KAMINEスタッフブログ

文字サイズ

ロレックスの革新性

創業以来、「進取の気象」を企業哲学として、常に最善の時計作りを実践、
ムーブメント、外層ともに進化させ続けてきた時計メーカーがロレックスです。

一昨年に「ディープシー」がお披露目されたときに、ケースやブレスの素材は
高級SS(ステンレススティール)「SUS316L」だと勝手に思っていましたが違いました。

耐食性が不可欠な化学産業分野で使われてきた「904L」という超合金だったのです。
汗や海水にびくともせず、堅牢で研磨性にすぐれ、ほかの貴金属ともパーフェクトに
調和する904Lを時計の外層に用いた先駆者がロレックスなのです。

時計に最適なケース素材を追求し、行き着いたのが「904L」と公言もしています。
加工用工作機械も開発したといいます。

CALENDAR

2010年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ARCHIVE