Patek Philippe Floorブログ

パテック フィリップのポケットウォッチ

パテック フィリップのポケットウォッチ

現在 懐中時計(ポケットウォッチ)を製作している
メーカーはかなり少なくなってしまいましたが
パテック フィリップは伝統を守りながら製造を続けています。

日本語では懐中時計と呼ぶ事が多いですが
提げ時計(さげどけい)という呼び方も使います。
「提げ」は(手に)持つという意味ですから、まさに言葉の通りですね。

以前のブログでも書きましたが、この懐中時計を腕に
巻き出したのが紳士用の腕時計の起源と言われています。

更に歴史を遡れば、携帯できる時計が
開発される以前は掛時計や
置時計(英語でclockと呼ばれるもの)しかありませんでした。

 

 

当然ながら、壁掛け時計などは
複数の人間が時刻を確認するためのものですから、
パーソナルな時計(watch)の発明は当時画期的な事だったと思います。

更に自身が専用の時計を所有し持ち歩けるのは
かなりの特権階級だけだったでしょう。

そんな時代に思いをはせて、
現代において使いこなすのも
また粋な装いになるかも知れませんね。

 

 

パテック フィリップのポケットウォッチ
Ref.972/1J-010には、パテック フィリップ社純正の
イエローゴールド・チェーンも付属します。

 

 

ムーブメントは Cal. 17”’ LEP PS IRM
勿論 専用の大きな機械が
時計本体いっぱいに収められています。

ムーブメントの中でひと際目を引くのが緩急針で
これは1881年にスネール(カタツムリ型のカム)を用いた
緩急の調整方法について特許を取得しました。

緩急針の先端はバネによってスネールに押し付けられていて
スネールを回転させる事で緩急針も動いて、微妙な調整を変える事が出来ます。
100年以上前の技術を手にする事が出来るのです。

 

因みに上記 Cal.NO.の (”’) の意味は
時計の機械の大きさの単位

フランス語で リーニュ(Ligne)、
英語でライン(line)、
日本語で「型」の意味です。

1 リーニュ(1”’)≒ 約2,256㎜
17 リーニュ(17”’)≒ 2,256×17=38,35㎜の
直径のムーブメントという意味です。

パテック フィリップのお問合せは

カミネ トアロード店2F
パテック フィリップ・フロアまで
何なりとご相談ください。

Tel.078-321-0039
営業時間 10:30~19:30

SHOP INFO≫ Click!

パテック フィリップ その伝統的なクロノグラフの変遷

5172G-001

 

 

 

 

 

 

 

 

この5172モデルは、2019年バーゼルフェアで発表され
今年からデリバリーが始まった新作。

完全自社開発製造の手巻きクロノグラフムーブメントCH 29-535 を搭載。
2010年に発表された5170モデルが
2019年に生産終了になるのと入れ替わりに発表された後継モデルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このモデルに搭載されているキャリバーCH 29-535
伝統的なアーキテクチュアー(手巻き、コラムホイール、
水平クラッチ)を備え、6つの技術特許で保護された
技術革新を含んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年発表のこのモデルは、何年もかけて仕様変更され
クロノグラフを作動するプッシュボタンが
これ迄の角型から丸型に変更されプッシュボタンの
頭の部分には非常に繊細なギョウシェ彫りが施されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラグ部分は特徴的な3段ラグになっており、
前面のサファイヤクリスタルも少し角のあるボックス型
仕様で より古典的な味付けになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5170モデルが発表されるまで生産されていた
手巻きクロノグラフ 5070モデルに
搭載されていたムーブメントCH 27-70
ヌーヴェル・レマニア社がパテック フィリップの為にのみに特別生産し
ほぼ自社製と言っても過言ではないものでしたが
それでもマニファクチュールとして
パテック フィリップは新たにCH 29-535 を開発するに至りました。

 

 

 

 

 

 

 

たパテック フィリップはCH 29-535 の発表以前の2006年に
やはり完全自社開発の自動巻きクロノグラフムーブメントCH 28-520 を発表しましたが
こちらは垂直クラッチにフライバック機能も搭載した現代的な仕様となっています。
※上の写真はCH 28-520 を搭載した5905モデルです

過去に発表された5170シリーズは
製造年度、マテリアルによって
ダイヤルアウトサイドのメーター類が変化しています。

ラグを含め、ケーシングはシンプルな構造で
プッシュボタンも長年 角型でした。

年々進化していく5170の変遷をご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

5170J-001(2010年発表)
外周メーターはパルスメーター

 

