Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

カラトラバ・ウィークリー・カレンダー5212A

パテック フィリップの2019年発表モデルの中でも一番の話題作だと思う『カラトラバ・ウィークリー・カレンダー』。

 

 

 

 

 

 

こちらのモデルは語るところが多すぎて何からお伝えすればよいのか難しいのですが、 、、

先ずはカラトラバでは久しぶりにケース素材にステンレススチールが採用されたこと、そしてウィークリー・カレンダーの名前の通り週表示機能が搭載されていること。

 

 

 

 

 

 

 

 

この週表示は曜日が日曜日から月曜日に替わるタイミングで替わり、『今日』を含む今週が一年の内で第何週に当たるかが簡単に読み取れます。

赤いポインター針が指し示す週表示の更に外周には月表示があります。

またこの文字盤の数字とアルファベット、どことなく手書き風ですが、 これは実際にデザイナーが手書きでデザインを起こしたものを転写する手法が使用されています。

クラシックな外見に関わらず、最新のムーブメントが搭載されている事もこのモデルの大きな特徴です。
このモデルに搭載される自動巻きムーブメントCal.26-330 S C J SEは、 従来のCal.240と並んで自動巻きの主力であったセンターローターのCal.324をベースにする新しいムーブメントで、 加工技術の更なる向上により針飛びがより少なくなり、時刻合わせ時のストップセコンド機能も持ち合わせています。

 

 

 

 

 

 

 

 

またこの5212Aモデル、発売中のメンズプレシャス2020冬号のウォッチアワード2019で、ハイコンプリケーション部門を受賞したほか、審査員個人賞において 、弊社社長の上根 亨賞としてコメントをさせていただいております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カミネ トアロード本店2F
パテック フィリップ・フロア

Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30
※12月31日、1月1日2日は全店休業

 

 

パテック フィリップの『カラトラバ・パイロット・トラベルタイム 』

 

 

 

 

 

 

往年のパイロットウォッチの意匠を盛り込んだトラベルタイム・ウォッチで、この7234はケース径37.5ミリなので手首が細めの男性にもお勧めです。また、女性がこちらを愛用し男性が5524を愛用されれば、ペアウォッチになります。(ちなみに5524にはWGとRGの2素材で展開がございます)

カラトラバ・パイロット・トラベルタイム 7234』はダイヤモンドがセッティングされていないパテック フィリップをお探しの女性にもお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

温かみあるローズゴールドケースに光沢のあるブラウン・ソレイユの文字盤は、パイロットウォッチでありながら上品でエレガントな印象を持ち備えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

パイロットの名を冠するだけあって夜光の効いた太い針とインデックスを持ち、視認性も抜群です。

 

 

 

 

 

 

 

 

短針の下にスケルトンの短針が重なって付いていて、ケースサイドのプッシュボタンを押す事により1時間単位でずらす事ができます。一度ずらすとそのまま動いていくので、常にもう一か国の時間を読み取れます。使わない時は完全に重なるので邪魔になりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

シースルー・バック仕様のため、パテック フィリップの自動巻きムーブメント『Cal.324 S C FUS』の動きをお楽しみいただけます。

ぜひ一度お試しください。

 

カミネ トアロード本店 2F
パテック フィリップ・フロア

Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30
※12月31日、1月1日2日は全店休業

パテック フィリップのワールドタイム

パテック フィリップ ワールドタイムの品番で気づいたのでご報告します。

2019年度版のカタログを見ると、

ワールドタイム・クロノグラフの5930Gは、5930G-010と表記され、
ワールドタイムの5230の2機種は5230G-014、5230R-012と表記されています。

実は、昨年のカタログには、この3本とも全て001となっていました。

 

 

 

 

 

 

 

一体どうしてでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

(ワールドタイム・クロノグラフ 5930G)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ワールドタイム 5230)

 

変更となった理由は、
『TOKYO
』の隣に記された、中国の都市名が『HONG KONG(香港)』から『BEIJING(北京)』に変わったためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

変更の理由は分かりませんが、このように都市名が変わることがあります。

TOKYOの正反対の都市名は5130から5230へのモデルチェンジの時に『RIO』から『B.AIRES』に変わりましたし、5130時代には『DUBAI』が無くなった事もあります(5230では復活しました)

世界都市名の表示は順次切り替わっていますのでお選びいただくことはできませんが、手に入れられたタイミングのものにご縁があったと思っていただければと思います。

ぜひ店頭でお確かめください。

 

カミネ トアロード本店 2F
パテック フィリップ・フロア

Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30
※12月31日、1月1日2日は全店休業