KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

オンリーウォッチ

〈オンリーウォッチ〉というチャリティーオークションが開催されているのをご存知でしょうか。

これは、2005年より2年毎に開催されるチャリティオークションで、オークションの収益はデュシェンヌ型 筋ジストロフィー研究支援のため、モナコ 筋ジストロフィー協会に寄付されます。

 

今年の11月7日、ジュネーブで開催された第6回目のオークションにパテック フィリップが出品したのは「5016A-010」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年に生産終了となったグランドコンプリケーション5016モデル

(レトログラード日付表示永久カレンダー、ミニットリピーター、トゥールビヨン搭載)のステンレススチール仕様です。

これは、このオークションのために特別に1本だけ製作されました。

もちろん、過去にこのモデルがステンレスで作られた事はありません。

しかも、文字盤はブルーのエナメル。

正に「オンリーウォッチ」と言えるでしょう。

 

この時計、スイス・ジュネーブで開催されたオンリーウォッチ オークションでなんと7,300,000スイスフラン(日本円で9億円以上)で落札されました。

これは2005年にオンリーウォッチ・コレクションがスタートして以来の最高落札価格だそうです。

そして、気になるこの時計の落札者ですが、ハリウッドスターのブラッド・ピットとのニュースが報道されました。

http://news.mynavi.jp/news/2015/12/09/335/

(もちろん、パテック フィリップも主催者側も落札者の情報は一切、公表はしませんが、ニュースとして報道されました)

 

ちなみに過去5回のパテック フィリップの出展商品はコチラ。

http://www.patek.com/jp/コミュニケーション/ニュース/2015年オンリーウォッチ・オークション結果(ジュネーブ)

 

 

 

 

 

 

 

2013 5004T-001

 

 

 

 

 

 

 

2011 3939HA-010

 

 

 

 

 

 

 

2009 5106R-001

 

 

 

 

 

 

 

2007 5712T-001

 

 

 

 

 

 

 

2005 5099/101-RG-001

落札された巨額のお金は一部がチャリティーに寄付され、製作する側も、落札する側も、人の役に立つという素晴らしいオークションであり、またこれだけ高値が付くという事自体が、世界に君臨するパテック フィリップの価値なのだと思います。

パテック フィリップ

< 前の記事へ

次の記事へ >