Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

パテック フィリップ 二つのブラックフェイスの名品が勢揃い

ふたつのブラックフェイスの名品が勢揃い。
エレガント且つ凛とした格調、個性際立つふたつのタイムピース。

今回はブラックフェイスのパテック フィリップを二つご紹介いたします。

一つはゴールデン・エリプス5738R

黄金分割法に基づいた楕円形のケースは
究極のバランス感と落ち着きをもたらしてくれます。

すっきりした印象でバーインデックスにバトンハンド、
秒針さえ無いシンプルな文字盤がオーバルケースにとても良く合います。

一回り小さかった先代のエリプス3738/100のローズゴールドモデルは
ブラウンの文字盤でしたが、
こちらは艶のあるブラックの文字盤で大人の色気を醸し出します。

二針のスマートな風貌ですが、
パテック社の誇る薄型マイクロローター式自動巻ムーブメント(Cal.240)が
内包されています。

もう一つはレギュレーター・タイプの時刻表示を持つ年次カレンダーの5235/50R



こちらは光沢を抑えたブラックに近いグレーとブラックの
ツートーンの文字盤になっており、光の反射によって表情を変えるのが魅力です。

古くは名誉会長フィリップ・スターンの執務室に置かれていた柱時計から
インスピレーションを受けたこのデザイン。



そこに白くて細いそれぞれに独立した時、分、秒針が組み合わさり、
左右の窓には曜日と月が一年に一回の修正で自動で切り替わります

ブラックフェイスに白の針とインデックスがアクセントになるのと、
同時に時刻を確実に読み取る事ができるコンプリケーションです。

製品に関するお問合せはカミネ パテック フィリップ・フロアまでどうぞ。

カミネ トアロード本店2F PATEK PHILIPPE フロア
(078)321-0039


※5/31まで11:00~19:00の時間短縮営業
6/1以降、通常通り10:30~19:30にて営業いたします。

WEBからのお問合せもお気軽にどうぞ。
お問合せフォーム

営業時間中は有人応対のチャットサービスも
ご利用いただくことができます。
カミネTOPページ右下のウィンドウよりお問合せ下さい。

ムーンフェイズ機能のお話

今日は、「小満」
24節気の第8で、「万物が次第に成長し、一定の大きさに達する」
「万物盈満すれば草木枝葉繁る」という意味があるそうです。

”麦畑が緑黄色に色付き始める”を意図し
沖縄では、梅雨の訪れを意味する時期でもあるそうです。

永久カレンダーや年次カレンダーモデルに搭載されている
ムーンフェイズ(月齢表示)機能。

 

レディースモデルの7121や4968のように
通常のカレンダーが無くムーンフェイズのみが
搭載されたものもあります。

これは、実際の月の満ち欠けを表示する機能
星や月が描かれるロマンチックなビジュアルは
特に女性に人気がある気がします。

 

パテック フィリップのムーンフェイズは
122年に1日の誤差を誇ります。

この機能は現代では実用面において
あまり必要では無いかもしれません。

しかし日本では1872年(明治5年)という
わりと最近まで、この月の満ち欠けを基準として生活をしていました。
この月を基準とした暦の事を太陰暦と言います。

月は約29.5日周期で満ち欠けを繰り返すので
これを一か月とします(実際は29日の月と30日の月を繰り返します)

対して現在我々が日常使用している暦は
太陽を基準とした太陽暦であり、一か月は30日か31日(2月のみ特別)です。

 

 

明治5年の改暦(太陰暦を基準とした旧暦から太陽暦への切り替え)の時点でも
世界的には太陽暦がスタンダードであったようです。

では月の満ち欠けを基準とした場合のメリット
何だったのでしょうか?

それはカレンダーが整備された環境でなくても
月の形を見る事により今日が月の何日目かがわかる事です。

新月の1日から始まり3日目の月を三日月
満月は月の半ばなので十五夜
という言葉が今だに残っていますが
恐らく江戸時代までの日本人なら誰でも
昨日と今日の月の形の違いを見分けられたのだと思います。

反面大きなデメリットもあります。
太陰暦では12ヶ月経っても約354日にしかならず、
実際に地球が太陽の周りを一周する約365日に対して約11日も差ができてしまいます。

つまり太陰暦で生活していると季節がどんどんずれていってしまうのです。

もちろんこれでは生活に支障が出ますので、
実際は約3年弱に一回、閏月というものを設けて
1年を13か月にする事でこの差を修正していました。

この修正が入った太陰暦を正確には太陰太陽暦と言い、
日本の旧暦はこちらを使用していました。

1年が13か月なんてすごく不思議な気がしますが
こういった歴史を知るといつものムーンフェイズも少し違って見えますね。

 

パテック フィリップのご相談は
カミネ トアロード本店 パテック フィリップ・フロアまで
Tel. 078-321-0039

・現在、11:00~19:00の時間短縮営業となっております
・店内はお客様の安全のため、各感染症対策を実施しております。
詳しくはこちら >> Click

パテック フィリップ カラトラバの新作が待ち遠しい

5月も中旬に差し掛かりました。

このような事がなければ、
例年より一か月遅れのバーゼルワールドが終了し、
パテック フィリップの新作の話題で一通り盛り上がっていたかと思うと、
不思議な感じがします。

毎年バーゼル前に新作の予想をするのも楽しみの一つでした。

カタログを見ても、カラトラバが随分少なくなっていましたので、
今年は何らか発表があるだろうと思っていたのですが、どうだったのでしょうか。

今年ポインターデイトの6006モデルも生産終了になりましたので、
ダイヤ付きなど少し特別なモデルを除けば、
現在のところこの5227モデルがメンズで唯一の自動巻きカラトラバという事になります。

今年発表の予定であった新作がどのような形で発表されるのか、
あるいは今年は見送られるのか、現在の所発表はされておりません。

スイスもかなり大変なようです。

ちなみに、パテック フィリップは来年度はバーゼルワールドには参加しないという事が
正式に決定されたようです。

もし新作の発表について何か分かればすぐにお伝えしたいと思います。

カミネ トアロード本店2F パテック フィリップ・フロア では
パテック フィリップ コレクションを多数取り揃えております。
皆様にお会いできる日を楽しみにお待ちしております。