Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

パテック フィリップの『カラトラバ 5227G』

本日ご紹介するカラトラバは、K18ホワイトゴールド製ケースに漆黒の黒文字盤が美しく、ヒンジで開閉できる裏蓋を備えています。

 

 

 

 

 

刊行されたばかりのパテック フィリップ・インターナショナルマガジンにカラトラバの特集記事があり、ちょうどティエリー・スターン社長がこの5227モデルについてこう述べています。

 

 

 

 

 

 

父にこの時計を見せたところ、仕上がりがあまりにも完璧なため、父はヒンジ付きカバーの存在に気づきませんでした

 

 

 

 

 

フィリップ・スターン名誉会長でさえ一目で気づかないほどケースの仕上げが優れていたという事です。

 

 

 

 

 

 

またこの記事の中でティエリー・スターン社長はカラトラバについて「カラトラバの最も困難な要素は文字盤です」と説明したうえで「私はカラトラバと共に育ちましたから、ケースのデザイン方法は知り尽くしています。しかしカラトラバはシンプルでなければならないので、優れた文字盤の創作はきわめて複雑な仕事となります。革新的であると共にシンプルであり続けなければならないのです

と述べ、シンプルという言葉を繰り返します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルを追求していく作業がきわめて複雑な仕事となるとは実に印象的な表現です。

足すよりも引いていく方が難しいであろう事は想像に難くなく、改めてシンプルであるという事の意味を考えさせられます。

ぜひお手に取って究極のシンプルを感じてみてください。

カミネ トアロード本店2F
パテック フィリップ・フロア

Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)

「パテック・フィリップ正史」

パテック フィリップ社の創業から現在に至るまでの歴史を網羅したニコラス・フォークス著「パテック フィリップ正史」 の待望の日本語版が届きました。

 

 

 

 

 

 

主に1839年の創業から1932年に経営がスターン家に移り2015年に至るまでのパテック フィリップ社の歴史が書かれています。

 

 

 

 

 

 

歴史として1968年にゴールデン・エリプス、1976年にノーチラス発表などは載っていますが、過去に生産した時計の解説ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総ページ数は544ページ構成のフルカラーで、非常に見応えのある内容となっています。
パテック フィリップ・ファンのみならず、皆さまにご覧いただきたい正史になります。

ちなみに価格は¥26,620(税込み)です。
ご購入ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

カミネ トアロード本店2F
パテック フィリップ・フロア

Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)

パテック フィリップの年次カレンダー

パテック フィリップは、年次カレンダー、デュアル・タイムゾーン、ワールドタイムなど愛用者にとっては嬉しい機能が搭載されたコンプリケーションの長い伝統を持っています。そのコレクションの中で、時刻と日付表示以外の機能を備えたタイムピースをコンプリケーテッド・ウォッチと言います。

その中でも発表以来20年以上に渡り人気を集め、今ではベストセラーとなっているモデルをご紹介。


 

 

 

 

 

 

 

それはパテック フィリップが1996年に発表し、特許を取得した年次カレンダーで、別名アニュアルカレンダーとも呼ばれます。

その特徴は、1年に1回(3月1日に)日付の調整をするだけで他の日は自動的に時計自身が調整してくれます。日付表示や曜日表示、月表示などを備えたモデルは毎月カレンダー調整が面倒なため、ユーザーにとっては便利な機能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(『5146』は自動巻ムーブメントで、 キャリバー 324 S IRM QA LUを搭載しています)

 

 

 

 

 

 

 

 

今では、『5146』のように丸みを帯びたエレガントなフォルムと温かなダイヤルカラー、アラビア数字とバーインデックスを組み合わせたクラシカルなダイヤルデザインや、

 

 

 

 

 

 

 

 

シンメトリーで、モダンにすっきりと曜日・月・日付を配置した洗練されたデザインが新鮮な『5396』などバリエーションが豊富に展開されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性コレクションも展開されています。
『4947』は、縦と横の2方向のサテン仕上げにより山東絹(つむぎ風の絹布)のように温かみあるシルバーダイヤルの文字盤とベゼルにダイヤモンドがゴージャスにセッティングされた上品なモデルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の追随を許さない技術・ノウハウを誇っているパテック フィリップだからこそのコレクション。

ぜひお手に取ってご覧ください。

 

 

 

 

 

カミネ トアロード本店 パテック フィリップ・フロア
Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)