 

 

 

 

 

 

 

5170G-001(2013年発表)
パルスメーター

 

 

 

 

 

5170R-001(2016年発表)
外周メーターはレイルウェイ分刻みのみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5170P-001(2017年発表)
外周メーターはタキメーター

 

 

 

 

 

 

そしてこの新作5172Gタキメーター
プリントされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにパテック フィリップ社は
クロノグラフひとつとっても 歴年で少しずつ改良。

近年のスタイリングも念頭に仕様を変更し
新鮮なイメージで、少数生産を維持しながら
常に新たな製品をリリースし続けているのです。

 

 

 

 

 

 

 

パテック フィリップのお問合せは
カミネ トアロード店2F
パテック フィリップ・フロアまでお気軽にどうぞ。
Tel. 078-321-0039 / 営業時間 10:30~19:30
SHOP INFO >> こちら

メールでのお問合せは以下より承ります。
お問合せフォーム >> こちら

5905R-001のご紹介

パテック フィリップ
5905R-001

 

 

 

 

 

 

 

 

完全自社製の自動巻フライバッククロノグラフ
年次カレンダー機能が追加されたムーブメントが搭載されています。

同じムーブメントを使用し
2006年に発表された5960モデルの実質的な後継機と言えます。

この5905モデル自体は2015年にプラチナで発表され
その後RGモデルが2019年に追加されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザインとしては、
6時位置に60分と12時間の積算計が同軸に2本重なっている5960に対し
5905は60分計のみになっており、すっきりとした印象になっています。

またクロノグラフのプッシュボタン
5960の丸形に対して、
この5905は角形になっているのが大きな違いです。

ちなみにこのプッシュボタンが丸か角かは
人によって結構好みがはっきりと分かれます
(個人的には角型が好きです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近年パテック フィリップが好んで使うケースデザインで
年次カレンダーの5205とも印象が重なります。

なるほど、そう考えると
型番の5905も、まさに5960と5205をミックスしたものになっていますね!

ケース径は42mmとパテック フィリップのラインナップの中ではやや大振り。

ローズゴールドのケースに
光沢のあるブラウンの文字盤
まさに大人の男性が着けるにふさわしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

