Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)
※7月29日(土)は全店18時30分閉店とさせていただきます。

 



 

パテック フィリップ・ミュージアムについて

 

 

 

 

 

 

スイス ジュネーブにあるパテック フィリップ本店からほど近くにパテック フィリップ・ミュージアムがあります。

 

 

 

 

 

 

 

4階まであるこのミュージアムには、創業からのパテック フィリップのタイムピースと、16~19世紀に渡る時計またはオートマタの作品資料が展示されています。

 

 

 

 

 

 

このミュージアムの凄いところは、展示されている1点1点の時計の全てが完全に機能するということです。日々、丹精込めて手入れがされているのです。見る価値は十分にあります。

入館料は10スイスフランですので、大体1,000円くらいでしょうか。

 

 

 

 

 

 

もしジュネーブに行く機会があれば、ぜひ一度見学されては如何でしょうか。

ただ一つ気を付けなければならないのは、

開館時間が

火曜日から金曜日は、午後2時~午後6時
土曜日は、午前10時~午後6時
日曜日、月曜日、
祝日は閉館

ミュージアムにも関わらず、この短いオープン時間。 では、他の時間は何をしているのかと言うと、コレクションの修復作業に充てているようなのです。


 

 

 

 

 

 

そしてこの約2,000点におよぶ膨大なコレクションのほぼ全てがフィリップ・スターン名誉会長の所有物であるということにも驚かされます。

 

 

 

 

 

 

フィリップ・スターン氏は80歳近くなってもまだまだ快活でこのミュージアムにもよく顔を出されているとか。

時計をこよなく愛するパテック フィリップのDNAを感じさせるお話です。

 

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロア
Tel.078-321-0039
Open.10:30-19:30
※7月29日(土)は全店18時30分閉店とさせていただきます。

 

 

自動巻ローターの巻き上げについて(後編)

前回、自動巻のローターは片巻きと両巻きがあるとお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

では、片巻きと両巻きでは一体どちらが優れているのでしょう?
これはなかなか難しい問題で、どちらかが一方的に優れているとは断言できないと思います。

機構的には両巻きの方が少し複雑で、ローターが左右どちらに回転した時も
その力をゼンマイの巻き上げ方向に切り替える『切り替え車』というものが付いています。

単純に考えても、『片一方しか巻けない』より、『両方向で巻ける』方が効率は良いはずです。

歴史的に見ても、片巻きを進化させる形で両巻きが開発されているので、
後発の両巻きが圧倒的に 優れているのなら、とっくに両巻きだけに淘汰されていてもおかしくないのですが
今だにそうはなっていません。

実際、パテック フィリップは、片巻きを使い続けています。
(ムーブメントの設計者に聞いたわけではもちろんありませんが、 技術的に作れないということはないはずなので、やはり敢えて片巻きを採用し続けているのだと思います。)

一方ロレックスは両巻きを採用していますし、ジャガー・ルクルトやF.P.ジュルヌのように
両巻きを採用していたのに片巻きに変更したメーカーもあります。

 

 

 

 

 

 

(ARMBAND UHREN2016 参考)

そもそも、『ローターの回転』と言いましたが、人の腕に着けた状態では
腕の構造上、ワインダーに取り付けた時のように綺麗に回転することはありません。

『ローターの振り』という方がより正確なように思います。
『振り』と考えれば、片巻きのローターの空回りは全く無駄と言うわけではありません。

勢いよく回るほど、それが止まった時の反動が大きくなり、ローターの巻き上げ方向に作用するからです。

一方、両巻きは反動の力はあまり利用しませんが、両方向で巻き上げる分、ゼロから中間地点くらいまでの巻き上げの速さは片巻きより優れているようです。

 

 

 

 

 

 

いずれにしても、ご自身が愛用している自動巻時計の ムーブメントが両巻きか片巻きか、
片巻きの場合は右巻きか左巻きかを知っておくことはワインダーにかける場合、非常に有効ですが、
実用上はどちらが特に優れているということはありませんので、個性だととらえて大いに楽しみましょう。

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロアでお待ちしております。
是非、この続きをお話をさせてください。

