KAMINEスタッフブログ

文字サイズ

ブライトリング・スイスツアーへ行ってきました!

クロノメトリー店の片野です!

先月、ブライトリングのファクトリーツアーへ行っておりました。

スイス航空で、チューリッヒへ直行。乗り継ぎがないと楽ですね。


工場見学の前に寄り道をしたのは、「モンブリラン通り」(写真上)と 「モントレモ社」(下)。

モンブリラン通りは元々ブライトリングの本社があった場所。今でも建物に看板だけがかけられています。

 

そしてモントレモ社とは、ブライトリングのダイヤルを製造しています。製造シェアの約70%を誇ります。

 

こちらはヴェルタノール社。ケースやブレスを製造しています。他のブランドも扱っていますが、役30%はブライトリングのケース。

 

ようやく工場へ到着。

ここではムーブメントが製造されています。最新のシステムを要し、環境もクリーンに整備されています。

サプライヤーでパーツを生産しているブライトリングではありますが、このクロノメトリーではすべてのパーツを生産することが可能です。

 

入ってすぐに創業者・レオンブライトリングの像が三体。

工場を見学後、スイス経済の中心地・首都「ベルン」へ移動しました。

美しい街。まるでガイドブックのような写真が撮れたなと我ながら思います (景色の偉業)

 

人生ではじめてヘリコプターに乗りました!たった15分でしたが貴重な体験。

ゆっくり進んでいるように感じますが、200km以上出ているというスピードには驚き。

 

チューリッヒへ移動し、市街地のお店を視察。

こちらは老舗時計店「ベイヤー」。創業1760年のスイス最古の時計店。

地下には時計博物館があります。

 

16~20世紀の稀少な時計が並べられている中には、紀元前の1400年頃にエジプトで作られた

原始水時計のレプリカもありました。

レポートは忙しないですが、続いてはフランスへ移動です。

こちらはパリ市内にある時計店「レ・モントレ」。故・高倉健もよく訪れたとか。

 

パリジャンやパリジェンヌは革ベルトを頻繁に交換するのが主流。

服装によってカラーを変えて楽しむ、まさにフランスらしいモードな感覚。

 

最終日、飛行機に乗るまでの少しの時間を利用してパリを観光。ルーブル美術館へ。

 

 

モナリザは想像していたより小さかった。

 

 

 

今回のブログにupしている以外にも、沢山の経験をしてまいりました。

ブライトリングの情熱をお伝えしますので、是非クロノメトリー店へお立ち寄り下さい!

< 前の記事へ

次の記事へ >

CALENDAR

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ARCHIVE