KAMINEスタッフブログ

文字サイズ

A.LANGE&SÖHNEセミナー2

2日目

2日目は、部品の組み立てエングレービングの実習を行いました。

<部品の組み立て>

組み立ての作業ではモニターで先生のお手本を見ながら、バラバラの部品を1つずつ組み立てていきました。
ランゲ&ゾーネのムーブメントは、まず未加工・無装飾の状態で1度組み立てて、組み立て位置、正確さ、歩度が厳しい基準を満たすまで、調整を繰り返します。
この時点で再度バラバラにし、清掃、仮ビスの交換、研磨・つや出しを施します。
表面仕上げ、面取り加工が済んだらようやく2次組立が行われます。

これ程の手間をかけるのは、完璧さの追求のあらわれといえます。
妥協を許さないドイツ人のこだわりですね。

<エングレービング>


  ランゲムーブメントの中で真っ先に目を引くのが、160年来の伝統となっているテンプ受けのエングレービング。
 1つ1つ職人が手作業で行うので世界中に同じものは存在しませんが、彫り込む模様は160年間変わりません。
 現在ランゲにはエングレーバーが6人いますが、エングレーバーによってこんなにも違いが出てきます。

エングレービングを実際に体験し、大変細かい作業でしたが楽しい実習でした。


CALENDAR

2009年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ARCHIVE