KAMINEスタッフブログ

文字サイズ

パテック フィリップのTwenty~4

『シック』と『エレガンス』の違いをご存知でしょうか?

1960年代、ジュヌヴィエーブ・アントワーヌ・ダリオーという
ファッションリーダーが「エレガンス入門」という本の中で
こう書いているそうです。

“カジュアルな洗練の真髄ともいうべきシックは、エレガンスよりも
もう少し自然であり、さらに知的である。シックとは、生まれながらの
素質であり、これに恵まれた人は多くの場合、その幸運を
意識していない”



More

リトモラティーノ

今朝は、肌寒くて早く起きてしまったほど
すっかり秋らしくなりはじめました。
涼しい風が吹いて過ごしやすくなってきましたが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さんプラザ店スタッフは、
昨日の大雨にも負けず、
阪神の負けにも負けず、
日々、元気に過ごしております。

そんな、さんプラザ店の店頭には
「リトモラティーノ」の時計が
たくさん並んでおります。

イタリアンデザインならではのディティールで、
ポップで鮮やかな色が特徴的。
プレゼントにもぴったりです。
クロコのベルトは存在感があっておしゃれです。

また、新作モデル「スパジオ 」のベルトは、
パイソン(ヘビ皮)で使用しています。
メタリックな赤から、シックな黒まで。


とにかく
カラフルな色目が揃っています。
ぜひ、一度ご覧くださいね。


ブライトリングからの招待状

先日、さんプラザ店に不思議なBOXが届きました。

送り主はブライトリングジャパンから。。
開けてみると中にはとても手の込んだ素敵なものが入っていました。


・・・・紙で作ったナビタイマー。

スタッフへの「セミナー案内状」です。
厚紙で作ったナビタイマー。
この手の凝り様。
すごいです。

裏蓋を開けると、真っ赤な冊子が入っていました。
もちろん、
さんプラザ店スタッフは、ばっちり参加する予定でいるのですが、
素敵な案内状に心うかれています。

セミナーが楽しみです。


VOTIVO

シアトル発のフレグランスブランドで、今NYでとっても人気があるようです。

こちらのキャンドルはアメリカ国内で作られており、
ワックスも最高品質のものを厳選しているとか。
手作業で丁寧に作られたキャンドルはどれも落ち着く優しい香りです。

人気は“RED CURRANT(赤すぐり)”だそうですが、
私は甘すぎる香りは苦手なので、フローラルでフレッシュな
“CLEAN CRISP WHITE”を選びました。

フレグランスキャンドルは、部屋の空気をさっと変えたい時にオススメです。
また、パッケージが可愛いのでインテリアにも使えます。

前日に引き続き甲子園!

前日のスタッフに引き続き甲子園へ。


下柳が粘るも、前日からゼロ行進、、、
『せめて引き分けでも・・・』という試合展開のまま延長へ。

そして矢野の打席。
前の打者、代打関本が送れずにワンアウト一塁。
レフトに大きな飛球が上がり・・・



More

甲子園

今のこの時期『5ゲーム差で首位を走る!』
阪神ファンとしましては、何と贅沢なことなのでしょう。
あまりの強さで今年のセリーグのペナントレースを
つまらなくしてしまった阪神タイガース。
昨今の少し不甲斐ない試合、危うい勝ち方
いつもの不安な面影を覗かせ始めたので。

“大声援 応援グッズ フル装備”で甲子園に行ってまいりました。
結果は完封負けであっさり終了。

しかしながら名物7回の「風船」は球場の
観客席全体を何万個で埋め尽くし一気に空へ

『あぁ 美しい・・・』
やっぱり“現場”は例え負けても素敵でした。

ブライトリング ブラックアビエーション2008

「CHRONOMAT BLACK AVIATHION 」

通常、アラビアインデックスの黒文字盤には
シルバー色のサブダイヤルになるのですが、このモデルはサブダイヤルも黒。

よく見ると、文字盤とサブダイヤルの黒の色と質感が違います。

カジュアルになりがちなアラビア数字のインデックスですが、
洗練されたデザインなので、落ち着いた印象にも見えます。
また、ブライトリングならではのケースの厚みとディティールが、
腕に存在感を与えてくれます。

日本限定400本です!
(裏蓋にはシリアルナンバーが刻印)

現在、店頭に並んでおりますので、
ぜひ一度お試し下さい。


秋の夜長

まだまだ昼間は汗ばむぐらいの気温ですが、自宅周辺の木々を見ているとほんの少しずつですが秋らしくなってるような気がします。
ブーツを履いていても暑いと感じなくなる程の涼しさに早くなってほしいものです。

さて、「スポーツの秋」・「芸術の秋」・「食欲の秋」などなど・・・様々な季節の楽しみ方が有りますが皆様はどのような秋を楽しむご予定ですか?

私は「食とお酒の秋!」は外せません。
そして、アロマを焚いてお酒を楽しみながらの「読書の秋」も楽しみの一つです。

最近は、ドラマや映画化されている小説がかなり多くありますがやはり原作が良いですね。
登場人物やシチュエーションを想像しながらイメージを膨らませながら読み進めて行くと、お酒も気持ち良く進みます。

純喫茶

先日は、
京都でも古くからある有名な喫茶店
「六曜社珈琲店」へ行ってきました。

三条通りから商店街の方へ
下ったところにあるのですが、
変わったことに玄関が1階と地下で分かれて並んでいます。

店内もレトロな雰囲気が漂う内装で、
少しタイムスリップしたような気分に。。。

六曜社名物、
「ドーナツ」

なんと100円です!

また、京都にお立ち寄りの際は
皆さんも是非ドーナツ食べてみてください。

CALENDAR

2008年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ARCHIVE