◆Click ⇒ パテックフィリップ・カタログ

カミネ トアロード店
Open.10:30-19:30(無休)
Tel.078-321-0039

自動巻ローターの巻き上げについて(前編)

パテック フィリップの自動巻のローターは、両巻きと片巻きのどちらかと言えば、片巻きです。
更に右巻きか左巻きかと言えば、左巻きです。

 

 

 

 

 

 

正確に言えば、自動巻のミニットリピータームーブメントのR27系以外は全て左巻きで、R27系は例外的に右巻きになります。

今でこそごく普通に使われているローターによる自動巻機構ですが、これって時計史上かなり凄い発明だったと思います。装着している腕の動きをエネルギーの蓄積に転換するのですから、考えてみればこれほどエコなことはありません。

このローターによる自動巻機構ですが、ローターがどちらか一方向に動いた時にだけ巻き上がる片巻き式と左右どちらの方向に動いても巻き上がる両巻き式に大別できます。

例えば、パテック フィリップのセンターローターの自動巻ムーブメントCal.324を使っている時計を手に持って少し降るとグルグルと勢いよく回っている感触が伝わってきます。それはシースルーバックから見ると実際によく回っています。

パテック フィリップの場合は、右に回転する時にだけ、勢いよく回ります。何故なら空回りをしているからです。

右に回ろうとする時はゼンマイの巻き上げに負荷が掛かりますので、それほど勢いよく回りません。

これが片巻き式の自動巻です。

一方、両巻き式はローターがどちらの方向に回転する時も巻き上げの負荷が掛かりますので、それほど勢いよく回りません。

 

 

 

 

 

 

(こちらに紹介しているモデルは左巻きの自動巻モデルになります。)

 

 

 

 

このため、パテック フィリップの自動巻腕時計(ミニットリピーターモデルを除く)を市販のオートワインダーに掛ける場合は時計を正面に見て左回り(反時計回り)に回る設定にして使ってください。

そうしないと巻き上げは正常にされておらず、巻き上げ量が徐々に減り、最終的には止まってしまう可能性があります。

ちなみにオートワインダーは『自動巻巻き上げ機』と言うよりも『巻き上げ状態維持機』と解釈する方が正確だと思います。ゼロからどんどん巻き上げる物ではありませんので、ある程度ゼンマイが巻けている状態でセットすることをお勧めします。

話が少し逸れてしまい長くなってしまいましたので、続きはあらためて。
次回 後編でお話しさせてください。

◆Click ⇒ パテックフィリップ・カタログ

カミネ トアロード店2F
Tel.078-321-0039
Open.10:30-19:30(無休)

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

天候にも恵まれ、穏やかな良いお正月となりました。

本年もトアロード店2F パテックフィリップフロアと当ブログを

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

突然ですがこの度、パテックフィリップ初の公式バイオグラフィーである

「パテックフィリップ正史」(英語版)が刊行されましたので早速取り寄せてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

創業から177年以上にも及ぶパテックフィリップの歩みが

500ページ以上にわたり、貴重な歴史的資料とともに描かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの書籍は一冊、¥24,200(税抜)でお求めいただく事も可能です。

まず中身をご覧になりたい方もお気軽にお申し付け下さい。

◆Click ⇒ パテックフィリップ・カタログ

カミネ トアロード店2F
営業時間:10:30~19:30
電話番号:078-321-0039
torroad@kamine.co.jp
カミネ 公式Facebook
カミネ ブログはこちら

 

パテック フィリップ・フロアの奥の壁には、3枚の写真が飾られています。

 

 

 

 

 

 


ご存知の方も多いかと思いますが、これらはすべて過去のパテック フィリップ・マガジンの表紙に使われていたものです。

こうして、額装にしても見劣りしないほど芸術的で、クォリティの高い写真ばかりです。

パテック フィリップ・マガジンは年に2回発行され、パテック フィリップのオーナーにスイスから直接 届けられますので、書店などで手に入れることはできません。

是非、オーナーになってマガジンをご覧ください。

◆Click ⇒ パテックフィリップ・カタログ

カミネ トアロード店2F
Open.10-30-19:30(5月28日29日休業)
Tel.078-321-0039

パテック フィリップ、2016年度生産中止予定モデル

スイス本社より、来年度(2016年2月~2017年度1月)に生産中止モデルの情報が入りました。

今回は、超複雑モデルも含め、全部で60アイテムが生産中止予定となっております。
その中より、現在カミネ店頭に在庫があるモデルをご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

