KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

パテック フィリップのスプリットセコンド

パテック フィリップのスプリットセコンド 。 「割り剣」 とは

 

「二つのラップタイムを計測する。 」 そんな場面に出くわす時は、まず「ない」 。

ならば何故「スプリットセコンド」という製造が極めて難しいこの機種を各メーカーは敢えて造るのだろう。

それは、製造が困難だからこそ各社が技術力をアピールしたい為なのだと思う。

そんなスプリットセコンドの中でも他と一線を画し、ひと味違う

パテック フィリップのスプリットセコンドを2機種ご紹介します。

5204R001

 

 

 

 

 

 

 

 

永久カレンダーを併せ持つグランド・コンプリケーションです。

クロノグラフの秒針が2本ある事とリューズにもプッシュボタンが付いている事から

このモデルがスプリットセコンド・クロノグラフを搭載していると分かります。

時計の針のことを昔「剣」と呼ぶこともあり、

スプリットセコンドはクロノ秒針が二つに分岐する様子を表現するのに

「割り剣(わりけん)」と呼ぶ人もいます。

時計製作において、スプリットセコンド・クロノグラフ機構の製作は

トゥールビヨン、ミニットリピーターと並び

最も難しい仕事のひとつなの です。

スプリットセコンド・クロノグラフとは、一言で言えば

中間タイムを測定する事ができる高度な機構を組み込んだクロノグラフという事になります。

つまりメインの計測を止める事なくラップタイムが計れるのです。

ケース径:40㎜・RG

手巻き永久カレンダースプリットセコンド・クロノグラフ

防水:3気圧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは 2015 年に発表された永久カレンダー機構を搭載していない

シンプルなスプリットセコンド・クロノグラフ5370P-001 です。

6時位置の“EMAIL”の文字はフランス語のエマイユ。(英語でエナメル)

本黒七宝・文字盤である事を表します。

黒いグランフー(高温焼成)エナメルの美しさは言うまでもありません。

この黒文字盤は今年生産終了となりましたが、入れ替わりの新作として

青文字盤(ブルーエナメル)が発表されました。

ケース径:41㎜・Pt

手巻きスプリットセコンド・クロノグラフ

防水:3気圧

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロアまで何なりとご相談ください。

Tel.078-321-0039

営業時間 10:30~19:30

SHOP INFO≫https://www.kamine.co.jp/shop/torroad2/

チャレンジは「人」を変える

 

ノルケイン公式インスタグラムで箕田さんのポートレイトを見た方は、精悍な登山家を想像するだろう。

しかし、日本で会った彼は黒いポロシャツのボタンをきちんと留め、にこやかに微笑む優しい男性だった。

 

筋肉隆々でもない。どこに闘志を眠らせているのだろうか。国内での山岳経験はあるが海外登山は未経験のアマチュア。それでもマッターホルンはいつか登ってみたい憧れの存在だったという。
チャレンジの話を聞き、これを逃したら二度とチャンスは巡ってこないと信じ、マッターホルンへの熱い思いをSNSに投稿したところ、世界で数百人の応募者の中からチャレンジャーに選ばれた。

 

ちなみにスイス・ノルケインS.A箕田さんの登山経験を全く調べていない。SNSの向こうから伝わってくるチャレンジャー・スピリットだけで選出を決めたのだった。

 

チャレンジの途中、最後の難関を前にして夢を諦めかけたという。4時間ロープを握りしめ、腕の力だけで体重を支え続け 筋肉が悲鳴をあげる中、目の前に現れたのが傾斜角が垂直以上のホーバーハング。

 

ハーネスで繋がれたガイドのアンディに向かって「無理だ、限界だ」と箕田さんは叫んだ。しかしアンディ「君は登れる、壁を超えられる」という声を聞くうちに、不思議と力が湧き、超えることができたのだという。

 

アンディのサポートはもちろん、彼の心の中にはノルケインの創業リーダー「ベン・カッファー」と交わした約束があった。

 

前日、麓のツェルマットの街でベンに会った時、箕田さんは正直に胸の内を語った。「幸運にも自分はチャレンジャーに選ばれ、渡航滞在費も出してもらって今ここにいるが、インスタのフォロワーが何万人もいるわけでもなく、海外登山の経験もない。果たして自分でいいのだろうか。」この問いに対して、ベンはまっすぐに目を見て「あなたは登れる。登る資格がある」と答えた。根拠はない。しかし確信があるチャレンジスピリットとはそういうものかもしれない。

