Patek Philippe Floorブログ

パテック フィリップ その伝統的なクロノグラフの変遷

5172G-001

 

 

 

 

 

 

 

 

この5172モデルは、2019年バーゼルフェアで発表され
今年からデリバリーが始まった新作。

完全自社開発製造の手巻きクロノグラフムーブメントCH 29-535 を搭載。
2010年に発表された5170モデルが
2019年に生産終了になるのと入れ替わりに発表された後継モデルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このモデルに搭載されているキャリバーCH 29-535
伝統的なアーキテクチュアー(手巻き、コラムホイール、
水平クラッチ)を備え、6つの技術特許で保護された
技術革新を含んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年発表のこのモデルは、何年もかけて仕様変更され
クロノグラフを作動するプッシュボタンが
これ迄の角型から丸型に変更されプッシュボタンの
頭の部分には非常に繊細なギョウシェ彫りが施されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラグ部分は特徴的な3段ラグになっており、
前面のサファイヤクリスタルも少し角のあるボックス型
仕様で より古典的な味付けになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5170モデルが発表されるまで生産されていた
手巻きクロノグラフ 5070モデルに
搭載されていたムーブメントCH 27-70
ヌーヴェル・レマニア社がパテック フィリップの為にのみに特別生産し
ほぼ自社製と言っても過言ではないものでしたが
それでもマニファクチュールとして
パテック フィリップは新たにCH 29-535 を開発するに至りました。

 

 

 

 

 

 

 

たパテック フィリップはCH 29-535 の発表以前の2006年に
やはり完全自社開発の自動巻きクロノグラフムーブメントCH 28-520 を発表しましたが
こちらは垂直クラッチにフライバック機能も搭載した現代的な仕様となっています。
※上の写真はCH 28-520 を搭載した5905モデルです

過去に発表された5170シリーズは
製造年度、マテリアルによって
ダイヤルアウトサイドのメーター類が変化しています。

ラグを含め、ケーシングはシンプルな構造で
プッシュボタンも長年 角型でした。

年々進化していく5170の変遷をご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

5170J-001(2010年発表)
外周メーターはパルスメーター

 

 

 

 

 

 

 

 

5170G-001(2013年発表)
パルスメーター

 

 

 

 

 

5170R-001(2016年発表)
外周メーターはレイルウェイ分刻みのみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5170P-001(2017年発表)
外周メーターはタキメーター

 

 

 

 

 

 

そしてこの新作5172Gタキメーター
プリントされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにパテック フィリップ社は
クロノグラフひとつとっても 歴年で少しずつ改良。

近年のスタイリングも念頭に仕様を変更し
新鮮なイメージで、少数生産を維持しながら
常に新たな製品をリリースし続けているのです。

 

 

 

 

 

 

 

パテック フィリップのお問合せは
カミネ トアロード店2F
パテック フィリップ・フロアまでお気軽にどうぞ。
Tel. 078-321-0039 / 営業時間 10:30~19:30
SHOP INFO >> こちら

メールでのお問合せは以下より承ります。
お問合せフォーム >> こちら

カラトラバ・ウィークリー・カレンダー5212A

パテック フィリップの2019年発表モデルの中でも一番の話題作だと思う『カラトラバ・ウィークリー・カレンダー』。

 

 

 

 

 

 

こちらのモデルは語るところが多すぎて何からお伝えすればよいのか難しいのですが、 、、

先ずはカラトラバでは久しぶりにケース素材にステンレススチールが採用されたこと、そしてウィークリー・カレンダーの名前の通り週表示機能が搭載されていること。

 

 

 

 

 

 

 

 

この週表示は曜日が日曜日から月曜日に替わるタイミングで替わり、『今日』を含む今週が一年の内で第何週に当たるかが簡単に読み取れます。

赤いポインター針が指し示す週表示の更に外周には月表示があります。

またこの文字盤の数字とアルファベット、どことなく手書き風ですが、 これは実際にデザイナーが手書きでデザインを起こしたものを転写する手法が使用されています。

クラシックな外見に関わらず、最新のムーブメントが搭載されている事もこのモデルの大きな特徴です。
このモデルに搭載される自動巻きムーブメントCal.26-330 S C J SEは、 従来のCal.240と並んで自動巻きの主力であったセンターローターのCal.324をベースにする新しいムーブメントで、 加工技術の更なる向上により針飛びがより少なくなり、時刻合わせ時のストップセコンド機能も持ち合わせています。

 

 

 

 

 

 

 

 

またこの5212Aモデル、発売中のメンズプレシャス2020冬号のウォッチアワード2019で、ハイコンプリケーション部門を受賞したほか、審査員個人賞において 、弊社社長の上根 亨賞としてコメントをさせていただいております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カミネ トアロード本店2F
パテック フィリップ・フロア

Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30
※12月31日、1月1日2日は全店休業

 

 

カミネが惚れたパテック フィリップの最新作

 

 

 

 

 

 

 

 

3月下旬にスイスにて開催されたバーゼルワールドも無事終わり、カミネスタッフも出向してまいりました。

各ブランドから 魅力的な新作が数多く発表されていましたが、その中でも多くの方々が注目をされているパテック フィリップをご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクアノート 5168G

コンテンポラリーなカジュアル・シックを体現した『ジャンボ』と愛称されるメンズ・アクアノートをダイナミックに表したカーキ・グリーン・バージョンが発表されました。

 

 

 

 

 

 

すでにファンから『ランボー』の愛称で話題を集めているとか!?

