KAMINEスタッフブログ

文字サイズ

A.LANGE & SÖHNE 新作発表会開催中!!

現在旧居留地店にて「A.ランゲ&ゾーネ新作発表会」を開催しております。(4/24~26の3日間での開催
店頭では、今年1月にSIHHで発表された新作をいち早くご覧いただけます。


「リヒャルト・ランゲ・トゥールビヨン”プール・ル・メリット”」

12時から6時の間は、トゥールビヨン全体をご覧頂けますが、6時になると時表示用の隠しダイヤルが出現します。こうすることで、午前中や夜でも時刻を正確に読み取ることができます。
そして、12時になると隠しダイヤルは再び姿を消す。。。大変ユニークで工夫を凝らしたメカニズムです。

<左>
ケース:PT 41.9mm 100本限定
パワーリザーブ:36h
¥19887000(込)

<右>
ケース:PG 41.9mm
パワーリザーブ:36h
¥16474500(込)

ケースの裏にはチェーンフュジー機構を見る事が出来ます。(テコの原理を利用し、トルクを一定に保つ機構)


「ツァイトヴェルク・ストライキングタイム」

ケース:PT 44.2mm 100本限定
パワーリザーブ:36h
¥10458000(込)

ランゲウォッチで初めて音というコンセプトを盛り込んだモデルです。
ダイヤル側から見る事の出来るハンマー打ち機構を搭載。
15分ごとに明るい音色で時を告げ、1時間おきに低音が鳴り響きます。
早送りをするとベートーベンの交響曲第5番「運命」冒頭のメロディーになるこちらも大変ユニークな時計です。


「サクソニア・デュアルタイム」

ケース:PG 40mm 
パワーリザーブ:72h
¥2383500(込)

10時位置、8時位置にあるプッシャーを押すだけで、簡単に第二時間帯を調節することが出来ます。


店頭巨大ムーブメント

昨日から多くのお客様にご来店頂き、店内は大変にぎわっております。

旧居留地店では5月31日まで「ワインダー・WATCH BOX」も豊富に揃えておりますので、
ご来店の際は是非こちらもご覧になって下さい。


音楽のお話し

3月以降、切なくすっきりするニュースが少ない今日この頃ですが、たまに聴く音楽にはやっぱり癒されます。
今日ご紹介するのは、私が学生時代にはまっていた、いわゆるフュージョンミュージックと呼ばれる
ジャンルのもので、ニューヨークオールスターズの「ON THE MOVE」
制作は、当時アメリカにいた深町純。(先日亡くなられてしまいました・・・)
(先日、奇跡的に見つけました。これ入手困難なマニア垂涎の名盤CDです)

サウンドは30年前のものとは思えないもので、当時セッションプレーヤーとしてひっぱりだこの、
凄腕ミュージシャンのバンド編成で制作されています。
ブレッカーブラザーズやジョージ ヤングのサックスに、バリー フィナーティのソリッド感のあるギタープレイは、
当時のニューヨークの活気と色気を感じさせるものです。
それらのミュージシャン達は、当時最も元気であぶらがのっていたのでは・・・って感じです。

アルバムの中には、NHKの時代劇の主題曲なんかもアレンジされて入っています。
本当は、秋の夜長に聴くのがいいんですが、いつ聴いても実に素晴らしい。
私の宝物の一枚です。

CALENDAR

2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ARCHIVE