Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

グレーブスウォッチについて

創業以来、いつの時代にも伝統を継承しつつ時代を先取るエポックメイキングな機能を搭載した時計を開発してきたパテック フィリップ。

1933年にはニューヨークの銀行家で芸術愛好家のヘンリー・グレーブス・ジュニアがティファニーを通じ、「考えられぬほど高度で、可能な限りコンプリケーション機能を搭載した世界一複雑な時計」をと特別オーダーした「グレーブスウォッチ」も世界的に知られる存在です。

24の複雑機能を備え、パテック フィリップ社が1989年に創業150周年を記念して制作されたキャリバー89が発表されるまで世界最高の複雑時計でした。900個の部品から構成され、表裏に文字盤を持つこのタイムピースは研究開発に3年、製作に5年、完成までに約8年を費やしたそうです。

2014年秋、サザビーズオークションにおいて時計史上最高額となる2320万スイスフラン(約28億円)で落札されました。
1999年にはサザビーズのニューヨークで行われたオークションで1100万ドル(約11億円)で匿名の顧客が落札していたのですが、今回のオークションではこれを大きく上回る額で落札されました。

現代に至るまでパテック フィリップは、世界最高峰の時計を作ることを企業哲学としてきました。
年間の製作本数は約5万点。 多くの人が憧れる高級時計のビッグメゾンとしてはきわめて少ない数です。
それゆえにパテック フィリップの現行モデルは、生まれながらのミュージアムピースであり、卓越した伝統的な時計製作技術と先端技術を融合しており、その精度と信頼性は他と一線を画するのです。

カミネ トアロード店2Fのパテック フィリップ・フロアでは、カラトラバからコンプリケーションモデルまで多彩なラインナップで、パテック フィリップ・コレクションを取り揃えております。

是非お近くにお越しの際は、お立ち寄りください。

カラトラバ十字

“カラトラバ”のコレクション名は、12世紀、イベリア半島でイスラム勢と戦ったスペインのカラトラバ騎士団に由来します。

この騎士団の十字架をモチーフにした、4つの百合の花を組み合わせたこの十字は1880年頃から使われ始め、今日ではパテック フィリップのブランドの象徴として用いられています。

今回ご紹介するのはそのカラトラバ十字をデザインとして使ったカフスです。

205.9089R5-001
18金ローズゴールド製
¥421200(税込)

205-9089G-001
18金ホワイトゴールド製
¥421200(税込)

カラトラバ十字が中央に、外輪にはギョーシェ装飾がほどこされています。
鏡面に磨かれたカラトラバ十字の部分と、ギョーシェ部分とのコントラストがとても綺麗です。

店頭にある5119J-001と並べてみました。

腕もとに時計とカフスでコーディネイトしてみてはいかがでしょうか?

価格改定のお知らせ

本日、パテック フィリップ ジャパンより急遽連絡があり、延期となっておりました価格改定が2月11日(水・祝)に実施されることになりました。

改定幅は全体的に約5%アップとなっております。

今回の価格改定を実施するにあたり、パテック フィリップ スイス本社
ティエリー スターン社長から私共販売店に向けてメッセージがございました。
要約しますと

先だってのスイスフランショックが以前からあった世界的な価格差をさらに大きくしてしまい、これを放置することは各国でタイムピースを購入されるエンドユーザー様に対して公平ではなく、さらにそうした価格差はグレイマーケットを活性化してしまうということ。

この価格差を是正する為に価格を上げる地域と下げる地域をつくり、ほとんどの国で差のない価格を維持し、その国の競争力を回復するということ。

このパテック フィリップの一連の対応は極めて明確で妥当だと思いました。

いよいよ明後日から価格改定となります。

年次カレンダー Ref.5396G-011

はや2月になりました。

2月1日に予定されていました価格改定が1月中旬からの為替相場の不安定な状態により2月中旬~3月1日に延期となりました。情報入り次第、こちらのブログとカミネ公式HPにてお知らせいたします。

今回は、年次カレンダー(Ref.5396G-011)をご紹介いたします。

2月末以外を自動的にカレンダーを調整するのが年次カレンダーで、閏年を含む2月末まで自動的に調整するのが永久カレンダーです。

1996年に特許を取得した年次カレンダーは、永久カレンダーを簡略化したものではなく、専用の設計となります。
特徴はカレンダー機構の大半を、巨大なカムとレバーから歯車の噛み合わせに置き換えた点にあります。これによるメリットは、生産性の高さ、メンテナンスの容易さに加え、カレンダーの切替えに慣性の大きなレバーを使わないため、部品が摩耗しにくいほか、衝撃を受けてもカレンダー表示が誤作動を起こしにくい点です。

デメリットとしては、歯車で構成されるため、部品点数が増え、カレンダーの抵抗が増しますが、パテック フィリップは歯車を磨くことにより抵抗を軽減させ、ほとんど性能に影響を及ぼさなくしています。

日付、曜日、月をディスクで表示するRef.5396は6時位置に24時間表示、曜日と月表示が文字盤の中央にコンパクトにまとめられ、全体の古典的な意匠とのバランスがとても素晴らしいです。

店頭に、Ref.5396G-011とRef.5396/1G-010がございますので、是非見比べてみてください。

また、既に年次カレンダーお持ちの方は3月1日が年に一度の操作が必要な日となります。操作が煩わしかったり、複雑で自分では調整しづらいといったオーナー様いらっしゃいましたら私共に一声おかけください。

年次カレンダー
Ref.5396G-011、Ref.5396/1G-010(ブレスレットモデル)

K18WGケース(38.5㎜)自動巻(Cal.324 S QA LU 24H/303)曜日、日付、月を窓表示ムーンフェイズ
24時間表示サブダイヤル
センターセコンドサファイヤクリスタル・バック
3気圧防水
¥5238000(税込)
¥7797600(税込)