製品のお問合せは
カミネ トアロード本店2F
パテック フィリップ・フロアまでお気軽にどうぞ。

078-321-0039
※通常通り10:30~19:30にて営業しております

WEBからのお問合せは以下より
お問合せフォーム

営業時間中は有人応対のチャットサービス
ご利用いただくことができます。
カミネTOPページ右下のウィンドウよりお問合せ下さい。

パテック フィリップ 二つのブラックフェイスの名品が勢揃い

ふたつのブラックフェイスの名品が勢揃い。
エレガント且つ凛とした格調、個性際立つふたつのタイムピース。

今回はブラックフェイスのパテック フィリップを二つご紹介いたします。

一つはゴールデン・エリプス5738R

黄金分割法に基づいた楕円形のケースは
究極のバランス感と落ち着きをもたらしてくれます。

すっきりした印象でバーインデックスにバトンハンド、
秒針さえ無いシンプルな文字盤がオーバルケースにとても良く合います。

一回り小さかった先代のエリプス3738/100のローズゴールドモデルは
ブラウンの文字盤でしたが、
こちらは艶のあるブラックの文字盤で大人の色気を醸し出します。

二針のスマートな風貌ですが、
パテック社の誇る薄型マイクロローター式自動巻ムーブメント(Cal.240)が
内包されています。

もう一つはレギュレーター・タイプの時刻表示を持つ年次カレンダーの5235/50R



こちらは光沢を抑えたブラックに近いグレーとブラックの
ツートーンの文字盤になっており、光の反射によって表情を変えるのが魅力です。

古くは名誉会長フィリップ・スターンの執務室に置かれていた柱時計から
インスピレーションを受けたこのデザイン。



そこに白くて細いそれぞれに独立した時、分、秒針が組み合わさり、
左右の窓には曜日と月が一年に一回の修正で自動で切り替わります

ブラックフェイスに白の針とインデックスがアクセントになるのと、
同時に時刻を確実に読み取る事ができるコンプリケーションです。

製品に関するお問合せはカミネ パテック フィリップ・フロアまでどうぞ。

カミネ トアロード本店2F PATEK PHILIPPE フロア
(078)321-0039


※5/31まで11:00~19:00の時間短縮営業
6/1以降、通常通り10:30~19:30にて営業いたします。

WEBからのお問合せもお気軽にどうぞ。
お問合せフォーム

営業時間中は有人応対のチャットサービスも
ご利用いただくことができます。
カミネTOPページ右下のウィンドウよりお問合せ下さい。

ムーンフェイズ機能のお話

今日は、「小満」
24節気の第8で、「万物が次第に成長し、一定の大きさに達する」
「万物盈満すれば草木枝葉繁る」という意味があるそうです。

”麦畑が緑黄色に色付き始める”を意図し
沖縄では、梅雨の訪れを意味する時期でもあるそうです。

永久カレンダーや年次カレンダーモデルに搭載されている
ムーンフェイズ(月齢表示)機能。

 

レディースモデルの7121や4968のように
通常のカレンダーが無くムーンフェイズのみが
搭載されたものもあります。

これは、実際の月の満ち欠けを表示する機能
星や月が描かれるロマンチックなビジュアルは
特に女性に人気がある気がします。

 

パテック フィリップのムーンフェイズは
122年に1日の誤差を誇ります。

この機能は現代では実用面において
あまり必要では無いかもしれません。

しかし日本では1872年(明治5年)という
わりと最近まで、この月の満ち欠けを基準として生活をしていました。
この月を基準とした暦の事を太陰暦と言います。

月は約29.5日周期で満ち欠けを繰り返すので
これを一か月とします(実際は29日の月と30日の月を繰り返します)

対して現在我々が日常使用している暦は
太陽を基準とした太陽暦であり、一か月は30日か31日(2月のみ特別)です。

 

 

明治5年の改暦(太陰暦を基準とした旧暦から太陽暦への切り替え)の時点でも
世界的には太陽暦がスタンダードであったようです。

では月の満ち欠けを基準とした場合のメリット
何だったのでしょうか?

それはカレンダーが整備された環境でなくても
月の形を見る事により今日が月の何日目かがわかる事です。

新月の1日から始まり3日目の月を三日月
満月は月の半ばなので十五夜
という言葉が今だに残っていますが
恐らく江戸時代までの日本人なら誰でも
昨日と今日の月の形の違いを見分けられたのだと思います。

反面大きなデメリットもあります。
太陰暦では12ヶ月経っても約354日にしかならず、
実際に地球が太陽の周りを一周する約365日に対して約11日も差ができてしまいます。

つまり太陰暦で生活していると季節がどんどんずれていってしまうのです。

もちろんこれでは生活に支障が出ますので、
実際は約3年弱に一回、閏月というものを設けて
1年を13か月にする事でこの差を修正していました。

この修正が入った太陰暦を正確には太陰太陽暦と言い、
日本の旧暦はこちらを使用していました。

1年が13か月なんてすごく不思議な気がしますが
こういった歴史を知るといつものムーンフェイズも少し違って見えますね。

 

パテック フィリップのご相談は
カミネ トアロード本店 パテック フィリップ・フロアまで
Tel. 078-321-0039

・現在、11:00~19:00の時間短縮営業となっております
・店内はお客様の安全のため、各感染症対策を実施しております。
詳しくはこちら >> Click

パテック フィリップ レトログラード日付表示針付永久カレンダー Ref.5160/500G(レアハンドクラフトモデル)

 

 

ミュージアムに収蔵されている20世紀初頭の懐中時計からインスピレーションを得た緻密なハンドエングレービングが時計全体とDバックルにまで施され、その容姿は芸術品のような壮麗さを持ちます。

 

時計装飾では最も古い芸術と云われるハンドエングレービング。伝統的な工具で 現在ジュネーブでは数えるほどしかいない彫金師が生み出していきます。その繊細で複雑に入り組んだアラベスク模様は、パテック フィリップ社の今に続く伝統的な作風と言えます。

 

この時計はその彫金作業に非常に手間がかかるため、生産本数が限られるレアアイテムなのです。

 

ラグの形状とハンターバック仕様から、オフィサーケースと呼ばれるこの時計のデザインは、第一次世界大戦の頃に誕生したもので、その名の通り「将校モデル」とも呼ばれます。

開閉式のヒンジ付カバーの製造は極めて高度な技術を必要とし、完全な手作業で調整され「パチッ」という軽快な感触で裏蓋を閉じます。

 

ヒンジ付きのカバーを開けるとそのカバーの裏側は鏡と見間違うほど磨き込まれ ムーブメントを写し出します。

蓋を開けたその一瞬 息をのむ程に美しいエングレービングで囲まれたメカニズムの風景を楽しむことができます。

 

