KAMINEスタッフブログ

パネライ小噺その② ルミノール誕生 カミネスタッフのあれこれ連載No.9

さて、前回はラジオミールについてご紹介しましたが、
本日はもう一つの代表的なモデル「ルミノール」をご紹介します。

1936年から時計づくりを始めたパネライですが、
1950年代になるとリューズガードを備えたモデルが誕生しました。

そう!
このデザインこそが現在のパネライの人気モデル・夏が似合う時計
ルミノールへと続く原型です。

50年代のケース形状を模しているのが現行モデルで言われる
『1950ケース』というものです。

例えば、PAM00422(ルミノール1950 3デイズ)など
商品詳細は >> https://www.kamine.co.jp/item/544/

第二次世界大戦が勃発した頃に始めた技術研究を終戦後も続け、
ブリッジ型リュウズプロテクターという
パネライ独自の機構が生まれました。
ラジオミールからの発展してきた背景が見えるケースです。

こちらもおすすめ。

ルミノールマリーナ 1950 3デイズオートマティック アッチャイオ 44MM
PAM01312 SS(44mm)自動巻 300m防水
商品詳細は >> https://www.kamine.co.jp/item/3810/

イタリア海軍の強い要求からどんどん磨き上げられ進化していったパネライ
機能性を追求して無駄をそぎ落とし、その中で生まれた『機能美』
と言われるすばらしいデザインだと思います。

パネライの歴史を少しだけ振り返りながら、
現在、ご覧いただけるモデルをご紹介させていただきました。
ご紹介したバリエーションだけでも意外と違いがあるんだなあと
感じていただけたのではないでしょうか。

80年前に誕生したデザインですが、
今、実際手にして見ても全く古く感じません

これから80年後、私たちの次の(次?)世代が
手にしても美しいと感じるデザインに違いございません。

お気に入りのパネライを探すお手伝い、喜んでさせていただきます。
何なりとお申し付け下さいませ!

今回のブログは元町店のパネライ担当、栩山よりお送りしました。

カミネ最新の営業案内はこちらから
※臨時休業中の店舗も一組ずつの完全予約制にて、ご来店予約を承っております。
詳しくはこちらへ
https://www.kamine.co.jp/news/637/

※2020年5月1日より、パネライの一部商品において価格改定を予定されております。
詳しくは 弊社パネライ商品一覧ページをご確認下さいませ。

パネライの時計はどれも同じに見える? カミネスタッフのあれこれ連載No.6

こんにちは。
本日もカミネ元町店より、パネライ小噺をお届けいたします。

お客様からよく聞くワードの1つとして、
『パネライはどれも同じに見える。』という話をお聞きします。

確かにパネライのケース形状を大まかに分けると2種類だけになります。

しかも、8割くらいは黒文字盤…
どれも同じに見える』と言った意見も頷ける部分ではあります。

ですが…
実はパネライ、何百種類ものラインナップを持っており、
ちょっとしたデザイン、素材の違い等、非常にバリエーション豊富なブランドなのです。

今回はパネライの歴史からお伝えするパネライ選びのヒント、
現在お求めいただけるモデムのご紹介をさせて頂ければと思います!

ルミノールラジオミールか、
パネライ大きく分けると『ルミノール』か『ラジオミール』この2種類になります。

この2モデル。
大きな違いはリューズプロテクターがあるか、ないかです。
リューズプロテクターが付いているのが『ルミノール』 付いていないのが『ラジオミール』です。

ラジオミールは、パネライが初めて作った時計で1936年、
イタリア海軍から時計の製作を依頼された事に端を発しています。

ラジオミールロゴ ブラックシール
PAM00754
AISI 316L ポリッシュスティール(45mm)
自動巻 取り外し可能なワイヤーループ式ストラップ・アタッチメント(パネライ特許

