KAMINEスタッフブログ

文字サイズ

ぺキニエは、洒脱なフレンチ・マニュファクチュール。

トアロード店の2Fでは、現在 ぺキニエ・フェアを開催中 ですが

今日はそんなぺキニエの歴史について少しふれてみます。

ぺキニエは、しばしば 「洒脱」 と表現されます。

「洒脱」。
おそらくはデザイン性の高さとフレンチ・マニュファクチュールだということでしょうか。

フランスの時計産業史から掘り下げると、
ちょうどルイ14世の時代の「ナントの勅令」廃止をきっかけに、
新教徒が逃げ込んだのが、フランスとスイスにまたがるジュラ地方。

この一帯に定住した彼らの中には時計技術を持つ者も多く、
その中でフランス国内の 「モルトー」 でも時計製造が産業として育ちました。


左の大きな赤丸部分が「モルトー」。

70年代のクォーツ時計の台頭による壊滅的な打撃を
受けるものの、現在でもこの地域には学校や博物館が存在しています。

ちなみに、モルトーの時計学校で技術を身につけた人々は
"フロンタリエ" と呼ばれ、スイスの時計産業を支えているのです。

このモルトーに本社を構え、
フランス時計産業の栄光をぺキニエは取り戻そうとしています。

2007年、ムーブメント開発に着手。
2009年の 「EPM01」 を 2010年には
「カリブル ロワイヤル」 として正式発表。


サイズや外観などの制約なく、自由な発想から
誕生した 「カリブル ロワイヤル」 。
ぺキニエの新たな歴史の最初のページに刻まれる傑作ムーブメント。

代表モデルがこの 「リューロワイヤル」。

SS(42mm) 完全自社製自動巻き
¥1015200(税込)


名実ともに、"フレンチ・マニュファクチュール" と成ったぺキニエ。

この広く明るい工房は、
照明、空調は最新のシステムが導入され、
木製のブラインドや床・壁などはすべてソフトなぺキニエ・カラーで統一。

美しいものは、美しい環境で作られることを実感。

フルモデルで見られる今だからこそ、ぜひ足をお運びください。
期間中は引続き、ぺキニエの魅力をお伝えします。

カミネ トアロード店2F
Tel.078-321-0039
Open.10:30-19:30(無休)


< 前の記事へ

次の記事へ >

CALENDAR

2014年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ARCHIVE