 

細かいところまで手を入れた装飾はベルトを留めているラグのサイド ネジの頭や竜頭にまで彫金されているのに驚かされます。

 

 

 

曜日、閏年、月、月齢、そしてレトログラード日付がシンメトリーにバランスよく配置された永久カレンダー。各月の最終日までいくと大きい弧を描き 針がフライバックするカレンダー表示は視認性にも優れています。

ダイヤル中央にもハンドエングレービングが施されることによってベースモデルの5159とは全く別物のような印象を受けます。

 

パテック フィリップは永久カレンダー以上の機能を持つ時計を全てグランド・コンプリケーションと呼び、内部のパーツもひとつひとつ入念に手作業で仕上げられた上、二度組みされます。(一度 組み上げたものを一旦ばらして再度組み立てる作業)

最近のパテック フィリップはこのエングレービングやクロワゾネなど 伝統的な手作業による装飾が施された特別なモデルをレア(稀少な)ハンドクラフトと呼ぶようになっており、益々その価値が上がっています。

 

パテック フィリップ 5160/500
自動巻きキャリバー、324 S QR
レトログラード日付表示針付永久カレンダー
ケース径:38㎜、ホワイトゴールド、3気圧防水、総厚:11.79㎜

 

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロア では、パテック フィリップ コレクションを多数取り揃えています。

.
カミネ トアロード本店2F パテック フィリップ・フロア
Tel.078-321-0039

年次カレンダー 5235/50R

 

 

 

 

 

 

レギュレーター・タイプの時刻表示を備えた年次カレンダーで、以前からあったホワイトゴールドモデルが2019年に生産終了になり、同年こちらのローズゴールドモデルが新たに発表されました。

文字盤は縦サテン仕上げが施されたグラファイト(黒に近いグレー、鉛筆の芯の色)とエボニーブラックの2トーンです。

このグラファイトの部分は、光の当たる角度によりシルバーに近い明るいグレーに見えたり真っ黒に見えたりします。

 

 

 

 

 

 

マイクロローター搭載のムーブメントは、一見するとCal.240のように見えますが、
実はこのモデルのために開発された全く新しいムーブメントのCal.31-260 REG QAになります。

このムーブメントには《パテック フィリップ・アドバンストリサーチ》部門が開発した技術が反映されており、Silinvar®素材から作られたPulsomax®脱進機(ガンギ車とアンクル)とSpiromax®髭ぜんまいにシリコンを主原料とした新素材が使われています。

 

 

 

 

 

 

シンプルなデザインのケースサイズは直径40.5ミリで現代的な大きさ、またピンバックルにもパテック フィリップのブランド名が刻まれており、さらに特別感を高めています。

 

 

 

 

 

 

レギュレーター・タイプの時刻表示とは、時、分、秒の針が独立した(同軸ではない)配置で、それぞれの針が読み取りやすい表示の事を言います。

 

 

 

 

 

 

ところで、この『それぞれの針を独立させる』という、読み取りにくい時刻表示方法が どうして存在するのでしょうか?
それはムーブメントの歩度調整に用いられる電子機器がまだ無かった時代に、調整のための基準時計に採用された表示方法でした。

時計製作者あるいは修理者など時計の歩度を正しく調整をする必要のある人にとって重要なのは時針ではなく秒針でした。もし時針がセンターにあると約4時間ぐらい秒針に重なる時間があり、調整のため秒針を見る事の邪魔になったのです。

 

 

 

当時の基準時計は複数の時計師が見られるよう大きなクロックでした。

 

この5235/50モデルはこのクロックからインスピレーションを得てデザインされています。

 

 

 

 

ぜひ実際にモデルをお手に取ってご覧いただければ、パテック フィリップの魅力をさらに知っていただけると思います。

 

カミネ トアロード本店2F
パテック フィリップ・フロア

Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)

 

 

 

 

 

 

パテック フィリップの年次カレンダー5396

パテック フィリップ の 年次カレンダー5396R。

 

 

 

 

 

 

 

 

年次カレンダーは、毎年3月1日のみ手動で調整すれば、大の月と小の月を自動で調整してくれる機能で、日常使いに非常に便利なコンプリケーションウォッチです。

パテック フィリップ・コレクションには多数の年次カレンダーがあり どれも素晴らしいのですが、中でもこちらの5396は最もコンサバティブかつ端正なデザインであると思います。

