KAMINEスタッフブログ

文字サイズ

パテックフィリップの「カラトラバ5196」

カラトラバの名が初めてパテックフィリップの時計と結び付けられたのは1932年のことでした。
その時のオリジナル96モデルのデザインは、現在では5196モデルに受け継がれています。

これは当時ドイツの国立美術学校より発展した芸術運動“バウハウス”の
「機能がフォルムを決定する」という思想から影響を受けています。

ケース径が31ミリから37ミリへとアップした今もその基本デザインは変わりません。
時間を読み取るという機能を極限までデザインの無駄を削ぎ落としながら追求し、
決定されたフォルムを是非手にとってご覧ください。

カミネ・トアロード店・2Fにはホワイトゴールド、イエローゴールド、
ピンクゴールドの3種類がございます。
お好みのケース素材をお選びいただけます。

< 前の記事へ

次の記事へ >

CALENDAR

2008年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ARCHIVE