5140R-011
¥10,303,200 (税込)

店頭にあるモデルはRG仕様ですが、YG、WGともに生産終了となるようです。

 

 

 

 

 

 

5940G-001
¥10,594,800(税込)

YGも生産終了となります。
昨年発表されたWG/黒文字盤は継続されます。

 

 

 

 

 

 

5123R-001
¥3,034,800(税込)

 

 

 

 

 

 

5170G-001
¥9,838,800(税込)

白文字盤が生産終了。昨年発表の黒文字盤は継続されます。

 

 

 

 

 

 

7120G-001
¥3,704,400(税込

レディスカラトラバの人気モデルもWG、RGともに生産終了となります。
また、レディスカラトラバのクルドパリベゼル 7119もYG、WGともに生産終了です。

取り急ぎご紹介いたしましたが、今まで気になられていた方は
ご購入が最後のチャンスとなる可能性が高いですので是非ご検討ください。

◆Click ⇒ パテックフィリップ・カタログ

カミネ トアロード店
Tel.078-321-0039
Open.10:30-19:30(無休)

パテック フィリップ・ミュージアムカタログが入荷いたしました!

「パテック フィリップ・ミュージアム・カタログ」が入荷いたしました。


 

 

 

 

 

 


このカタログは2巻からなり、1839年の創業時から1980年代に至るまでの
最も重要なタイムピースを解説しています。 2巻合わせて928ページ、1005個のタイムピースが掲載されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

まさにウォッチの歴史そのものと言えるこれらのタイムピースが所蔵されているパテック フィリップミュージアムは、ジュネーブ市街のパテック フィリップ本店のすぐ近くにあり、展示されているほぼ全てがスターン家の所有品です。

このカタログ、1セット¥87,750(込)で販売いたします。

これを眺めながらジュネーブのミュージアムに思いを馳せてみるのもよいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中身をご覧になりたい方は、是非お気軽にトアロード店2Fパテック フィリップ・フロアにお申し付けください。

現行のパテック フィリップ・コレクションはこちらからご覧ください
⇒Click! PATEK PHILIPPE Collection

カミネ トアロード店
Tel.078-321-0039
Open.10:30-19:30(12月30日まで無休)

パテック フィリップ・コレクション・ブック Ⅱ

パテック フィリップ コレクション・ブックが届きました。

装丁もしっかりしており、かなりの厚みがあります。

中身はといいますと、

パテック フィリップの創業からはじまり、175年に及ぶブランドの軌跡や

パテック フィリップが過去に作成した複雑時計まで、とても見応えのある内容となっています。

もちろん、2015年発表の最新モデルも掲載されています。

ムーブメントの写真もあり、パテック フィリップの魅力を様々な角度から楽しんでいただける1冊となっています。

こちらのコレクション・ブック、パテック フィリップのタイムピースをお買い上げの方に差し上げています。

数にも限りがございますのでご了承ください。

 

カミネ トアロード店2F

Tel.078-321-0039
Open.10:30-19:30(無休)

 

パテック フィリップマガジンについて

パテック フィリップのオーナーの特典のひとつとして、「パテック フィリップ インターナショナル マガジン」という雑誌が年に2回ご自宅に届くようになるというものがあります。

パテックの時計に関する事ももちろん載っていますが、雑学的な内容も多く、そのクオリティも非常に高くとても読み応えがあります。

このマガジンは8か国語で刊行されているので日本語に訳されたものが、海外より直接届きます。(他の言語をお選びいただくことも可能です。)

編集、翻訳、発送どれをとっても大変な労力だと思いますが、こういった事を続けていることが何よりオーナーを大切に考えるパテック フィリップ社の精神を表し、またオーナーの満足感につながっているのだと思います。