KAMINEスタッフブログ

I.T.A.


本日、心斎橋の日航ホテルにて
一新時計さんが新しく取り扱う製品を見て参りました。

-ITALIA TECNICA ARTIGIANA®-

イタリアの職人気質を意味するブランド名です。
2006年にミラノで誕生したとてもユニークで
主張の強いデザインが特徴です。

つづきます…

改装工事

旧居留地店オープンに伴い、ブランドの異動があります。現在のトアロード2Fです。どのように変わるのでしょうか…  後日お知らせします。

時計Begin vol.51

時計Begin vol.51でカミネ各店が紹介されております。
トアロード本店の1Fはロレックス、カルティエ、オメガ、ゼニス、グラハムを中心としたトラディショナルな雰囲気。
2Fではパテックフィリップ、F.P.ジュルヌ、H.モーザーなどより本格的な機械式時計をご覧頂けます。
すぐ近くの元町店ではパネライ、フランクミュラー、IWC、APなど旬なものを。
三宮方面へ徒歩5分、さんプラザ店ではブライトリングの世界観がお楽しみ頂けます。

ランゲ&ゾーネ、ジャガールクルト、ロジェデュブイ、ウブロ、ブレゲ、ヴァシュロンコンスタンタンはこちらで…。
2008年3月15日オープンです。

The guillocheur

ギョーシェ彫りとは機械でつくり出す模様のことで、1つ1つすべて手作業で行われます。

デザイナーの図面通りにつくるには、芸術センスをもちつつ、
精密な図形を彫る技術に習熟していなければなりません。全体の仕上がりを見て細部をつくり込んでいきます。
刃先ひとつで生み出される模様を10㎠に刻むとき、
1/1000㎜単位の仕事をしなければなりません。

研ぎ澄まされた集中力を最大限に使い、彼等は魂を込めていくのです。

www.HauteHorlogerie.org

The enameller


エナメルとはガラス質の釉薬(うわぐすり)のことで、
エナメル文字盤は金属と溶かしたガラス(釉薬)を結合させて作る焼き物です。

それは気の遠くなるような時間と忍耐が必要とされ、無数の工程はどれも気を抜けず、
時の流れにあわせて地道に作業を進めていくのです。
腕時計の文字盤は20㎜~30㎜程なので同時に繊細さも要求されます。

時計文字盤に用いられるエナメル技法は、大きく分けて4つあります。

The watchmaker

時計製造の中心地、スイス・ジュネーブ。
中世末期、宗教改革から逃れた人々が集まって時計産業が発展していきました。

そんな時計の町で、現代の多くの時計師は、
子供の頃から遊びを通じて時計を学んだと言います。

腕時計は非常に小さな部品で構成されています。

MASTERS OF HAUTE HORLOGERIE

先日、〝スイス時計の巨匠・情熱のポートレイト〟という番組を見る機会がありました。
とても良い内容で、スイスの高級時計の素晴らしさをあらためて実感しました。

時計師、エナメル職人、ムーブメントデザイナーや革ストラップまで多岐にわたる内容を
これから数回に分けてご紹介させていただきます。


たまには

神戸で働いてはいるものの、お気に入りの数軒を行ったり来たり。
その数少ないお気に入りの内の1軒が、ぎょうざ屋さん「祥雲」。

「葱油鶏」 といって、注釈には「うまい鶏」とあります。
いえいえ、うま過ぎます。
ツルっとした喉越しで、お味も香りも絶妙です。

とても薄い皮で、片面がパリっと香ばしく、私の大好物です。
薄い皮をこれだけ綺麗においしく焼けるのは素晴らしい。
具材は数種類から選べますが、私のイチオシはしいたけ。

「あっさりラーメン」は、確かにあっさりしたお味ではあるのですが、
不思議な味わいというか、他ではいただけないスープです。
山椒油がカウンターには置いてあり、その数滴でさらに味の不思議は深まります。

この3品が私の祥雲での定番コースです。

神戸にはぎょうざ屋さんがたくさんありますよね。
他もいろいろ探検してみなくては。

TORROAD LADY


1日の終わりには

私の1日は深夜のおやつで終わります。

大好きな「マカロン」。
美味しいだけでなく、カラフルで見ているだけで楽しくなってしまいます。
ここ2年ほど、私のナンバー1マカロンはサダハル アオキ。
特に抹茶はオススメのフレーバーです。
日本人の解釈とは少し違った抹茶のお味といえば良いのでしょうか。
東京の丸の内や新宿の伊勢丹で購入できます。

やめよう、やめようと思うのですが
まだまだ深夜のおやつはやめられそうにありません。

TORROAD LADY


2008年のスタートは・・・

こんにちは。
寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

1月1日より体調不良が続き、やっと元気を取り戻した私、
2008年をこれから楽しみますよ!


とは言っても、無理は禁物。
今年のグルメは雑炊でスタートです。
大阪の西天満にある、「大美」という日本料理のお店。
選んだのはミックス雑炊、画像では分かり辛いのですが、
卵や鶏肉、焦げ目のついたお餅と盛りだくさん。
何より、雑炊のためだけにとられた繊細なダシがおいしい!!


かぶらの風呂吹きは何となくオーダーしたのですが、
雑炊とともにアっと言う間に食べ終えてしまった、優しいお味の1品。

西天満はフラっと立ち寄りたくなるお気に入りのお店が多く、
ゆったり落ち着いて過ごしたい夜によく訪れる界隈です。

みなさんは、冬の寒い夜をどのようにお過ごしですか? 
TORROAD LADY

CALENDAR

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ARCHIVE