 

月と曜日が12時下のパテック フィリップ・ロゴの下に窓表示されています。
限られたダイヤルの空間に視認性良くスッキリとまとめられたデザイン。

 

 

 

 

 

 

6時位置に小窓で日付表示、24時間表示と扇型の窓にはムーンフェイズ(月齢表示)を示しています。

 

 

 

 

 

シンメトリーに配されたデザインはパテック フィリップならではの計算されつくされたものだと思います。何時間ダイヤルを眺めていても飽きることはありません。

ぜひご自身でその素晴らしいデザインを実際にご覧ください。必ずご納得いただけると思います。

 

今週末の3月20日(金・祝)・21日(土)・22日(日)は『Blooming 3days 2020』と題し、パテック フィリップ・フロアにて春の訪れを祝う桜の装花とともにパテック フィリップ コレクションをお楽しみください。

是非、この機会にお気軽にお立ち寄りください。

 

カミネ トアロード本店・2F
パテック フィリップ・フロア

Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)

パテック フィリップの年次カレンダー搭載クロノグラフ5960/01G

 

 

 

 

 

 

年次カレンダー搭載クロノグラフ5960は、2006年に初めてプラチナモデルが発表されて以来、多彩なラインナップが展開されてきました。

完全自社開発の自動巻きフライバック式クロノグラフムーブメント「CH 28-520 IRM QA 24H」が初めて搭載されたことと、更にそれに年次カレンダーのモジュールを重ねたダブルコンプリケーションとして話題となりました。

当初はアントラサイト・シルバー文字盤のみでしたが、文字盤の色違いやケースの素材違いも次々と発表されました。

特に2014年に発表された5960/1Aは、スポーツモデル以外では極めて珍しいステンレススチール(しかもブレスレット付き)仕様のモデルでした。

 

 

 

 

 

 

 

5960/01Gのスポーティーな針やインデックスのデザインはこのステンレスモデルを踏襲しています。

また光沢を抑えたブルー・ニス塗装の文字盤やブラウンのカーフベルトなどは2015年に発表されたカラトラバ・パイロット・トラベルタイム5524Gと共通するものがあります。

 

 

 

 

 

 

幅は違いますが、ピンバックルは5524モデルと同じデザインです(写真は青い保護シールが貼られた状態です)

通常の秒針はありませんが、摩耗の少ない垂直クラッチ式のクロノグラフ秒針を常時動かし、代わりとして使うことが可能です。フライバック・クロノグラフなので、急に計測が必要になった場合は、スタートボタンを押すだけで針を瞬時に帰零させ、計測を始める事ができます。

年次カレンダーはパテック フィリップが1996年に特許を取得した大変便利な機能で、3月1日にだけ調整をすればそこから1年間はカレンダーの早送りが不要になります。

日常使いにも最適です。

ぜひその素晴らしさをお手に取って実感ください。

カミネ トアロード本店2F
パテック フィリップ・フロア

Tel.078-321-0039
Open.10:30 ~19:30(無休)

パテック フィリップのレトログラード日付表示針付 永久カレンダー5159J

パテック フィリップのRef.5159Jは、
オフィサーケースに日付けをレトログラードで表示する機能付きの永久カレンダーモデルです。

 

 

 

 

 

 

オフィサーとは軍隊の中でも高官である将校の事。
諸説ありますが男性用腕時計の起源の一つに、戦闘中見やすいように将校が懐中時計を手首に巻き始めた、というものがあります。

そのためオフィサータイプのケースは『懐中時計のテイストを色濃く残したデザイン』のケースという事になります。

懐中時計のテイストをもう少し具体的に言うと、

1、丸みを帯びたケースに直線的なラグ
(ラグがケースと一体でデザインされたものではなく後から付けたような形状)

2、ターバン型(玉ねぎ型、あるいはロイヤルクラウン型)のリューズ

 

 

 

 

 

 

更に極めつけは
3、開閉式の裏蓋
を備えているという事があげられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

先に赤い三角が付いた針が日付けを差し、月末から翌月1日にかけては瞬時にジャンプして戻ります。

今年は丁度うるう年にあたります。
来月は29日まで進んだあと翌3月1日までジャンプします。

2月が楽しみですね。

ぜひ実際にその動きをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこちらのモデルは、折り畳み式バックルにカラトラバ十字がデザインされています。

 

カミネ トアロード本店2F パテック フィリップ・フロア
Tel.078-321-0039
Open.10:30~19:30(無休)