Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

年次カレンダーメンテナンスのご案内

この間新年を迎えたと思っていたらもう2月も

下旬にさしかかり、春が待ち遠しくなってきましたね。

ところで2月と言えば年次カレンダーの調整が必要な月ですね。

この時期に合わせてカミネトアロード店2Fでは

メンテナンスチェックを実施させて頂きます。

・カレンダーの調整

・バックルの調整

・ベルトのチェック

・ケースのキズ診断

期間:2月27日(土)~29日(月)

この機会に是非お持込下さい。

 

また、今年は年次カレンダー登場20周年の記念年です。

※写真は初期モデルの為、現行品ではございません。

オーバーホールのご案内もさせて頂いておりますので

皆様のお越しをお待ち致しております。

◆Click ⇒ パテックフィリップ・カタログ

カミネ トアロード店
Tel.078-321-0039
Open.10:30-19:30(無休)

 

パテックフィリップ5960/1A-001

ここ最近暖かくなってきたと思ったらまた寒くなってきましたね。

私は先日インテックス大阪でオートメッセが開催されていたので

行ってまいりました。今年は20周年とのことで、延べ22万人以上も

来場があったそうです。会場は雨にもかかわらず熱気むんむんで

軽自動車からスーパーカーまでドレスアップした車がずらり!

憧れますね。

さて、今回は5960/1A-001

クロノグラフ年次カレンダーのご案内です。

赤針が精粋な印象のSSブレスモデル

12時側にはパワーリザーブ表示も付いてます。

ケースサイズは40.5mmと使いやすい大きさで

ブレスもしなやかで腕なじみが非常によいモデルです。

是非店頭でご覧ください。

 

パワーリザーブ最大55時間

3気圧防水   昼夜表示

21Kローター

◆Click ⇒ パテックフィリップ・カタログ

カミネ トアロード店
Tel.078-321-0039
Open.10:30-19:30(無休)

クロノグラフ5170G

2015年発表の手巻クロノグラフ黒文字盤が入荷し、

今年度で生産終了となる白文字盤と同時に店頭に並びました。

恐らく最初で最後の機会なので比較をしてみました。

デザイン上のもっとも大きな変更点はパルスメーターが省かれた事、

それによりインナーダイヤルとインデックスの数字が大きくなっています。

また針のデザインがペンシルからリーフになっていますが、

これだけで印象が大きく変わります。

いい悪いでは無く結局は好みの問題になってくると思うのですが、

それにしても時計のデザインとは、本当に奥深いものだなと感じます。

ちなみにムーブメントは全く同じCH29-535PS。

問答無用の美しさです。

是非店頭で二つのクロノグラフを見比べて下さい。

◆Click ⇒ パテックフィリップ・カタログ

カミネ トアロード店
Tel.078-321-0039
Open.10:30-19:30(無休)

パテックフィリップ5960/1A

年次カレンダークロノグラフのSSブレスレットモデル、

ようやく店頭に並びました。

完全自社開発の垂直クラッチ式フライバッククロノグラフと、

年次カレンダー機構が搭載されたダブルコンプリケーション。

赤いクロノ秒針がスポーティで一際目を引きます。

また冷間鍛造製法で仕上げられたケースとブレスレットの装着感は抜群です。

是非、手に取ってご覧下さい。

 

カミネ トアロード店
Tel.078-321-0039
Open.10:30-19:30(無休)