Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

BASEL WORLD 2017新作紹介 vol.1

 

 

 

 

 

 

 

スイス バーゼルの地へ出張中です!

 

 

 

 

 

 

 

湖畔と空、国旗の美しいコントラストに心洗われつつ

今年の新作を沢山見ております。

 

 

 

 

 

 

バーゼル会場は相変わらず多人種で溢れ、エネルギッシュ。

早速新作を紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

まずはクッション型の永久カレンダー 5940R

これで、YG・WG・RGと順番に出たことになります(YGは過去にディスコン)

 

グランドコンプリケーション 永久カレンダー 5940R-001

RG(37×44.6mm)

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、6006G

先日ディスコンになったRef.6000の後継機。 違いはケース径

37mmから39mmへサイズアップしていました。

ポインターデイトの先が弓型から三角形に。

黒と白のみの配色の中で、三角形の赤が効いています。

時分針はスケルトンになり、スポーティーかつ抜群の視認性に。

カラトラバ 6006G    WG(39mm)自動巻き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも先日ディスコンになった5180/1Gの素材違い

RGモデルの5180/1R

極限までスケルトナイズされ、手彫りで彫刻されたムーブメントはもはや芸術品。凄みすら感じます。

 

ちなみに。

パテックでは、スケルトンもコンプリケーション機能のひとつとみなすため、このモデルは「カラトラバ」ではなく「コンプリケーション」に分類されます。

 

コンプリケーション 5180/1R     RG(39mm)  手巻き

税込

 

ところで、上記3モデルには共通点があります。

お判りでしょうか?

そうです。正解は…

「すべて、マイクロローター搭載の超薄型ムーブメントCal240が使われていること」

実はこのCal2401977年に特許を取得していますので 今年2017年は、40周年にあたります。

 

40年間ずっと使われていること。

改めて、基本性能の高さを感じますね。

 

明日は年次カレンダーの新作を紹介いたします。

◆Click ⇒ パテックフィリップ・カタログ

 

< 前の記事へ

次の記事へ >