Patek Philippe Floorブログ

ムーンフェイズ機能のお話

今日は、「小満」
24節気の第8で、「万物が次第に成長し、一定の大きさに達する」
「万物盈満すれば草木枝葉繁る」という意味があるそうです。

”麦畑が緑黄色に色付き始める”を意図し
沖縄では、梅雨の訪れを意味する時期でもあるそうです。

永久カレンダーや年次カレンダーモデルに搭載されている
ムーンフェイズ(月齢表示)機能。

 

レディースモデルの7121や4968のように
通常のカレンダーが無くムーンフェイズのみが
搭載されたものもあります。

これは、実際の月の満ち欠けを表示する機能
星や月が描かれるロマンチックなビジュアルは
特に女性に人気がある気がします。

 

パテック フィリップのムーンフェイズは
122年に1日の誤差を誇ります。

この機能は現代では実用面において
あまり必要では無いかもしれません。

しかし日本では1872年(明治5年)という
わりと最近まで、この月の満ち欠けを基準として生活をしていました。
この月を基準とした暦の事を太陰暦と言います。

月は約29.5日周期で満ち欠けを繰り返すので
これを一か月とします(実際は29日の月と30日の月を繰り返します)

対して現在我々が日常使用している暦は
太陽を基準とした太陽暦であり、一か月は30日か31日(2月のみ特別)です。

 

 

明治5年の改暦(太陰暦を基準とした旧暦から太陽暦への切り替え)の時点でも
世界的には太陽暦がスタンダードであったようです。

では月の満ち欠けを基準とした場合のメリット
何だったのでしょうか?

それはカレンダーが整備された環境でなくても
月の形を見る事により今日が月の何日目かがわかる事です。

新月の1日から始まり3日目の月を三日月
満月は月の半ばなので十五夜
という言葉が今だに残っていますが
恐らく江戸時代までの日本人なら誰でも
昨日と今日の月の形の違いを見分けられたのだと思います。

反面大きなデメリットもあります。
太陰暦では12ヶ月経っても約354日にしかならず、
実際に地球が太陽の周りを一周する約365日に対して約11日も差ができてしまいます。

つまり太陰暦で生活していると季節がどんどんずれていってしまうのです。

もちろんこれでは生活に支障が出ますので、
実際は約3年弱に一回、閏月というものを設けて
1年を13か月にする事でこの差を修正していました。

この修正が入った太陰暦を正確には太陰太陽暦と言い、
日本の旧暦はこちらを使用していました。

1年が13か月なんてすごく不思議な気がしますが
こういった歴史を知るといつものムーンフェイズも少し違って見えますね。

 

パテック フィリップのご相談は
カミネ トアロード本店 パテック フィリップ・フロアまで
Tel. 078-321-0039

・現在、11:00~19:00の時間短縮営業となっております
・店内はお客様の安全のため、各感染症対策を実施しております。
詳しくはこちら >> Click

パテック フィリップのTWENTY~4®

Last Call !!

TWENTY∼4®が生産中止に・・・。

ラストワンで入荷したブルー・ソレイユダイヤルをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

1999年の発売以来 20年間ベストセラーであり続けた角型のTWENTY∼4®の生産終了が発表されました。(丸型のTWENTY∼4 オートマチックが後継となります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TWENTY∼4®というネーミングはご存知の通り

24時間どのようなシーンにも寄り沿うというところから来ています。

昼間はオフィスで仕事をこなし、夜はそのままドレスに着替えてディナーに出掛ける女性のイメージです。
今でこそ一般的ですが、ゴールドよりも固いステンレススチールにダイヤモンドをセッティングする事は
当時はまだ技術的に大変難しい事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TWENTY∼4®に使用されているステンレススチールは
アンチアレルギーで、
肌との相性に優れた最高品質の物を使用。

ひとコマずつカーブしたパーツで構成されたブレスレットは
どんな女性の腕にも心地よくフィットします。

 

99年の発表当時、文字盤の色は
《フォーエバー・ブラック》《タイムレス・ホワイト》《エターナル・グレー》
の3色展開で、この《パーフェクト・ブルー》は2010年に追加されました。

 

TWENTY∼4® “Perfect Blue” Dial
4910/10A

ケースサイズ:25.1×30㎜、ステンレススチール
クオーツ、防水:3気圧
36個(約0.45ct)のダイヤ付きケース
10個のダイヤインデックス
オニキスをセッティングしたリューズ