 

 

そのベン・カッファーとは写真の彼。スイス・ノルケインS.Aの現CEOカミネ クロノメトリー店を訪れた際の写真です。

 

ベン・カッファー氏はスイスの伝統的時計製造をするいわば時計工場の息子で、スイス時計業界でも有名な父親は時計作りに人生を捧げた人で今もご壮健です。ノルケイン製品は企画開発から製造、卸まで流通を短縮して世界各地の市場に提供されています。それががグッドバリューつまり魅力的なプライスパフォーマンスを持つ理由のひとつです。

 

カッファーCEOの着用しているノルケイン

FREEDOM60 CHRONO AUTO


ケース径:43㎜、SS、クロノグラフ、
自動巻防水:100m
48時間パワーリザーブ
¥517,000(税込)

 

 

続けて 一部商品紹介もさせて頂きます。

 

アドベンチャースポーツ

ケース径:42㎜、防水:100m
70時間パワーリザーブ
クロノメーター認定
日本限定:50本
¥326,700(税込)

 

FREEDOM60 CHRONO

ケース径:43㎜、防水:100m
48時間パワーリザーブ
¥484,000(税込)

 

SHOP訪問の際、カミネ・クロノメトリー店ノルケインコーナー前で魚住店長と2ショット

ノルケイン社から生み出される時計の数々は純粋で真面目な彼の人柄が如実に表れている気がします。

 

 

店内のコルトンが新しくなったノルケインコーナー

 

この素敵な一人の若者のストーリーを感じながらノルケインの時計をご試着頂ければ幸いです。

 

「コンフォートゾーンを抜け出して、自分の持っている力をすべて出しなさい、マッタホルンが教えてくれた」

By NAOTO MINODA(箕田 直人)

 

「チャレンジは人を変える」正にこういう事なのだと思いました。

 

NORQAIN FAIR≫≫≫ https://www.kamine.co.jp/norqain-fair2020/

カミネ クロノメトリー店↓↓↓

 

オデュッセウス

 

A.ランゲ&ゾーネ 「オデュッセウス」

遂に実物を腕に。

高級ドイツ時計らしい気品はそのままに

タフでアクティブなエレガンスを兼ね備えた

新たなランゲファミリーの一員。

ラグジュアリースポーツジャンルに堂々鎮座。

 

 

見た目だけでない、A.ランゲ&ゾーネらしいスポーツウォッチ。

極めて明快なデイ・デイト表示をダイヤルの左右に配したランゲらしい表情は

ユーザーの使い易さに配慮。

その上12気圧の防水性を誇る、ケースとリューズの操作性の高さは

ランゲ特有の高級感に満ち溢れる。

 

 

 

開発期間10年をかけて生まれた、メゾン初のラグジュアリースポーツウォッチ『オデュッセウス』

ネーミングの由来はホメロス作の『オデュッセイア』の主人公の名。

10年に渡るトロイア戦争後の帰途、さらに漂流しオデュッセイアの苦難の10年を送った長編叙事詩。

A.ランゲ&ゾーネも10年のモデル開発期間になぞらえて この商品がネーミングされました。

この時計の完成度に奥行きを感じるのは実に10年に及ぶ開発期間があるからでしょう。

 

 

 

ブランド初の28800振動のハイビートムーブを搭載し

両持ちのバランスブリッジとなったことによる、高い衝撃性はスポーティな使用にも対応。

万全なる設計思想のもと、ムーブメントからしっかりと作り込みをしているのは

さすがランゲ&ゾーネだと言えます。

 

オデュッセウス

Ref:363.038

ケース径:40.5㎜

ケース素材:ホワイトゴールド

防水:120m

\4,807,000-(税込)

 

 

10月3日(土)、4日(日)。

今日明日はカミネ旧居留地店で

恒例のドイツビールをゆっくり楽しみながら

ランゲの新作を祝う気分でご試着下さい。

https://kamine.co.jp/watch/a-lange-and-sohne/mens/

フェアとコレクションの案内はこちらから↑