Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

パテック フィリップ その伝統的なクロノグラフの変遷

5172G-001

 

 

 

 

 

 

 

 

この5172モデルは、2019年バーゼルフェアで発表され
今年からデリバリーが始まった新作。

完全自社開発製造の手巻きクロノグラフムーブメントCH 29-535 を搭載。
2010年に発表された5170モデルが
2019年に生産終了になるのと入れ替わりに発表された後継モデルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このモデルに搭載されているキャリバーCH 29-535
伝統的なアーキテクチュアー(手巻き、コラムホイール、
水平クラッチ)を備え、6つの技術特許で保護された
技術革新を含んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年発表のこのモデルは、何年もかけて仕様変更され
クロノグラフを作動するプッシュボタンが
これ迄の角型から丸型に変更されプッシュボタンの
頭の部分には非常に繊細なギョウシェ彫りが施されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラグ部分は特徴的な3段ラグになっており、
前面のサファイヤクリスタルも少し角のあるボックス型
仕様で より古典的な味付けになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5170モデルが発表されるまで生産されていた
手巻きクロノグラフ 5070モデルに
搭載されていたムーブメントCH 27-70
ヌーヴェル・レマニア社がパテック フィリップの為にのみに特別生産し
ほぼ自社製と言っても過言ではないものでしたが
それでもマニファクチュールとして
パテック フィリップは新たにCH 29-535 を開発するに至りました。

 

 

 

 

 

 

 

たパテック フィリップはCH 29-535 の発表以前の2006年に
やはり完全自社開発の自動巻きクロノグラフムーブメントCH 28-520 を発表しましたが
こちらは垂直クラッチにフライバック機能も搭載した現代的な仕様となっています。
※上の写真はCH 28-520 を搭載した5905モデルです

過去に発表された5170シリーズは
製造年度、マテリアルによって
ダイヤルアウトサイドのメーター類が変化しています。

ラグを含め、ケーシングはシンプルな構造で
プッシュボタンも長年 角型でした。

年々進化していく5170の変遷をご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

5170J-001(2010年発表)
外周メーターはパルスメーター

 

 

 

 

 

 

 

 

5170G-001(2013年発表)
パルスメーター

 

 

 

 

 

5170R-001(2016年発表)
外周メーターはレイルウェイ分刻みのみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5170P-001(2017年発表)
外周メーターはタキメーター

 

 

 

 

 

 

そしてこの新作5172Gタキメーター
プリントされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにパテック フィリップ社は
クロノグラフひとつとっても 歴年で少しずつ改良。

近年のスタイリングも念頭に仕様を変更し
新鮮なイメージで、少数生産を維持しながら
常に新たな製品をリリースし続けているのです。

 

 

 

 

 

 

 

パテック フィリップのお問合せは
カミネ トアロード店2F
パテック フィリップ・フロアまでお気軽にどうぞ。
Tel. 078-321-0039 / 営業時間 10:30~19:30
SHOP INFO >> こちら

メールでのお問合せは以下より承ります。
お問合せフォーム >> こちら

< 前の記事へ

次の記事へ >