文字盤はツヤがあり
角度によっては黒っぽくも見え
艶っぽく美しいブルーに仕上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ロングセラーでありながらディスコンになるのは残念ですが、
名作が姿を消し、その後に価値を上げていくのは高級時計のひとつの文化でもあります。


カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロアでは、パテック フィリップ コレクションを多数取り揃えています。ぜひお手に取ってご覧ください。

カミネ トアロード本店2F パテック フィリップ・フロア Tel.078-321-0039、Open.10:30~19:30(無休)

 

3/20(金祝)~22(日) パテック フィリップ・フロアにて

春の訪れを祝う「Blooming 3days」を開催。素敵なギフトをご用意しています。

 

パテック フィリップのレディス・ノーチラス

ゴージャススポーティ。そしてエレガントな印象まで薫り立つノーチラス レディスコレクション
時計本体とブレスレットの一体感がここまで極まった完成形を持つデザインは 他になかなか類を見ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

46個(約0.73ct)のトップクオリティのダイヤモンドがベゼルにセッティングされており、文字盤にはをイメージしたエンボスのウェーブラインが施され、より女性らしい柔らかさを演出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして18Kゴールド製の針とインデックスにはスーパールミノバが流し込まれ、抜群の視認性と文字盤の表情に明るさを加えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリーズの中で最小の32㎜のケースは、日本人女性の細めの手首にもジャストフィットし、全体に行き渡るK18RGの重みもこの時計を身に着けた時の高揚感かき立てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

この時計に内蔵されているE23-250 S Cパテック社の完全自社製を誇る高性能クオーツムーブメント。

地板、受け、歯車などの機械部分は機械式ムーブメントと全く同じ基準による精緻な仕上げが施されています。万が一 不具合がおこった場合も 機械交換ではなくオーバーホールで対応します。クオーツムーブメントでも自社設計に拘るのは永久的に修理を保証するために必要な事なのです。

レディス・ノーチラス  7010/1R-011
ケース径:32㎜(10~4時方向)
RG、クオーツ、防水:6気圧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロアでは、パテック フィリップ コレクションを多数取り揃えています。ぜひお手に取ってご覧ください。

/カミネ トアロード本店2F パテック フィリップ・フロア Tel.078-321-0039、Open.10:30~19:30(無休)

3/20(金祝)~22(日) パテック フィリップ・フロアにて春の訪れを祝う「Blooming 3days」を開催。素敵なギフトをご用意しています。

パテック フィリップのカラトラバ 4978/400G『ダイヤモンド・リボン・ジュエリー』

パテック フィリップのレディースコレクションには、華やかで洗練されたエレガンスなコレクションが多くあります。

 

 

 

 

 

 

そのひとつである カラトラバ 4978/400Gをご紹介いたします。

別名『ダイヤモンド・リボン・ジュエリー』と呼ばれ、合計770個(約4.4カラット)のダイヤモンドをセッティングした気品にあふれたコレクション。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この『ダイヤモンド・リボン・ジュエリー』コレクションは、新体操の競技のリボンから着想を得た渦巻き状のダイヤセッティングで、ケースと、文字盤に合計679個(約3.99カラット)のダイヤモンドをグラデーションのように大きさを少しずつ変えながらセッティングしています。

とても繊細でダイヤモンドの輝きを最大限に解き放したデザインになっています。
ドレスアップはもちろん、シンプルな装いにも愛用したい逸品です。

 

 

 

 

 

 

ムーブメントはマイクロローター搭載の超薄型自動巻 Cal.240が搭載され、機械式時計の小宇宙をじっくりと堪能していただくこともできます。ちなみにケースサイズは女性には少し大きめの36.5ミリ

 

 

 

 

 

 

 

 

この他、『ダイヤモンド・リボン・ジュエリー』コレクションには、ムーンフェイズを備えた4968もあります。

 

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロアでは、パテック フィリップ コレクションを多数取り揃えています。ぜひお手に取ってご覧ください。

 

カミネ トアロード本店2F
パテック フィリップ・フロア

Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)

 

パテック フィリップの『カラトラバ・パイロット・トラベルタイム 』

 

 

 

 

 

 

往年のパイロットウォッチの意匠を盛り込んだトラベルタイム・ウォッチで、この7234はケース径37.5ミリなので手首が細めの男性にもお勧めです。また、女性がこちらを愛用し男性が5524を愛用されれば、ペアウォッチになります。(ちなみに5524にはWGとRGの2素材で展開がございます)

カラトラバ・パイロット・トラベルタイム 7234』はダイヤモンドがセッティングされていないパテック フィリップをお探しの女性にもお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