カーキ・グリーンの採用は、パテック フィリップの冒険心遠くに見える地平線がイメージされています。

8角形のラウンド型ケースとベゼルはサテンとポリッシュで交互に仕上げた上品なデザインでパテック フィリップならではの繊細さが輝いています。

 

 

 

 

 

 

アクアノート 5168G

K18WGケース(42.2mm/10-4時方向)
自動巻(Cal.324 S C)
パテック フィリップ・シール
12気圧防水
サファイアクリスタル・バック
カーキグリーンにエンボス加工文字盤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラトラバ・ウィークリー・カレンダー 5212A

パテック フィリップの長き伝統を誇るコンプリケーション コレクションに新たなウィークリー・カレンダモデルが登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

曜日と日付のカレンダー表示機能に加え、週番号の表示機能が搭載されています。今回、パテック フィリップは

最適化技術を採用した全く新しいムーブメントを開発し、文字盤も手書き風の数字と文字が新鮮なダイヤルデザインを採用しています。

 

 

 

 

 

 

 

カラトラバ・ウィークリー・カレンダー 5212A
ステンレスケース(40.0mm)
自動巻(Cal.26-330 S C J SE)
パテック フィリップ・シール
3気圧防水
サファイアクリスタル・バック
日付を窓表示
曜日、週番号を指針表示

 

 

この他にも多彩なコレクションが発表されています。
パテック フィリップ・コレクションについて、ぜひお気軽にカミネ トアロード本店2F パテック フィリップ・フロアにお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

2019 BASEL新作紹介① カラトラバ・ウィークリー・カレンダー

 

 

 

 

 

 

 

カラトラバ・ウィークリー・カレンダー
5212A-001
ステンレスケース(40mm)3気圧防水
Cal.26-330 S C J SE
自動巻きムーブメント
センターセコンド、日付、曜日、週番号表示

今年のバーゼルワールドにて発表された新作の中でも
取り分け注目を集めているのが
こちらの「カラトラバ・ウィークリー・カレンダー」です。

 

 

 

 

 

 

 

カレンダー機能での新しい
コンプリケーションであるこのモデルは、曜日と日付に加え
今日が一年の何週目かを示す週番号を表示します。

 

 

 

 

 

 

 

 

美しいシルバー・オパーリンの文字盤に
このモデルのために
特別に創作された書体による転写印刷
クラシカルで温かみのある表情を創り出しています。

個性的なデザインの主役となるのは
2つの赤いハンマー型の指針。

赤色のヘッドを備えたハンマー型指針は
文字盤内周の曜日を指し
もう一つのハンマー型指針は、
外周の週番号と月を指しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2面にファセット仕上げが施された
ドフィーヌ型時分針
4面ファセット仕上げのインデックス
ブラック仕上げのホワイトゴールド製。

シンプルでありながら
存在感のある5本の指針とインデックス
複雑な表示内容の視認性を高めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

カラトラバシリーズとしては
珍しいステンレスケース。

 

 

 

 

 

 

 

 

ケースは冷間鍛造により成型され
美しいカーブを描くラグやベゼルは
熟練の職人による入念なポリッシュが施され、
まるで貴金属のような
スムースで深みのある輝きを放っています。


 

 

 

 

 

 

 

このケースフォルムは
1955年に製作された
ミュージアムピースRef.2512モデルから
インスピレーションを受けています。

そのことからこのモデルの
リファレンスナンバーは5212とされ
同じ数字の順序を変える事で血縁関係を明示しているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外観の素晴らしさに目を奪われますが
最も注目すべきポイントは
初搭載の新型ムーブメントです。


 

 

 

 

 

 

 

新しい Cal.26-330 S C J SE
既存の自動巻きムーブメントCal.324
をベースに開発された、全く新しいムーブメント。

シンプルムーブメントでは
初めてストップセコンド機能が付く等
時計の基幹機構のパフォーマンスと信頼性を向上させる
数々の技術革新と改良を特徴とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つはセンターセコンドに関するもので
これまでの摩擦バネのついた伝統的な3番車に代わり
LIGAプロセスによる
画期的なアンチ・バックラッシュ歯車を導入しています。

*LIGAプロセスとは…
X線を用いたフォトリソングラフィティ
電解メッキ、形成による微細加工

 

 

 

 

 

 

 

 

歯車の歯はそれぞれ分割され
厚さ22ミクロンの帯バネ状になっており
先端が鈎(カギ)状になったバネにより
秒針の振れを完全に防ぐことが出来ます。

この技術革新により
組立て時の高度な調整は不要となり
メンテナンスが容易になるのです。

 

更に、ゼンマイを巻き上げる際に
自動巻き機構との連結を解除する減速歯車を導入したことで
手動、およびローターによる
ゼンマイの巻上げ時の不要な摩擦が軽減。

巻き上げ機構全体の
パフォーマンスと信頼性を向上させています。

 

様々な革新と改良を実現させた
新ムーブメントは調べれば調べるほど
奥が深く、とても興味深いです。

実際に使用した際の
パフォーマンスについても注目していきたいですね。

パテック フィリップ製品の
お問合せは、以下までどうぞ。

カミネ トアロード本店2F
パテック フィリップ・フロア
078-321-0039 / 10:30~19:30