商品詳細は >> https://www.kamine.co.jp/item/7682/

ちなみに、パネライは創業1860年
しかし!パネライが時計を作り始めたのは1936年からです。
ではそれまでの70年間は何をやっていたのかと言うと…

パネライは元々、イタリアの時計店でした。
この店は時計店としてだけでなく、フィレンツェ初の時計学校でもあります。
パネライの歴史はここから始まっているのですね。

 

こちらは現在のパネライブティック(フィレンツェ)。
美しいテラコッタ色は、海が似合うカラーコントラストです。

 

 

1936年に時計づくりを始めてから、1940年代には海軍からの要求が更に強くなり、
ラグ部分は華奢なワイヤーループから耐久性のあるラグへと生まれ変わりました。

更にパネライの歴史について知りたい方は、公式サイトへどうぞ!
https://www.panerai.com/ja/about-panerai/history.html


ラジオミール 1940 3 デイズ
オートマティック アッチャイオ – 45mm
PAM00572
AISI 316L サテンスティール(45mm)
自動巻 オフセンターローター

商品詳細は >> https://www.kamine.co.jp/item/7686/

現在、店頭に並んでいる『ルミノール』と『ラジオミール』の
中間といったデザインが特徴です。

『ラジオミール1940』の名を冠したモデルになります。
この『ラジオミール』という名称は1910年代にパネライが
自社開発したラジウムを含む夜光塗料『ラジオミール』を使用したことに由来します。

次回は、ルミノールの誕生についてお届けします!

現在、パネライをご覧頂ける元町店では一組ずつの完全予約制にて、ご来店予約を承っております。
詳しくはこちら>> https://www.kamine.co.jp/news/637/

※2020年5月1日より、パネライの一部商品において価格改定を予定されております。
詳しくは 弊社パネライ商品一覧ページをご確認下さいませ。

「パネライ」イタリアのデザイン、情熱とスイス技術の融合 カミネスタッフのあれこれ連載No.4

こんにちは。

カミネ元町店からは、イタリアのデザイン・情熱とスイス時計技術の融合である時計「パネライ
を取り上げ、ご紹介させていただきます。

パネライといえばPAM01312のように12,6,9時位置がアラビア数字で、
その他はバーインデックスになっている文字盤を想像する人が多いかと思います。

pam01312

こちらがPAM01312 ルミノール マリーナ
1950 3デイズ アッチャイオSS(44mm)
自動巻72時間パワーリザーブ(3日巻)
商品の詳細は >> https://www.kamine.co.jp/item/3810/

今はこの文字盤がパネライの代名詞ともいえますが、
イタリア海軍特殊潜水部隊の要請で初めて作ったダイバーズウオッチである
ラジオミール」コレクションは全く違った印象をもっています。

元町店では、この初代ラジオミールを再現した新作が入荷しております
(現在、店舗は臨時休業中ですが完全予約制にてご来店の予約を承っております。
お気軽にお電話下さい Tel. 0120-027-039)

pam00931

その新作がこちらのPAM931
ラジオミール カリフォルニア 47mm
AISI316L ポリッシュスティール(47mm)
手巻き 10気圧防水
商品詳細は >> https://www.kamine.co.jp/item/7685/

3時、9時位置のバーインデックスがダイヤルを2分し、
上半分をローマ数字、下半分をアラビア数字としたユニークなダイアルは
通称「カリフォルニアダイヤル」。

一見見にくい感じがしますが、実際には
特殊部隊員が暗い海中で時計を見たとき、
瞬時に時計の上下がわかるような仕様となっています。

そして、もう一度ダイヤルを見てほしいのですがパネライのロゴが入っていません

もちろんブランドロゴがなくてもこのダイアルを見れば、
パネライとわかる雰囲気を持っていますが、
ロゴがついていない理由は、軍事機密に属する精密機器であったことに由来するようです。

流石はパネライ!全てのデザインには意味があります。
少し変わったパネライをお探しの方はぜひご相談ください。

【カミネ最新の営業案内はこちらから 】
※臨時休業中の店舗も一組ずつの完全予約制にて、ご来店予約を承っております。
https://www.kamine.co.jp/news/637/

CALENDAR

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ARCHIVE