温かみあるローズゴールドケースに光沢のあるブラウン・ソレイユの文字盤は、パイロットウォッチでありながら上品でエレガントな印象を持ち備えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

パイロットの名を冠するだけあって夜光の効いた太い針とインデックスを持ち、視認性も抜群です。

 

 

 

 

 

 

 

 

短針の下にスケルトンの短針が重なって付いていて、ケースサイドのプッシュボタンを押す事により1時間単位でずらす事ができます。一度ずらすとそのまま動いていくので、常にもう一か国の時間を読み取れます。使わない時は完全に重なるので邪魔になりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

シースルー・バック仕様のため、パテック フィリップの自動巻きムーブメント『Cal.324 S C FUS』の動きをお楽しみいただけます。

ぜひ一度お試しください。

 

カミネ トアロード本店 2F
パテック フィリップ・フロア

Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30
※12月31日、1月1日2日は全店休業

パテック フィリップの年次カレンダー

パテック フィリップは、年次カレンダー、デュアル・タイムゾーン、ワールドタイムなど愛用者にとっては嬉しい機能が搭載されたコンプリケーションの長い伝統を持っています。そのコレクションの中で、時刻と日付表示以外の機能を備えたタイムピースをコンプリケーテッド・ウォッチと言います。

その中でも発表以来20年以上に渡り人気を集め、今ではベストセラーとなっているモデルをご紹介。


 

 

 

 

 

 

 

それはパテック フィリップが1996年に発表し、特許を取得した年次カレンダーで、別名アニュアルカレンダーとも呼ばれます。

その特徴は、1年に1回(3月1日に)日付の調整をするだけで他の日は自動的に時計自身が調整してくれます。日付表示や曜日表示、月表示などを備えたモデルは毎月カレンダー調整が面倒なため、ユーザーにとっては便利な機能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(『5146』は自動巻ムーブメントで、 キャリバー 324 S IRM QA LUを搭載しています)

 

 

 

 

 

 

 

 

今では、『5146』のように丸みを帯びたエレガントなフォルムと温かなダイヤルカラー、アラビア数字とバーインデックスを組み合わせたクラシカルなダイヤルデザインや、

 

 

 

 

 

 

 

 

シンメトリーで、モダンにすっきりと曜日・月・日付を配置した洗練されたデザインが新鮮な『5396』などバリエーションが豊富に展開されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性コレクションも展開されています。
『4947』は、縦と横の2方向のサテン仕上げにより山東絹(つむぎ風の絹布)のように温かみあるシルバーダイヤルの文字盤とベゼルにダイヤモンドがゴージャスにセッティングされた上品なモデルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の追随を許さない技術・ノウハウを誇っているパテック フィリップだからこそのコレクション。

ぜひお手に取ってご覧ください。

 

 

 

 

 

カミネ トアロード本店 パテック フィリップ・フロア
Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)

24時間寄り添うシンプル・エレガンス『パテック フィリップ Twenty~4 オートマチック』

パテック フィリップのレディス コレクションの中でも、時を超越した女性のエレガンスを体現した『Twenty~4®』。

1999年に発表されて以来、多くの女性に支持され、昨年の2018年に約20年の歳月を経て新たなコレクションが発表されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Twenty~4 オートマチック』は、現代に活躍するアクティブな女性の日常生活を彩るタイムピースで、この上ない気品を感じます。

温かみあるローズゴールドと、放射線状に広がる光沢感あるブラウン・ソレイユ文字盤は、腕元を華やかに演出してくれます。

 

1コマ1コマ丁寧にポリッシュ仕上げされたブレスレットは、手首にしっとりと馴染む最高の着け心地
カミネ トアロード本店にお越しの際は、ぜひその心地よい感覚をお試しいただきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ムーブメントは、センターセコンドと6時位置に日付を配した自動巻Cal.324 S Cを搭載。
美しい時の鼓動サファイアクリスタル・バックからご覧ください。

 

 

Twenty~4 Automatic
K18RGケース(36.0mm)
自動巻(Cal.324 S C)
サファイアクリスタル・バック
3気圧防水
160個のダイヤモンドセッティング

 

ローズゴールド×ブラウン・ソレイユ文字盤の他に、ローズゴールド×シルバーグレー文字盤ステンレス×グレー・ソレイユ文字盤ステンレス×ブルー・ソレイユ文字盤がございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなた自身の24時間に寄り添う『Twenty~4 オートマチック』を探してみませんか?

