KAMINEスタッフブログ

文字サイズ

ZENITH×RANGE ROVER 本日発売!

寒い金曜日となりました。

「週末、大寒波到来」

この字面こそ気持ちに寒波を呼ぶ気がして、 今週末にイベントを控える弊社としては、TVニュースやや恨めしく…(ちなみに、わたしはラジオっ子ですが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、東京で行われたイベントへお邪魔しました。

「ZENITH×RANGE ROVER」発売記念イベント 会場は品川の寺田倉庫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしても気になって、、

デヴィッド・ボウイ大回顧展もちょっと見に行っちゃいました… (会場が隣で。。)

面白かったです。おすすめ。

 

 

そして、本命!であるイベント!

英国ブランドとのコラボレーションならでは、天気まで英国さながらの雨模様。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「倉庫」というロケーションが既に魅力的!

エントランスから既に非日常空間なんですよね。そういえば過去、尼崎紡績工場でイベントができないか試案したこともありました。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広々とした会場を演出するパフォーマー達。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして奥に展示されるレンジ・ローバー

そもそも、何故この2つがともにイベントをするのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

「1969」

ZENITHをご存知の方は、ピンとくるはずこの年号。 キーとなるのは、この「1969」です。

 

ZENITHにおけるエル・プリメロ。

同じく、LAND ROVERにおけるレンジ・ローバー。

ブランドにとって生来のトップランナーであるこの二作。

 

1969年はこれらが発表された画期的な年なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両者の出会いは偶然ながら、必然のようにも思えます。

技術的な洗練性と、パフォーマンスに資質。それを共有しようというこの度のコラボレーションモデル発表。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つや消しされたグレーの文字盤にはローバーの名が。

裏ブタには同じロゴを配したローターも装備!

 

 

 

 

 

 

 

レンジ・ローバーのもつモダンなシャープさを完備しながらも古来のエル・プリメロらしさをしっかりと残した顔つきですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントの中盤で姿を見せたのは、Maaya Wakasugi。

今年の大河「おんな城主、直虎」、そのタイトルを書く書道家。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「古代文字」をモチーフとした独自のスタイルで世界中を飛び回る「時」の人。

 

見事なライブパフォーマンスを披露。

一時、会場は静寂に包まれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成したこの作品は、のちにオークションへ出品されます。

世界中のローンチイベントで「アート」を軸にさまざまなパフォーマンスが繰り広げられる中、日本らしい心意気を感じる盛り上がりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エル・プリメロ レンジ・ローバー

セラミナイズドアルミニウム(42mm) 機械式自動巻クロノグラフ       エル・プリメロ400B自動巻ムーブメント \982,800(税込)

 

※スペシャルBOXにてお納めします

こちらの商品、既にクロノメトリー店に入荷済!


是非、店頭へお急ぎ下さい!

 

お問合せ:カミネ クロノメトリー店 078-391-1571

BREITLING トリビュート・モデル

NAVITIMER 1884
「ナビタイマー 1884 リミテッド エディション」
A210B62

自動巻
ステンレススチール
直径46mm
防水3気圧
¥1,015,200(税込)

1940年代にブライトリングのベストセラーとなった「ダトラ」の特徴である、12時位置に並んで表示される曜日・月と、センターの三日月指針による日付表示を備えたブライトリングの輝かしい歴史へのトリビュート・モデルです。
直径46 mmの大型ケースにレッドのアクセントが目を引きます。


世界限定1884本のスペシャルモデルとなっています。
お探しの方は店頭へお急ぎください!

クロノメトリー店
〒650-0021 神戸市中央区三宮町3丁目1-5
TEL:078-391-1571
FAX:078-325-5250
MAIL:chronometry@kamine.co.jp

2つのアニュアルカレンダー

2017SIHHブログでもご紹介させて頂きましたが
ランゲ&ゾーネから新作1815アニュアルカレンダーが発表されました。

このモデルの登場でランゲ&ゾーネのラインナップにおいて、アニュアルカレンダーが
2モデルラインナップされることになります。

具体的にどのあたりが違うのか比べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが既存ラインナップのサクソニア・アニュアルカレンダー
すっきりしたアニュアルカレンダーで非常に人気のあるモデルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが、新作の1815・アニュアルカレンダー。

サクソニアモデルとの違いはまずケースサイズ。
サクソニア・アニュアルカレンダーが38.5ミリに対し、新作1815アニュアルは40ミリ
1.5ミリケース径が大きくなりました。

見た目ではビッグデイトが無くなり、針でのカレンダー表示に変更。

また2時位置にプッシュボタンが追加。
このプッシュボタンを押すことによって、カレンダー表示の全ての要素を1日進めることができます。
長期間使用していなかった際に再度合わせる時に便利な機構です。

各モデルのケースバックも比較

 

 

 

 

 

 

 

こちらがサクソニア・アニュアルカレンダー

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが新作の1815アニュアルカレンダーです。

サクソニア・アニュアルカレンダーはご覧の通り自動巻きで
1815・アニュアルカレンダーは手巻きムーブメントになっております。

自動巻きはワインダーを使うと止まる可能性がありませんが、
手巻きではどうしても止まってしまうことも有り、先程のプッシュボタンが追加されたのではと思います。

入荷が楽しみな新作モデルです。

その他細かい部分の違いもございますので、是非店頭にて詳しくお問い合わせ下さい。

またサクソニア・アニュアルカレンダーは現在カミネ店頭にございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンクゴールド・ホワイトゴールドとも店頭に並ぶのはなかなかございません。

各¥5,335,200-(込)

 

是非、カミネ旧居留地店・ランゲコーナーにお立ち寄りください。

 

カミネ 旧居留地店
078-325-0088

 

BVLGARIコーナー リニューアル!

皆様こんにちは!

カミネ トアロード店です。

 

本日よりブルガリコーナーがリニューアルいたしました!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前のベージュの壁から心機一転、鮮やかなオレンジ色に

模様替えです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

角度によって色の濃淡が変わる壁面により、

並んでいる時計の雰囲気もグッとよくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外はまだまだ冬の天気ですが、神戸にお越しの際は

温かみのあるブルガリコーナーを覗いてみてください。

皆様のご来店おまちしております。

 

カミネ トアロード店
営業時間:10:30~19:30
電話番号:078-321-0039
torroad@kamine.co.jp
アクセスマップはこちら
カミネ 公式Facebook
カミネ ブログはこちら

CALENDAR

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

ARCHIVE