MAINTENANCE

カミネブライダルについて

1. ダイヤモンド品質評価基準「4C」

ダイヤモンドの美しさは、「4C」と呼ばれる4つ要素であらわされます。

<Carat カラット 重さ>

ダイヤモンドの重さを表す単位。1カラットは約0.2g。カラットが増すほど価値が高くなりますが、ダイヤモンドの評価は他の基準(カット、クラリティ、カラー)を含め、総合的に判断されます。


0.20ct

0.30ct

0.50ct

1.00ct

1.50ct

2.00ct

3.00ct

<Color カラー 色>

ダイヤモンドの色は無色透明に近いほど稀少価値は高くなります。無色透明の「D」から「z」まで23段階で評価されます。

[D-F ; 無色] [G-J ; ほぼ無色] [K-M : わずかな黄色] [N-R ; 非常に薄い黄色] [S-Z ; 薄い黄色]

<Clarity クラリティ 透明度>

専門の宝石鑑定士が磨かれたダイヤモンドを10倍のルーペで拡大検査し、光の通過を邪魔する内包物やキズの有無、位置や大きさ等を評価したものです。内包物やキズが全く認められないものを最高の[FL]クラスとし、11段階に分かれます。

FL IF VVS1〜VVS2 VS1〜VS2 SI1〜SI2 I1〜I3
フローレンス インタナリー
フローレンス
ベリーベリー
スライトリー
ベリー
スライトリー
スライトリー
インクルーデッド
インパーフェクト

<Cut カット プロポーション・研磨>

ダイヤモンドの優劣は、輝きに大きく影響します。ダイヤモンドは、光の屈折を最大限に利用できるよう計算された比率によりカットされます。カットグレードはダイヤモンドのプロポーションと研磨技術を評価する基準です。

Excellent Very Good Good Fair poor

2. 納期について

ブランド商品の納期は、各ブランド・各商品により異なります。即日ご納品できるリングもございますが、ご納品までに長期間要する場合もございます。オリジナル商品(セミオーダー・フルオーダー)は、オーダー後約1か月〜1か月半のお時間を頂戴しております。
※繁忙期や複雑なデザインのオーダー等、更に納期がかかる場合もございます。

お急ぎの場合、その他細かいご要望がございましたら是非一度、お気軽にお申し付けください。

3. アフターサービスについて

ジュエリーは1日着けるだけでも皮脂や汚れが付着しますので、定期的にクリーニングをすることで輝きを保つことができます。ご愛用のジュエリーのクリーニングやパールネックレスの糸替えなど、経験・知識が豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。
カミネでは、リフォームのご相談も承ります。セミオーダーは、リフォームカタログからデザインをお選びいただけます。フルオーダーは、ご希望をお伺いしながらデザイン画を作成・お見積りをし、完成までのお手伝いをいたします。

ブランド商品につきましては、各ブランドのアフターサービスに準じてご対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

4. お手入れについて

ジュエリーは洗浄によって、汚れが落ち、輝きがよみがえります。

<ダイヤモンド、ゴールド、プラチナのお手入れ>

〜ご自宅での洗浄方法〜
中性洗剤を薄めたぬるま湯に浸した毛先の柔らかい歯ブラシ(豚の毛など)でジュエリーをやさしく磨き、すすいでください。その後、糸くずの出ない布で拭き、乾かしてください。(カミネではご購入の際、お手入れ用セルベットをお渡ししております。)

〜傷がついてしまった場合〜
ダイヤモンドは貴金属、貴石を容易に傷つけてしまうため、接触させないよう特にご注意ください。
ダイヤモンド同士の接触でも傷つきます。
ゴールド、プラチナに傷がついた時は、磨き直すことで、本来の輝きを取り戻すことができます。また、ホワイトゴールドはロジウム加工が施されている製品が多いため、ロジウムコーティングをすることで、色合いと輝きが戻ります。

<パールのお手入れ>

真珠は主成分が炭酸カルシウムです。酸、熱、水に弱く、汗やほこりが付いたままにしておくと光沢が失われ、変色などの原因になります。そして、パールの表面は大変傷つきやすいため、特別なお手入れを必要とします。
化粧品や、化学薬品に触れないようにご注意ください。パールはこまめに柔らかい布で丁寧に拭き、他のジュエリーと分け、傷つかないよう保管ください。

〜注意点〜
・宝石によってお手入れ方法が異なりますので、特に多孔質の宝石(パール、オパール、ヒスイなど)やエメラルドのお手入れにはご注意ください。
・ジュエリーを着用し、スポーツ、入浴、海水浴を行う、また、直射日光、高温多湿、X線、放射線などは宝石に大きなダメージを与える原因となりますので、避けてください。

5. 結納について

結納については、ご両親の希望や地域の風習により、様々な方法がとられています。
結納品の品目の1つに結納金があります。男性側から女性側へ結納金を贈る習慣がありますが、現代では結納金と婚約記念品(婚約指輪)だけを贈るケースも多くなっています。女性側からは「結納返し」、「結婚記念品」を男性側へ贈ります。男性の希望に合わせて購入する方も増えており、最近では略式結納という形をとり、時計のみをお贈りになるケースが増えています。ペアウォッチにされる方もいらっしゃいます。品目や金額は地域差やご両家の意向でさまざまです。カミネではウォッチブランドも多数取り扱っておりますので、専任スタッフが丁寧にご提案させていただきます。結納包装のご用意もございます。お気軽にお問い合わせください。