KAMINEスタッフブログ

文字サイズ

ダトグラフ解析

新年あけましておめでとうございます。
旧居留地店です。

年末にランゲ&ゾーネ『ダトグラフ』の新作をご紹介させて頂きましたが
現行モデルの問合せをたくさん頂きましたので
ここで、現行モデルの遍歴を紹介させて頂きます。

まずはダトグラフが発表された当時のムーブメント
L951.1の第一世代

ランゲ&ゾーネの技術力を躊躇なく注がれたムーブメントは
今後ブラッシュアップされていく第二・第三世代には無い
パーツの深い面取りが施されています。

続いて2003年頃から2007年頃までに搭載された
L951.1の第二世代

第一世代のムーブメントに比べパーツの面取りが
若干浅くなっています。
また、画像上部のクロノグラフリセットを行う
板バネの形状がより信頼性を高くする為、変更されています。

そして改良の余地が無いと言われたキャリバーL951.1の最終第三世代

第二世代で改良された板バネはさらに改良され
ビスの位置が変更。トルク配分を考慮しさらに信頼性を高め、
ビスの面取りは第二世代に比べより磨きがかけられました。

クロノグラフのトラブルを回避する為に、板バネの理想形を求め改良を重ね
進化していったキャリバーL951.1はまさに現在最高のクロノグラフ

言えるのではないでしょうか?

そして発表された新ムーブメントL951.6

全貌はまだ明らかになってはいませんが、キャリバーナンバーが変わったとはいえ
改良の余地は無いと言われた現行ダトグラフ第三世代のL951.1をほぼ踏襲しています。

最高のクロノグラフと言われる状況に甘んじるのではなく
きっと今後はこのL951.6もブラッシュアップされていくのでしょう。
そういった意味ではL951.1の最終第三世代・L951.6の第一世代?
共に目が離せません。

ちなみにこちらが現行ダトグラフ第三世代

伝説になりうるダトグラフ第三世代。
計算しつくされたデザインはまさに最高のクロノグラフ。

そして第四世代とも言われる、『ダトグラフU&D』

第三世代より2ミリ大きい41ミリケースに
パワーリザーブ表記を6時位置に追加。
パワーリザーブも60時間に延びました。

旧居留地店に第三世代ダトグラフがございますので
是非手に取って頂き、ダトグラフの魅力に触れてみませんか?


IWC2012年新作ニュース!

あけましておめでとうございます。元町店です。

本年も何卒、元町店を宜しくお願い致します。

一月に入り、いよいよ各メーカーの新作発表が近づいてきましたが、
今回、いち早くIWCの2012年新作の画像を入手いたしました!

それがこちらです!

Pilot’s Watch Chronograph TOP GUN Miramar
と公式サイトで紹介されたこのモデルは、既存のトップガンというモデルの後継機だと考えられます♪
今年のIWCの新作はパイロットウォッチシリーズのモデル変更が発表されておりますが、
このモデルはよりミリタリー調が強まり、非常に格好良い仕上がりとなっておりますので、
その他のモデルもきっと魅力的なラインアップとなっていることでしょう!

また新作情報も入手次第こちら等でご紹介させていただきますので、今年も一年、宜しくお願い申し上げます

CALENDAR

2012年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ARCHIVE