Patek Philippe Floorブログ

文字サイズ

パテック フィリップのポケットウォッチ

パテック フィリップのポケットウォッチ

現在 懐中時計(ポケットウォッチ)を製作している
メーカーはかなり少なくなってしまいましたが
パテック フィリップは伝統を守りながら製造を続けています。

日本語では懐中時計と呼ぶ事が多いですが
提げ時計(さげどけい)という呼び方も使います。
「提げ」は(手に)持つという意味ですから、まさに言葉の通りですね。

以前のブログでも書きましたが、この懐中時計を腕に
巻き出したのが紳士用の腕時計の起源と言われています。

更に歴史を遡れば、携帯できる時計が
開発される以前は掛時計や
置時計(英語でclockと呼ばれるもの)しかありませんでした。

 

 

当然ながら、壁掛け時計などは
複数の人間が時刻を確認するためのものですから、
パーソナルな時計(watch)の発明は当時画期的な事だったと思います。

更に自身が専用の時計を所有し持ち歩けるのは
かなりの特権階級だけだったでしょう。

そんな時代に思いをはせて、
現代において使いこなすのも
また粋な装いになるかも知れませんね。

 

 

パテック フィリップのポケットウォッチ
Ref.972/1J-010には、パテック フィリップ社純正の
イエローゴールド・チェーンも付属します。

 

 

ムーブメントは Cal. 17”’ LEP PS IRM
勿論 専用の大きな機械が
時計本体いっぱいに収められています。

ムーブメントの中でひと際目を引くのが緩急針で
これは1881年にスネール(カタツムリ型のカム)を用いた
緩急の調整方法について特許を取得しました。

緩急針の先端はバネによってスネールに押し付けられていて
スネールを回転させる事で緩急針も動いて、微妙な調整を変える事が出来ます。
100年以上前の技術を手にする事が出来るのです。

 

因みに上記 Cal.NO.の (”’) の意味は
時計の機械の大きさの単位

フランス語で リーニュ(Ligne)、
英語でライン(line)、
日本語で「型」の意味です。

1 リーニュ(1”’)≒ 約2,256㎜
17 リーニュ(17”’)≒ 2,256×17=38,35㎜の
直径のムーブメントという意味です。

パテック フィリップのお問合せは

カミネ トアロード店2F
パテック フィリップ・フロアまで
何なりとご相談ください。

Tel.078-321-0039
営業時間 10:30~19:30

SHOP INFO≫ Click!

< 前の記事へ

次の記事へ >