 

カミネでは、この度 731日売・月刊神戸っ子81日売・eclatパテック フィリップの広告を出稿いたします。パテック フィリップが創造する『Twenty~4 オートマチック』の世界観をお楽しみください。


 

 

 

 

 

 

◆パテック フィリップ コレクションはこちらからお楽しみください。
⇒PATEK PHILIPPE(http://kamine.co.jp/watch/patek-philippe/

 

 

 

 

 

 

 

 

パテック フィリップ『レディース年次カレンダー 4947G-010』

パテック フィリップを代表するコンプリケーション「年次カレンダー」のレディースモデルをご紹介。

3月1日のみ手動で調整を行えば、後は大の月、小の月を自動で調整してくれる年次カレンダーは、日常使いに非常に有用なコンプリケーションと言えます。

2017年にホワイトゴールドモデルに追加されたこちらのダイヤルは、縦と横2方向のサテン仕上げにより、山東絹(つむぎ風の絹布)のような女性らしい上品な印象があります。

 

 

ケースには141個(約1.28ct)のダイヤモンドがセッティングされ、特に両サイドのラグから一直線のラインのセッティングが美しさを際立たせます。

 

 

また、リューズにも14個(約0.06ct)のダイヤモンドがセッティングされており、細部にまでラグジュアリー感を楽しむことができます。

 

シンメトリーの計算されつくされたダイヤルデザインは、月と曜日の表示は針で示すタイプで視認性も抜群です。

 

ちなみにこちらのモデルは、1996年に発表された特許を取得したパテック フィリップ年次カレンダーの後継機になります。

大切な方とのペアウォッチとしてご提案いたします。

 

この他にもパテック フィリップ・コレクションを多数取り揃えています。
お好みのパテック フィリップをぜひお探しください。

 

BASEL WORLD2019で発表された最新作モデルについてのご質問やご相談などございましたらお気軽にお申し付けください。

 

 

 

美しき手巻きクロノグラフ 7150/250R

本日は、2018年発表のレディース 手巻き クロノグラフ 7150/250R-001をご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

ブレゲ針アップライトのブレゲ数字インデックスは、エレガント クラッシックで端正な顔立ちが特徴的な2カウンタークロノグラフモデルです。

 

 

 

 

 

 

 

サイドから見るとサファイヤガラスが風防のように湾曲しており、さらにクラッシック感を際立たせています。

 

 

 

 

 

 

 

サファイアクリスタルのケースバックからは、完全自社開発生産手巻きクロノグラフムーブメントCH 29-535 PSをお楽しみいただけます。

 

38ミリのケースにムーブメントが隙間なく収められた完璧な設計は ムーブメント全体の美しさもアピールしています。

 

 

 

 

 

 

 

さらに裏面のサファイヤクリスタルも膨らんでいるため、ムーブメントをより間近に立体的鑑賞することができます。

ぜひ その素晴らしさをお手に取って体感してみてください。

 

パテック フィリップ製品についてのご質問やご相談などございましたらお気軽にお申し付けください。

 

Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)

 

パテック フィリップ初の女性用“トラベルタイム 7234 ”

女性用モデルでは数少ない複雑時計の中でも『 カラトラバ・パイロット・トラベルタイム』をご紹介。

 

 

 

 

 

 

こちらは同じく2018年に発表された紳士用の5524とペアになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

往年のパイロットウォッチのスタイルを取り入れたヴィンテージテイストを楽しむことができ操作が簡単なデュアルタイムゾーン機能のために女性の方でもラフに愛用いただけます。

 


パテック フィリップはノーチラスやアクアノートは言うに及ばず、
永久カレンダー、年次カレンダー、クロノグラフ、ワールドタイム、ゴンドーロ、カラトラバに至るまで男女ペアで揃えることができますが、デザインが全く同じでサイズが違うだけというのはカラトラバの5119と7119のペア以来なかったように思います。 

 

 

 

 

厚みのあるカーフスキンに白ステッチが施されたストラップは、ミリタリーテイストが際立っています。

 

 

 

 

 

 

 

正方形にくり抜かれた穴は他モデルにはない独特な形状で、『 カラトラバ・パイロット・トラベルタイム』の特別感を着用するたびに感じていただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケース径はそれぞれ42ミリと37.5ミリですが、厚みはどちらも同じ10.78ミリになりますので、

7234の方がふっくらと少し立体的に見えます。

ぜひご試着の上、その立体感を肌で実感してみませんか?

パテック フィリップ・コレクションのお問合せやアフターメンテナンスのご相談など承ります

お気軽にお問い合わせください。